メニュー

準硬式野球部

2022.09.07

清瀬杯全日本大学選抜大会 9月7日 愛知・豊田市運動公園野球場

劇的逆転勝利! 決勝進出を決める/準決勝 名城大戦

TEAM 10
早大
名城大
(早)新井、安在、大沢、空閑―服部、阿部剛、奈須
◇(二塁打)村上(7回表)

 タイトル獲得へ向け、清瀬杯全日本大学選抜大会(清瀬杯)に挑む早大。この日は、地元・東海地区代表の名城大との準決勝に臨んだ。序盤からリードを許す苦しい展開となったが、9回に新井健太主将(商4=東京・早大学院)の適時打、渡辺真之介(社3=早稲田佐賀)のスクイズで同点とすると、延長10回に代打・松永賢三(スポ2=東京・早実)の適時打で勝ち越し、これが決勝点。土壇場で試合をひっくり返した早大は、決勝進出を決めた。

9回、適時打を放った新井主将

 早大の先発は新井主将。新井主将は走者を出しながらも粘りの投球を披露し、3回まで無失点で切り抜けた。しかし4回、先頭打者に二塁打を許すと、バッテリーミスで先制点を与える。さらにピンチは続き、適時打で追加点を許してこの回計2失点。続く5回にも1点を追加された早大は、3点ビハインドのまま試合後半へと突入した。

 反撃したい早大は、5回までは相手投手を攻略できず、わずか3安打に抑えこまれる。それでも、6回には先頭の吉田昂平(法4=埼玉・早大本庄)が右前打を放つと、3番・鳥越康介副将(文構4=東京・早実)もつなぎ、1死一、二塁の好機を作る。この好機は得点につながらなかったが、続く7回には先頭の鷲田拓未副将(スポ4=神奈川・日大高)が四球を選ぶと、続く7番・村上翔祐(商2=東京・早実)が中越適時二塁打を放ち1点を返す。なおも2死一、三塁と好機は続いたが、後続が倒れてこの回の攻撃は1点止まり。8回の攻撃も三者凡退に抑えられた早大は、いよいよ後がない状態で最終9回の攻撃を迎えた。

9回、同点のスクイズを決めた渡辺

 しかし、ベンチの早大ナイン、そしてスタンドから声援を送る部員たちは誰一人として諦めていなかった。9回、先頭の鷲田副将が敵失を誘い出塁すると、内野ゴロで1死二塁とする。ここで、DH解除で8番に入っていた新井主将が右前に適時打を放つと、相手右翼手がこの打球を後逸。新井主将は一気に三塁を陥れた。すると、直後に代打・渡辺がセーフティスクイズを成功させ、新井主将が同点のホームイン。早大が土壇場で試合を振り出しに戻し、熱戦は延長戦へと突入した。

10回、勝ち越しの適時打を放った松永

 延長10回、先頭の岡田和也(スポ2=東京・国学院久我山)が執念の内野安打で出塁すると、4番・川原崚(商4=東京・早実)も四球を選び、一死一、二塁とする。ここで代打に送られたのは、今大会初出場となる松永。「チャンスの場面だったので、一発で打とうと思って打席に入った」という松永は初球を捉える。少し詰まったという松永の打球は相手中堅手の前に落ちる適時打となり、二塁走者がホームイン。ついに早大が試合をひっくり返した。そして、裏の相手の攻撃を空閑悠馬(社2=東京・早実)が三者凡退で抑えると、三塁側ベンチ、スタンドが歓喜に揺れた。決勝進出を決めた早大は、念願のタイトル獲得を懸けて甲南大と対戦する。

(記事 渡邊悠太、写真 是津直子)

コメント

新井健太主将(商4=東京・早大学院)

――今日の試合を振り返って

 前半で相手に先制されて追いかける展開になってしまいましたが、しっかりと踏ん張って、終盤なんとか粘って追いついて勝ち越すという、ウチらしい野球ができたのかなと思います。

――投手としては序盤から走者を出しながらの投球になりましたが、5回3失点ということで粘りの投球になりました

 連戦の疲れもあって、あまり思った通りには投げられなかったのですが、バックがしっかり守ってくれたので、自分も打線の援護を待って投げられたかなと思います。

――リードを許す展開でベンチの雰囲気はいかがでしたか

 3点差ということで、まだまだ返せる点数ではあったので、まずは1点ずつ小さなチャンスをモノにして、後半ウチの展開で逆転できるように頑張ろう、という声をかけていました。その通りの展開になって良かったなと思います。

――9回の適時打について振り返って

 9回で後がなかったので、とにかくつなぐ意識でやった結果があのヒットだったのかなと思います。そこに相手の守備の乱れが絡んで、ウチとしては最高のかたちになったと思います。

――10回に代打の松永賢三(スポ2=東京・早実)が初出場で適時打を放ちました

 ここまでの2試合では出場機会がなかった中で、しっかりと準備はしてくれていました。初球を思い切って行って、自分の仕事を果たしてくれたなと思います。本当に今日一番のヒーローだなと思います。

――最後に意気込みをお願いします

 春のリーグ戦(東京六大学春季リーグ戦)にしろ全日予選(全日本出場校選出予選会)にしろ、あと一歩のところで手が届かなかったので、明日は気を引き締めて、そのあと一歩というところを点にできるようにチーム全員で頑張っていきたいと思います。

渡辺真之介(社3=早稲田佐賀)

――今日の試合を振り返って

 トーナメントという中でこういう試合を勝ち切ることができて、チームとしてより成長できた試合だったかなと思います。

――リードを許す展開でしたが、チームの雰囲気はいかがでしたか

 ベンチ、試合に出ている人、応援してくれている人を含めて、負ける気は一切ないなと感じていました。9回の中で1点多く取っている方が勝ちということ、1点勝っていればいいと思えていたと思います。

――他の選手に声をかけている場面が多く見られました

 特に下級生が大活躍していますが、その中でも緊張があると思うので、先輩として年下に声をかけることは意識していました。今日は同級生の徳広(快、文構3=東京・国立)が初先発だったのですが、これまで出場機会が少なかった選手には意識的に声をかけるようにしていました。

――9回のチャンスで代打に送られた時の心境は

 ここでやるしかないという思いで打席に立ちました。スクイズというかたちでチームの勝利に貢献できて本当に良かったです。

――スクイズのサインが出たときの心境は

 自分が交代で入るということは、何かしらチームとして動きがあるのかなと思って打席に入っていたので、自分にやれることをやるという感じでした。

――スクイズが決まった時の感想は

 まずはうれしいなという気持ちがありました。一塁まで走っている間に、先輩方の顔や同級生、チーム全員の顔が思い浮かびました。

――明日への意気込みをお願いします

 「明日負けたらいつ負けても同じだ」という話がチームの中であって、本当にそうだと思うので、必ず勝って優勝します。

松永賢三(スポ2=東京・早実)

――今日の試合を振り返って

 今まで全日予選(全日本出場校選出予選会)やリーグ戦(東京六大学春季リーグ戦)などいろいろな試合を戦ってきた中で、今日は一番チーム全体が一体感を持って臨んだ試合だったかなと思います。

――序盤はリードされる展開が続きましたが、ベンチの雰囲気はいかがでしたか

 今回の1回戦も5回裏まではビハインドで無得点でしたが、それでも何か一つのきっかけをつくれれば、このチームは点を取れると思ったので、ひたすら我慢して自分たちができることをやるという意識でやっていました。

――ご自身はベンチスタートでしたが、準備はできていましたか

 7回か8回に一回代打に出る予定で打席のそばまで行っていたのですが、急に代えられて、そこで渡辺さんが同点スクイズを決めてくれました。そこから「まだ準備しておけ」と言われて、そこからはいつ回ってきてもいいように準備していました。

――代打を告げられた時の心境は

 チーム全体がネクストバッターに入った時に声援を送ってくれて、自分自身も今大会初めての打席なので、楽しめればいいかなと思って無心で打席に入りました。その一瞬を楽しむという感じでやっていました。

――初球を打ちましたが、狙っていましたか

 そうですね。初球だけを狙っていました。打席が回ってきたのはチャンスの場面だったので、一発で打とうと思って打席に入りました。

――打った感想はいかがですか

 ちょっと詰まったのですが、いい所に落ちてくれて、結果的に二塁走者も帰ってくることができたので一安心という感じです。

――明日の決勝戦に向けて意気込みを

 ここまで来たらチーム全員で勝ちを取りにいくしかないので、一人一人ができることをやって、当たり前にできることを当たり前にやるだけだと思うので、平常心で勝ちに行こうと思います。