メニュー

卓球部

2022.09.04

春季関東学生リーグ戦 9月3日 埼玉・所沢市民体育館

優勝遠のく2連敗 春の王者に「あと1点、2点」及ばず

 秋季関東学生リーグ戦(秋季リーグ戦)は3日目を迎えた。前日まで3戦3勝と勢いに乗る早大は、中大、日体大と対戦。開幕前から課題としていた「あと一本」を取り切れず2連敗を喫した。今大会の通算成績は3勝2敗となり優勝争いから一歩遠のいたものの、黒野葵衣主将(スポ4=東京・武蔵野)は「いいプレーやいい試合展開ができた。残り2試合思い切ってできたら」と前を向いた。

  この日の1戦目は、春季関東学生リーグ戦で全勝優勝の中大と対戦した。2番手の黒野と黒野・中島彩希(スポ4=福井・敦賀)組がフルゲームの接戦をものにしたが、その後5番の顧琳婧(スポ2=愛知・桜丘)、6番の中島が共にストレート負けを喫し、金星とはならなかった。

 中大と対戦する黒野・中島組

 黒野・中島組はこの試合、1勝2敗となったところで登場。序盤はカットが浮いたところを攻め込まれ、1ゲームを落とす。第3ゲームも奪われて後がなくなった第4ゲームは、接戦のまま終盤までもつれ込んだ。黒野のサービスエースで8-6と抜け出すと、最後は中島の回転の利いたショットに相手が対応できず11-9と踏ん張った。最終ゲーム、流れをつかんだのは早大ペアだった。丁寧にラリーを続け、相手の強打を根気強く拾うと、徐々に相手のミスがかさんでいく。5-2で折り返すと、その後もリードを広げ11-5。その後チームとしては敗れたものの、中大のエースペアに対して大きな白星つかんだ。

  日体大戦でフルゲームの試合を勝ち切った宮脇

 2戦目の相手は春季リーグ戦で1部に昇格した日体大。1日目には中大を倒すなど波に乗る相手に対して、早大は1番手に黒野を起用。黒野がそれに応えて白星をもたらすが、その後が続けなかった。宮脇心和子(社1=鳥取敬愛)がフルゲームの末に勝利するなど粘ったが及ばず。競る場面も多かっただけに、惜しい敗戦となった。

 この試合活躍が光った宮脇は、1勝3敗とされ絶対に負けられない状況で見事に1勝をもぎ取った。2ゲームずつを取り合って迎えた最終ゲーム。序盤、2球目攻撃が決まるなどサーブ周りから得点を重ねる。相手のサービスにも対応を見せ、ラリーを優位に進めた。5-2とリードを奪ってから1点差まで追い上げられると、タイムアウトを取った宮脇。タイムアウト明けから4連続ポイントで9-4と一気に引き離し、そのまま11-6で接戦をものにした。今大会はここまで敗戦が続いていた宮脇の勝利に、主将の黒野も「収穫だった」と目を細めた。

 収穫を得た一方、この日は2連敗となり優勝争いからは後退した早大。1日に開幕した秋季リーグ戦も残すところ筑波大と日大との対戦になった。共に春季リーグ戦で負けた相手とあって、早大はリベンジに燃えている。残り2戦では「あと1点」を取り切って白星をつかみ、上位争いに食い込みたい。そして今大会は4年生にとって最後の団体戦。これまで目標に届かなかった分、残り2試合にすべてをぶつけてほしい。

(記事、写真 是津直子)

結果

▽第4試合 対中大 ●2-4

●杉田1-3工藤

〇黒野3-2川北

●宮脇1-3藤森

〇黒野・中島3-2工藤・枝広

●顧0-3枝広

●中島0-3青木

里川 高橋

▽第5試合 対日体大 ●2-4

〇黒野3-2横田

●顧1-3稲吉

●里川2-3高橋紬

●黒野・中島0-3稲吉・関口

〇宮脇3-2高橋花

●杉田1-3関口

中島 山下

コメント

黒野葵衣(スポ4=東京・武蔵野)

――本日の2試合を振り返って

 中大戦では春も負けた相手だったので向かっていこうという気持ちでやっていました。前日までの3試合がすごく良かったのでそのまま続けようとやっていたのですが、本当にあと1点、2点というところには来ていたと思います。その1点、2点の差で負けたかなという印象です。日体大戦は、相手が2部の1位で上がってきたところで、すごく勢いがあるところだったのですが、こっちも良い流れがあったので、それに負けないようにやっていました。前半ダブルス終えて本当は2-2にしたかったのですが、ダブルスで負けて1-3で後ろに回してしまったので申し訳ないです。それでもここまで何試合か負けていた宮脇(心和子=社1・鳥取敬愛)がすごくいい試合をしてくれたので、収穫だったのかなと思います。

――中大戦のダブルスを振り返って良かったところは

 もともとカット打ちが上手な2人が組んでいるので、打たれるのを怖がらないというのと守備型でも攻めるつもりでいるということを意識していて、最後に粘り倒せたというのがすごく良かったと思います。

――日体大戦のダブルスを振り返って敗因は

 あのペアに昨年の冬に負けていたので気をつけていたペアではあったのですが、あまり無理をせずにつなげてくるペアなので、そこで自分たちが焦ってしまったのが負けにつながったかなと思います。

――シングルスでは2勝しましたが調子は

 最後の大会なので後輩、監督、コーチの方に結果で最後にお礼ができたらなと思っていて、前半戦シングルスは全勝できたのであと2試合勝てたらいいなと思います。

――後半戦に向けて意気込みをお願いします

 チームとしては春季リーグ戦で負けた2校(筑波大、日大)が残っているので、リベンジできるようにしたいと思います。今日は負けた試合もありますが、本当にいいプレーやいい試合展開ができたので、練習の期間にまた調整して残り2試合を思い切ってできたらいいなと思います。