メニュー

ラクロス部

2022.09.10

新人戦サマーステージ 8月30日、9月8日 江戸川区臨海球技場ほか

優勝を逃すもウインターへ期待大

 今春入学しラクロスと出会った1年生の、初の公式戦となる新人戦サマーステージが開催された。早大は法大と連合チームを組み、法大のユニフォームで出場。試合は通常より小さいコート、2Q制で行われた。予選を2連勝で突破すると、続く決勝トーナメントでは2連勝で決勝進出を決めた。惜しくも決勝では敗れたが、1年生の初陣となる新人戦を準優勝で飾った。

 8月30日のリーグ形式の予選では2試合が行われた。初戦は東大・明学大連合チームと対戦した。早大・法大連合チームは序盤から良い連携を見せ、6-3で勝利。水野文萌(創理1=埼玉・早大本庄)が2得点、五十嵐杏子(文1=神奈川・相模原)、瀬崎碧(教1=東京・立川国際中教校)がそれぞれ1得点の活躍で勝利に貢献した。続く2回戦の相手は関東学院大・日本女子大・一橋大・フェリス女学院大連合チーム。この試合も序盤から攻めの姿勢で相手に付け入る隙を与えず、8-2で快勝した。早大からも五十嵐、亀山万璃亜(政経1=東京・国際基督教大高)、水野、八沢百子(スポ1=東京女学院)、横山由(法1=東京・国学院久我山)がそれぞれ得点を決め、勝利に導いた。

得点を喜ぶ選手たち

 9月8日の決勝トーナメント、初戦の準々決勝では日女体大と対戦した。第1Qは瀬崎が先制するも終了間近に追いつかれたが、第2Qに勝ち越し2-0で勝利を収めた。続く準決勝は、東海大と対戦。第1Qは相手の攻撃に苦しめられて1点ビハインドで終えるが、第2Qに大量5得点で快勝した。早大からは五十嵐、林優衣(人1=埼玉・川越東)水野の3人が1得点ずつ記録した。そして、この日3試合目となる決勝は学習院大・東農大連合チームと対戦。第1Qは序盤に2点を取られるも五十嵐、瀬崎の早大の選手2人の得点で同点に追いつく。しかし、第2Q序盤に勝ち越しをされると、その後もう1点許し、2-4で敗れて惜しくも準優勝となった。

ショットを放つ五十嵐

 「厳しい展開の中でも練習してきたことを出せて勝ち切れた」と五十嵐が語るように、予選だけでなく決勝トーナメントでも早大は躍動していた。それだけに、最後の一戦の悔しさは大きいだろう。それでも彼女たちはまだラクロスを始めて5カ月、可能性は無限大だ。今大会で得た収穫、そして決勝で敗れた悔しさを糧に、次の新人戦・ウインターステージでも躍動する。

(記事、写真 田中駿祐)

▽ブロック予選 ◯6ー3東大・明学大連合チーム(早大得点者:水野2、五十嵐、瀬崎)

▽ブロック予選 ◯8ー2関東学院大・日本女子大・一橋大・フェリス女学院大連合チーム(早大得点者:五十嵐、亀山、水野、八沢、横山)

▽準々決勝 ◯2ー1日女体大(早大得点者:瀬崎)

▽準決勝  ◯6ー3東海大(早大得点者:五十嵐、林、水野)

▽決勝   ◯2ー1学習院大・東農大連合チーム(早大得点者:五十嵐、瀬崎)

コメント

八沢百子(スポ1=東京女学院)

――初めての公式戦でしたが、どのような気持ちで臨みましたか

 合同練習を何回もして(法大の選手と)仲良くなって勝ちたいという気持ちも強くなっていったので、チームとして一つ一つ勝利を積み重ねるというのを目標としていたので、一戦一戦絶対に勝ち切ろうと臨んでいました。

――大会を通じてのプレーを振り返っていかがですか

 残り時間が少なくなっても最後まで諦めずにできて、その結果準決勝も勝てたので、そこで諦めずに頑張り切れたというのがよかったかなと思います。

――予選ラウンドを振り返っていかがですか

 合同チームというのをなしにしても予選の1戦目が1年生にとって初めての公式戦だったので、そこで緊張もしましたが勝ち切れて、その流れのまま2試合目も全員が出て試合を作れたのは良かったなと思います。

――決勝トーナメントを振り返っていかがですか

 決勝の前に「楽しむ」ということを言っていて、悔しかったけど楽しむことはできたと思います。決勝までいけたことはすごいと思うので、この悔しさを糧に引き続き練習をしてもっと強くなれたらなと思います。

――ウインターに向けての意気込みをお願いします

 ウインターこそ絶対に優勝したいです。

五十嵐杏子(文1=神奈川・相模原)

――初めての公式戦でしたが、どのような気持ちで臨みましたか

 合同チームということで最初はすごく不安でしたが、何回も何回も練習を重ねてだんだん一つのチームになってみんなで勝っていこうという気持ちを作れました。

――大会を通じてのプレーを振り返っていかがですか

 初めての公式戦で最初はボールが全然クロスにつかなかったですが、切り替えて絶対に勝つという気持ちをもって攻め続けられたのは良かったかなと思います。

――予選ラウンドを振り返っていかがですか

 2試合目に出れる人は全員試合に出て、1人ではなくいろいろな人が点を取る試合を作れたのはすごい予選ラウンドの良かったところかなと思います。

――決勝トーナメントを振り返っていかがですか

 準々決勝、準決勝は厳しい展開の中でもワンを仕掛けるなど練習してきたことを出せて勝ち切れたというのはすごく良かったですが、やはり優勝できなかったのでもう一度練習をしてやり直したいと思ってしまいます。ただ、やれることはできたかなと思います。

――ウインターに向けての意気込みをお願いします

 ウインターこそ絶対に優勝します。