メニュー

卓球部

2022.09.11

秋季関東学生リーグ戦 9月10日 東京・代々木第二体育館

日大に敗戦も、4年生最後のリーグ戦は笑顔で終幕

 5日間にわたる秋季関東学生リーグ戦(秋季リーグ戦)は、ついに最終日を迎えた。前日まで4勝2敗の早大は、日大との一戦に臨んだ。先に王手をかけたのは早大だったが、後半のシングルス勢が連敗。7番を任された中島彩希(スポ4=福井・敦賀)が粘りを見せるもわずかに届かず、最終成績は4位となった。それでも、「いい雰囲気で終われた」(黒野葵衣主将、スポ4=東京・武蔵野)というように、4年生にとっての最後の団体戦を充実の表情で終えた。

  ベンチから声援を送る選手たち

  最終戦の勝利を懸け、早大は1番手に杉田陽南(スポ2=大阪・香ヶ丘リベルテ)を送った。その杉田がストレート負けを喫し、苦しい立ち上がりとなる。それでも、2番の宮脇心和子(社1=鳥取敬愛)がこの嫌な流れを断ち切る完勝。続く黒野は2ゲーム目を失うも、その後は3ゲーム目の7連続得点などで突き放し、ダブルスにつないだ。ダブルスには黒野・中島組が今大会6試合目の出場。早大が誇るエースペアはこの日も相手を寄せ付けない。二人のカットでミスショットを誘い、黒野が決め切る理想的なかたちで点数を重ねる。第2ゲームには、相手の得点をゼロに抑えた。3ゲーム目も勢いは衰えることなく、そのまま白星をつかんだ。

 ダブルスの勝利で早大の勝利まであと1勝となったが、ここからさらに苦戦を強いられる。4番の顧琳婧(スポ2=愛知・桜丘)がストレートで屈すると、里川奈優(スポ3=高知・明徳義塾)の試合は大接戦に。序盤から激しいドライブ合戦が繰り広げられる。第1ゲームは先にゲームポイントを奪われるが、そこからバックハンドでの攻撃が連続で決まった。ストレートに振り抜いて9点目、10点目を挙げると、今度はクロスを突いて11点目。デュースの末に13-11でこのゲームをものにした。第2ゲームも連取するが、第3ゲーム以降は徐々に相手のペースに飲み込まれていく。里川も積極的に攻撃を仕掛けるが、相手にそれを上回る速度で攻め込まれる。2ゲームを取り返されて迎えた最終ゲーム、7-2とリードした里川だったが、その後ミスが連続。終盤はサーブ回りの攻防が続き、最後は相手のサービスエースで決着がついた。

  4番手として戦う顧

 3勝3敗となり、早大の勝利は中島に託された。この試合も接戦となり、互いに2ゲームずつを取り合った。そして迎えた最終ゲーム。序盤は中島のペースで試合が進むが、中盤は相手に流れが傾く一進一退の展開になる。リードしては追いつかれ、リードされては追いつく。相手の強烈なスマッシュを連続で拾ってミスを誘い、10-9。サーブでつくったチャンスを決め切り11-10。しかし二度のマッチポイントも実らず、最後は中島の返球がネットにかかり早大の敗戦が決まった。

 試合後、笑顔でベンチに戻る中島

 3時間半にわたる激闘も及ばず、通算成績は4勝3敗の4位に終わった。それでも毎試合諦めることなく戦い、優勝した専大に唯一勝利するなど実力をみせつけた。リーグ戦閉幕とともに、1年間チームを引っ張ってきた黒野、中島、曽根原睦(スポ4=東京・文化学園大杉並)、真鍋雅(スポ4=岡山・山陽女)の4人の4年生は引退となる。黒野は主将として今大会シングルスで全勝。この日7番に出場した中島は、最終ゲームのデュースで倒れ込みながらレシーブをして会場を沸かせた。曽根原、真鍋のかけ声と笑顔は、中島が「ベンチのおかげでああいう試合ができた」というように、選手たちを支えてきた。「みんなに背中を押してもらって、最後まで幸せだった」(中島)。リーグ戦制覇の夢は次代に託し、笑顔で早大卓球部を去る。

(記事 是津直子、写真 芳田彩歌)

  優秀選手賞と特別賞を獲得した黒野

結果

▽第7試合 対日大 ●3-4

●杉田0-3前田

〇宮脇3-0首藤

〇黒野3-1伊藤

〇黒野・中島組3-1高山・萩井

●顧0-3萩井

●里川2-3高山

●中島2-3何

コメント

黒野葵衣主将(スポ4=東京・武蔵野)

――今日の試合を振り返って

 シングルスの伊藤選手は高校の時からやり合っている選手で、カット打ちがすごくうまいことも分かっていたので、勝てるかなという心配はすごくありました。1セット取られはしましたが、最後の試合を勝てて良かったなというのが正直なところです。

――1セット取られてからどんなところが良くなりましたか

 少し下がり過ぎていたので、少し前に詰めることを意識しました。3セット目の出だしが良かったので、そのまま3セット目、4セット目につなげられたかなと思います。

――ダブルスについて振り返って

 初めて対戦するペアだったので、情報が少なくて探りながらの試合になりましたが、最後まで自分たちの強みを出せたので、3-0という結果になったかなと思います。

――最終成績は4位でしたが、今大会全体を振り返って

 前半戦の中大戦か日体大戦のどちらかに勝っていればもしかしたら優勝があったかもしれなかったので、そこの面についてはすごく悔しいなと思います。個人的には、春季リーグ戦やインカレ(全日本大学総合選手権団体の部)ではみんなの良さを出させてあげられずに終わってしまったなと感じていたので、個々の勝敗はあるのですが、今回はいい雰囲気で終われたというか、負けはしましたが実力が出た大会だったかなと思います。

――春季リーグ戦やインカレからチームとして成長したと感じる点は

 私が特別何かをしたわけではなくて、4年がこれで去るので、3年の里川を中心に新しいチームとして動き出していて、本当に3年以下のまとまりがありました。入りもとても良かったですし、本当に何もせずに3年以下が頑張ってくれたという感じですね。

――主将としてはどんな1年になりましたか

 リーグ戦2大会とインカレで優勝することを目標に1年間やってきて、3大会どれも取れなかったのですが、同期や後輩に恵まれて本当に感謝しかないですね。

――全日本大学総合選手権(個人の部)に向けての意気込みをお願いします

 中島と組めるのも数少なくなってきたので、ダブルスで結果を残したいというのはあります。シングルスでは昨年優勝して、優勝することで得られるものを感じた大会だったので、今回は優勝できないとは思うのですが(笑)、やって良かったなと思えて終われたらいいなと思います。

中島彩希(スポ4=福井・敦賀)

――今日の試合を振り返って

 率直に、私個人としても全体としても最後にいい試合ができたかなと思います。

――シングルスでのご自身のプレーを振り返って

 最初は思った通りのプレーがあまりできていなくて、弱気な部分があったのですが、ベンチでみんなが応援してくれていたので、最後まで諦めずに試合できたかなと思います。

――最終ゲームのデュースの場面ではどんな意識で戦っていましたか

 守りに入って負けてもしょうがないので、最後は強気で行くしかないなと。一本攻撃を打って決められたし、最後まで諦めずに強きで粘れたので、そこは良かったかなと思います。

――チームからの応援はどのように感じていましたか

 一人だったらたぶんあそこまで粘れなかったと思うのですが、後ろでみんながうなずいてくれていて。ベンチに戻っても「できるよ」とポジティブな言葉をかけてくれたので、ベンチのおかげで最後までああいう試合ができたと思います。

――今大会全体を振り返って

 1年前は自分がこの舞台で試合をさせてもらえるというのが想像できなかったのですが、みんなに背中を押してもらって最後まで試合に出させてもらって、最後まで幸せだったなと思います。

――最後の試合は楽しめましたか

 そうですね。相手も強くて(笑)、最後の方とかはベンチも笑っていたし私も笑っちゃいました。笑ったちゃったけれど、最後まで粘れたし、後悔はないかなと思います。

――全日本大学総合選手権(個人の部)に向けての意気込みをお願いします

 だんだん最後の試合となっていって、個人戦の全国大会も次で最後になるかもしれないのですが、今回のリーグ戦みたいに、自分のできることを全部出し切って悔いのないようにしたいと思います。