メニュー

バレーボール部

2022.09.17

秋季関東大学リーグ戦 9月17日 神奈川・小田原アリーナ

闘志を前面に出し、明大にストレート勝利!

 秋季関東大学リーグ戦(秋季リーグ戦)5戦目は、明大と対戦。どのセットも序盤は均衡を保ったが、中盤以降に早大がブレイクを重ねて点差を広げた。第3セットにはMB秋間直人(スポ4=愛知・桜台)がサーブで明大を崩し、流れを変えると終盤に8連続ブレイク。攻める気持ちを前面に出して戦い抜き、セットカウント3-0(25-21、25-20、25-19)でストレート勝利し、開幕5連勝を遂げた。

 

 第1セットは立ち上がりから競った展開となる。OH山田大貴(スポ3=静岡・清水桜が丘)とOH水町泰杜(スポ3=熊本・鎮西)のバックアタックを中心として得点を重ねていく。ディフェンスでは、リベロ荒尾怜音(スポ3=熊本・鎮西)とMBを中心にフロアとブロックが息の合った粘り強い守りを見せた。そして16-17と中盤まで一進一退の攻防を繰り広げる。ここで長いラリー戦となるが、セッター前田凌吾(スポ1=大阪・清風)が相手のブロックを惑わすトス回しを見せ、OP重藤トビアス赳(スポ4=神奈川・荏田)がサイドからスパイクを打ち込んだ。この後もシャットアウトやスパイクで4連続ブレイクし、20-17と点差を広げていくと、早大が勢いそのままに25-21で第1セットを奪った。

得点を量産したOH山田

 

 第2セットは、開始から5連続ポイントと先に早大が優位に立った。山田がハイセットを決め切り、重藤は相手ブロックの隙間を打ち抜くスパイクを決めるなどサイドから猛攻していく。だが前田とMBのコンビが合わない場面も見られ、15-15と同点にまで追いつかれてしまった。この局面で山田がスパイク、プッシュを決め再び18-15と点差を広げる。終盤には秋間のAクイックや、途中出場のOP中島明良(法4=京都・洛南)のスパイクも決まり、25-20。セットを連取し、第3セットへ。中盤までは14-14と膠着(こうちゃく)状態となる。だが相手の得点を2点はさみ、以降に秋間のサーブを起点として、MB伊藤吏玖(スポ3=東京・駿台学園)のダイレクトスパイクや山田のバックアタックで、一気に8連続得点。この大型ブレイクによって相手を突き放すと25-19で第3セットを奪い、ストレート勝利を飾った。

サーブで攻撃の起点を生んだMB秋間

 

 今日の試合では相手に向かっていく姿勢を維持することができ、ストレート勝利で終えることができた。基本的なミスやコンビネーションの乱れは見られたものの、気持ちを切らすことなく戦い抜けたという点で、この先につながる収穫が得られたのではないだろうか。明日は、春季関東大学リーグ戦で2部リーグから昇格を果たした、国際武道大との対戦となる。どんな相手であれ、まずは「自分たちのすべきことは何かということにフォーカス」(松井泰二監督、平3人卒=千葉・八千代)すること。やるべきことを明確にし、明日も全力で立ち向かっていきたい。

 

(記事 山田彩愛、写真 山田真由、荒井理沙)

 

セットカウント
早大 25-21
25-20
25ー19
明大
スタメン
アウトサイドヒッター 水町泰杜(スポ3=熊本・鎮西)
アウトサイドヒッター 山田大貴(スポ3=静岡・清水桜が丘)
ミドルブロッカー 秋間直人(スポ4=愛知・桜台)
ミドルブロッカー 伊藤吏玖(スポ3=東京・駿台学園)
オポジット 重藤トビアス赳(スポ4=神奈川・荏田)
セッター 前田凌吾(スポ1=大阪・清風)
リベロ 荒尾怜音(スポ3=熊本・鎮西)
途中出場
浅野翼(スポ2=宮城・東北)
岩本大吾主将(スポ4=兵庫・市尼崎)
中島明良(法4=京都・洛南)
布台駿(社3=東京・早実)
芳賀雄二(商4=山形南)
 
コメント

松井泰二監督(平3人卒=千葉・八千代)

――今日の試合を振り返って

 試合を重ねるにつれてチームらしくなってきたというか、自分たちのするべきことがわかってきたのではないかという印象を受けました。ただやはり基本的な、簡単なプレーがおろそかになっている部分があったので、そういう細かいところをもっと詰めてやっていかないといけないなと思いましたね。その細かいところが整えられれば、この先の見通しは悪くはないのかなと感じています。

――「全部出す」という点について今日の試合はいかがでしたか

 だいぶできてきたのかなと思います。(前回の)東京学芸大戦での5セット目は、全部出し切っていた様子を(選手から)感じましたが、今日の試合はまだまだ出していけるのではないかと。今年のチームは、練習や試合でそういうところが出せないことで競ってしまっている印象ですね。

――第3セット競っていた中で、終盤に連続ポイントがありましたが、あの場面を振り返っていかがですか

 競ったときに気持ちが揺らいでしまう選手たちが多いのですが、今日はそういった場面で自分たちのすべきことは何かということにフォーカスして、できていたところでは連続得点ができていました。それができていないときに失点してしまうので、そこは(今後に向けての)心配材料ではありますね。

――今日の試合での収穫は

 山田(大貴、スポ3=静岡・清水桜が丘)は、エースとして思い切った良いプレーで打ち切れていたので、そういった部分は今日の試合良かったのではないかと思います。

――秋季リーグ戦で最初のストレート勝利となりましたが、ストレートで勝ち切ることができた要因は監督からみてどこにありますか

 攻める気持ちが前面に出ていたのかなと思います。受けていなかったですし、その分勢いで押し切れたところがありました。

――明日の国際武道大戦に向けての意気込みをお願いします

 いつも言っていることにはなりますが、やってきたことを全部出し切って自分たちらしさを表現することが大事だと思っています。相手よりも自分たちに意識をおいて頑張ってもらいたいと思います。

 

MB秋間直人(スポ4=愛知・桜台)

――今日の試合を振り返っていかがですか

 前々からミーティングで、明大がクイック中心に攻めてくるということを話していました。ミーティング通りの対応ができたかなと思います。

――ご自身のサーブを起点に大量得点されていましたが、その場面を振り返っていかがですか

 僕のサーブでチームが勢いに乗れたので、良かったかなと思います。

――ちなみにサーブの練習をされていたのですか

 そういう訳ではないですね。たまたま上手くいったという感じです(笑)。

――今日は粘り強いディフェンスが見られた印象でした

 ブロックとレシーブの関係はいつも練習でやっているので、今日の試合では、徐々にそれが試合でも出来てきているのかなと感じました。

――逆に、クイックはなかなか決まらなかった場面もありましたが、今後に向けていかがですか

 前田(凌吾、スポ1=大阪・清風)もまだ1年生で、ちょっとクイックが合っていない部分もあります。伊藤(吏玖、スポ3=東京・駿台学園)と僕と岩本(大吾主将、スポ4=兵庫・市尼崎)を中心に、上級生が前田を助けてあげるような声掛けやコミュニケーションをしていけたらなと思います。

――チームとしての今日の試合の収穫はありましたか

 今までの試合はセットの途中で受けてしまっていた場面があり、それでセットを取られることも多かったです。今日は向かっていく気持ちが1セット目から全面に出ていたので、3-0というかたちで終われたのかなと思います。今後もチャレンジャーとしての気持ちを持って、全セット向かっていけるようになったらもっと強くなるのではないかなと思います。

――次戦に向けての意気込みをお願いします

 雰囲気を盛り上げるのが自分の役割だと思っているので、それを明日以降も継続して頑張っていけたらなと思います。

 

OP重藤トビアス赳(スポ4=神奈川・荏田)

――今日の試合を振り返ってみていかがですか

 自分たちは今までの試合、波がありました。ですが、今日はその波を高いところでキープ出来たかなと思います。

――勝負どころでトスを託される場面が多かったと思いますが、自分のプレーを評価してみていかがですか

 今日は比較的良かったと思います。今までの4試合で足引っ張っていたので、それをどうにかしないといけないと思ってやっていました。それが良い感じになったと思います。

――チーム全体として、今日は力が発揮できたと思いますか

 50:50かなと思います。

――どのようなところで50:50だと思いましたか

 ハイボールについては、しっかり打ち込むということが出来ていたと思うのですが、簡単なAパスからのクイックでコンビが合わなかったりだとか、簡単なボールがしっかりAパスに寄せれないだとか。そういうところが目立ったので50%くらいです。

―― 明日の試合への意気込みをお願いします

 明日は武大さん(国際武道大)との対戦になります。東日本(東日本大学選手権)で1回対戦しているのですが、メンバーもちょっと変わっていたり、今日も筑波さんと良い試合をやられていて。明日は(国際武道大が)向かって来ると思うので、自分たちも向かって行き、跳ね返すような気持ちでしっかり準備してやっていきたいと思います。