メニュー

ア式蹴球部

2022.09.10

第73回早慶サッカー定期戦  9月10日 味の素フィールド西が丘

<速報> 魅せたエンジの魂! 2発快勝で、3年ぶりに早慶クラシコを制す

第73回早慶サッカー定期戦
早大 1-0
1-0
慶大
【得点】
(早大)37’平松柚佑、73’小倉陽太

 満員の大学サッカーの聖地・西が丘サッカー場で、第73回早慶サッカー定期戦が行われた。3年ぶりに声を出しての応援も戻り最高の雰囲気の中、早大イレブンは躍動し、2-0で勝利。早慶クラシコ3年ぶりに勝利を飾った。

 

先制点を決め、喜ぶ平松

 序盤からボールを保持する早大。クロスからMF安斎颯馬(社2=青森山田)やDF藤本隼斗(スポ3=柏レイソルU18)がチャンスを迎えるが、先制点は奪えない。押し込みながら得点の奪えない嫌な時間が続く中、迎えた37分。左サイドを突破した安斎がゴール前に折り返すとFW奥田陽琉(スポ3=柏レイソルU18)が合わせる。一度は防がれるが、こぼれ球をMF平松柚佑(社3=山梨学院)が押し込み先制に成功。1-0で前半を折り返した。

追加点に喜ぶ早大メンバー

 迎えた後半、序盤は相手に押し込まれるが、DF平瀬大(スポ4=サガン鳥栖U18)を中心に集中した守備で、失点を許さない。徐々に攻勢を強める早大は73分、背後へのパスに抜け出したFW駒沢直哉(スポ2=ツエーゲン金沢U18)が相手エリア内へ侵入。これは相手DFに阻まれるが、こぼれ球を受けたMF小倉陽太(スポ3=横浜FCユース)がミドルシュートを突き刺し待望の追加点を奪う。その後も危なげない試合運びで時計の針を進める早大。2-0で勝利し、昨年度苦杯を味わったこの舞台で見事雪辱を果たした!

(記事 髙田凛太郎 写真 前田篤宏)

 

スターティングイレブン