メニュー

野球部

2022.08.02

夏季オープン戦 8月2日 対追手門学院大 安部球場

序盤から攻守に躍動 2試合ぶりの白星を挙げる/追手門学院大戦

TEAM
追手門学院大
早 大 x

 7月30日の横浜商科大との夏季オープン戦初戦は白星で飾るも、翌日の駒大戦では敗戦を喫した早大。この日は、阪神大学野球2部西リーグに所属する追手門学院大学との試合に臨んだ。

 早大打線は初回から猛攻を見せる。安打と四球で1死満塁とすると、野村健太(スポ3=山梨学院)が適時二塁打を放ち、2点を先制。その後も栗田勇雅(スポ2=山梨学院)の適時二塁打などでさらに2点を追加した。先発の鹿田泰生(商2=東京・早実)は時折走者を出しながらも、落ち着いた投球で本塁を踏ませない。5回までに7三振を奪う好投を見せ、相手打線をゼロに抑えた。すると6回、打線は山県秀(商2=東京・早大学院)の内野安打に守備の乱れが絡み、1点を追加。その後も7回に2点、8回に1点を追加し、大量得点を記録した。鹿田の後を継いだリリーフ陣は、失点を7回の1点のみに抑え、8-1で完勝した。

この日も打点を上げた野村

先発した鹿田は力強い投球を見せてくれた

3安打と活躍した山県

円陣を組む早大ナイン

(記事 横山勝興、写真 濱嶋彩加)

山県秀(商2=東京・早大学院)

――今日の試合を振り返っていかがですか

 暑い中での試合でしたが、集中力を切らすことなく、大差をつけて勝つことができて良かったと思います。

――今日の試合での目標は

 自分はアピールしないといけない立場なので、とにかくアピールすることを目標にしていました。

――3安打を放ちましたが、打撃の調子は

 バットを短く持ってまだ2、3週間なのですが、自分の(打撃の)スタイルが少し見えてきて、良い感じのバッティングができたと思います。

――軽快な守備を披露していましたが、守備の調子は

 自分はバッティングよりも守備が売りなので、守備率100パーセントのショートを目指していきたいです。

――次戦に向けて意気込みをお願いします

 試合に出させてもらえたら自分のできることをやってアピールするだけなので、頑張っていきたいと思います。

鹿田泰生(商2=東京・早実)

――今日の投球を振り返っていかがでしたか

0点で抑えられたのですが、ストレートのコントロールが効かずにボール先行になってしまいました。変化球が良かったからなんとか抑えられたのですが、真っ直ぐでストライクを取れないと後手に回っちゃうので、そこをしっかりコントロールを直して、良い内容で0点に抑えられるようにしたいです。

――今日の試合の目標は何かありましたか

とりあえず5イニングって決まっていたので、そこを0点で抑えるっていうことですね。その中で、ストライク先行でいけたらと思って投げていました。

―― 5イニングで三振を7つ奪いましたが、三振を奪うことは意識されていましたか

低めに投げた結果、内野ゴロか空振りを取れたらなって思っていて、少し意識していました。キメの面でも低めにしっかりコントロールできるように投げていたので、狙っていました(笑)。

―― 2安打に抑えたことについてはいかがですか

結構浮いている球が多くて、本当なら2安打に収まっていないというか、ラッキーというか(笑)。連打っていうのはなかったと思うので、そこは撃たれた後にしっかり直せた結果かなと思います。

――最後に次戦への意気込みをお願いします

今回は投球内容が良くなかったので、そこをしっかり修正して、次また先発の予定があるので、そこではもう少し長いイニングを、少ない球数で0点で抑えられるように頑張ります。