メニュー

野球部

2022.07.31

夏季オープン戦 7月31日 対駒沢大 安部球場

野村に本塁打が飛び出すも 投手陣が踏ん張れず敗戦/駒沢大戦

TEAM
駒沢大
早 大

 早大はこの日、東都大学リーグの強豪・駒沢大とのオープン戦に臨んだ。

 先発の伊藤樹(スポ1=宮城・仙台育英)は初回に連打でピンチを招き、1点を先制される。その後は持ち味である直球と夏に磨いた変化球を駆使して三振の山を築く。しかし、5回に3点本塁打を含む4失点で降板。リリーフ陣も駒大打線を抑えきることができず、追加点を奪われてしまう。打線は中村将希(教3=佐賀・鳥栖)や蛭間拓哉副将(スポ4=埼玉・浦和学院)が安打を放つも、得点を奪うことができない。4回に中川卓也主将(スポ4=大阪桐蔭)が死球で出塁すると、野村健太(スポ3=山梨学院)の左越え2点本塁打が飛び出す。しかしその後は、蛭間の中前適時打で1点を追加するも3-7で力負けとなった。

失点は重ねたが投球内容は悪くなかった伊藤樹

ホームランを放った野村

救援した原功征副将(スポ4=滋賀・彦根東)は少し課題の残る結果となったか

雪山幹太(教4=東京・早実)は力強いボールを投げ込んでいた

(記事 小澤慶大、写真 星野有哉)

コメント

野村健太(スポ3=山梨学院)

――本塁打を振り返って

 1点ビハインドで、ランナーが一塁にいましたし、直球を待っていたので、狙い通りといった感じでした

――今日の試合全体を振り返って

 勝ち越した場面もあったのですが、本塁打を浴びてしまうなど、粘り勝ちができないので、残りのオープン戦で粘り勝ちができるチームになれるようにしたいです。

――春季リーグ戦が終了してからどういった練習に取り組まれましたか

 打撃が中心でしたが、春季リーグ戦が終わってから内野にコンバートしたので、守備の練習も人一倍やらないといけないという思いで取り組んでいます。春は不甲斐ない結果に終わってしまったので、挽回しないといけないと思っています。

――昨日、今日と一塁手としての出場でしたが振り返って

 まだぎこちない部分やわからない部分があるのですか、そこは中川さん(卓也主将)であったり、熊田(任洋、スポ3=愛知・東邦)であったり、内野を守ってきた人たちから勉強して、守備面でも戦力になれるように練習していきたいと思います。

――次戦への意気込み

 春が5位という悔しい結果となりましたし、この秋は4年生とできる最後のリーグ戦なので、最後にいい思いをして、優勝するためにも、今はこのように歯を食いしばって厳しい練習をし、オープン戦で勝ち抜いて、いい状態でリーグ戦に入りたいと思います。

伊藤樹(スポ1=宮城・仙台育英)

――今日の試合の投球を振り返っていかがですか

 結果的に5回5失点でその後に抑えられたとしても負けているという展開だったので。内容含め良かったところはよかったですし、反省すべきところは反省して直していかないといけないなと思いました。

――途中4連続で三振を奪いましたが、何か意識していたことなどはありますか

 駒大打線に対して自分がどう投げたら抑えられるかなというところを考えた結果、緩急を使ったりだとか、変化球を散らして空振りをとったりする方が抑えられるかなというところで印出さんと話して投げた結果だったので良かったです。

――課題としていた緩い変化球について手ごたえなどはありますか

 すごく良かったと思います。今日の試合でもカーブだったりチェンジアップだったりといった緩い変化球でカウントをとれたりしていたのですごく良かったかなと思います。

――次戦への意気込みをお願いします

 今日先発させてもらって5イニング5失点というかたちだったんですけど、春は抑えみたいなかたちでやらせてもらっていて、そういった役割もマルチにこなせるように0で抑えられるように練習からやっていきたいと思います。