メニュー

野球部

2022.08.04

夏季オープン戦 8月4日 対桜美林大 安部球場

丁寧な試合運びを見せた早大 完勝で引き分けを挟んで2連勝/桜美林大戦

TEAM
桜美林大
早 大 x

 追手門学院大戦で完勝を収めた早大は首都大学リーグの強豪桜美林大と対戦した。

 初回、2死満塁から相手の守備の乱れにつけ込み2点を先制する。しかし、直後の2回に相手に内野ゴロの間に1点を返される。それでも3回、先頭の中村将希(教3=佐賀・鳥栖)が二塁打で出塁すると、送りバントで1死3塁と追加点のチャンスを作る。打席には4番の蛭間拓哉副将(スポ4=埼玉・浦和学院)、1ボール1ストライクからの3球目を捉えた当たりは左中間を破る適時二塁打となる。さらに、4回には2死2塁から中村将の中前適時打でリードを3点に広げる。5回に1点を返され迎えた6回、再び相手のミスから追加点をあげる。投げては先発の清水大成(スポ3=大阪・履正社)を中心とした投手陣が相手打線を2失点に抑える好投を見せ、引き分けを挟んで2連勝となった。

好投した清水大

適時打を放った中村将

適時打を放つ蛭間

好救援を見せた伊藤大征(社3=東京・早実)

(記事 山本泰新、写真 臼井恭香)

コメント

中村将希(教3=佐賀・鳥栖)

――今日の試合を振り返っていかがですか

 最近ヒットは出ていますが、個人的には全然調子が良くないので、結果ではなくて内容をもっと詰めていなければいけないなと思います。チームは結構いい感じで、いい雰囲気でできているので、このまま勝ちに拘る野球をやっていきたいと思います。

――打撃の調子が良くないのですか

 ボールは見えているのですが、自分のバッティングが全然できていないので。もっともっとしっかり捉えたヒットを打ちたいなと思っています。

――オープン戦は何を目標に取り組んでいますか

 とにかく秋まではチームの勝ちが最優先というか、オープン戦で調整するとかそういうことではなくて。チームの勝ちが大事なので、どんなかたちでも勝つというか、打てなくてもどうにかしてもぎ取って勝つというか。そういう野球をやっているので、個人的にもチームが勝てればそれでいいって思っているので、そのための自分の活躍を目標にやっていきたいと思っています。

――最後に明日の試合の目標をお願いします

 明日もいつもと変わらずとにかくチームが勝てるように最善の準備を尽くして、自分がベストパフォーマンスできるように頑張っていきます。