メニュー

ハンドボール部

2022.07.11

第75回早関定期戦 7月9日  東京・東伏見スポーツホール

3年ぶりの早関定期戦 早大らしさを発揮し伝統の一戦を白星で飾る

 3年ぶりの開催となった伝統の早関定期戦。スタンドにはOB・OGや保護者などが詰めかけ、会場は興奮と熱気に溢れていた。早大は持ち味である「堅守速攻」というかたちを最後までやりきり、攻守で関学大を圧倒。4年生を中心にチーム一丸となって勝利をつかみ取った。

 関学大ボールで始まったこの試合、先制点が欲しい早大だったが、前半3分にペナルティースローを与えてしまう。このピンチに替わって入った渡辺航平(人2=神奈川・桐光学園)が好セーブを見せ、先制点を許さなかった。渡辺が引き寄せた流れから狩野直樹(スポ3=埼玉・浦和学院)が豪快なミドルシュートを決め、先制に成功。その後も粘り強いディフェンスから田井健志(スポ3=香川中央)の速攻や白築琢磨(文構2=東京・早実)のミドルで得点を重ね、序盤から試合を優位に進めていった。ディフェンスではGK塚本智宇(スポ3=富山・高岡向陵)が好セーブを連発し、相手に流れを渡さない。守備でつくった良いリズムから中惣健友(スポ4=石川・小松)や山田和直副将(スポ4=群馬・富岡)が得点を量産し、17-11と6点リードで前半を終えた。

ゴールを守る塚本

 後半も勢いそのままに試合を進めたい早大だったが、関学大の猛攻を受け苦しい立ち上がりとなった。攻めあぐねる時間が続いたが、途中交代で入った菅原七海(社4=東京・早実)が得意のカットインシュートを決め、チームに勢いをもたらす。中惣や角辻尚樹(スポ4=奈良・畝傍)など4年生を中心にコート内外から声を掛け合い、流れを呼び込んだ。その後は狩野のロングシュートや山田副将の3連続得点でリードを8点まで広げる展開に。中惣と永橋優太朗主将(スポ4=千葉・市川)の3枚目を中心とした堅いディフェンスで相手の攻撃の芽を摘み取り、速攻で得点を重ねる理想的な展開が続く。最終的には30-20と攻守で関学大を圧倒する結果となった。

得点して雄たけびを上げる中惣(写真右)とハイタッチで迎える角辻(写真左)

 「堅守速攻」を存分に発揮し、伝統の一戦で白星を手にした早大。山田副将や狩野といったフローター陣の活躍や塚本や渡辺、1年生の大武蓮(社1=神奈川・川和)といったキーパー陣の好セーブも光った。今週末には早慶明定期戦が控えている。関東学生春季リーグで1点差で敗れた明大や因縁の相手である慶大との対戦に注目が集まる。関東学生秋季リーグに向けて弾みとなる勝利をつかみとりたい。

(記事 小澤慶大、写真 澤崎円佳 野中美結)

集合写真

早関定期戦
早大 30 17-11
13-9
20 関学大
GK 塚本智宇(スポ3=富山・高岡向陵)
CP 白築琢磨(文構2=東京・早実)
CP 狩野直樹(スポ3=埼玉・浦和学院)
CP 中惣健友(スポ4=石川・小松)
CP 永橋優太朗(スポ4=千葉・市川)
CP 田井健志(スポ3=香川中央)
CP 山田和直(スポ4=群馬・富岡)
コメント

三津英士監督(平8人卒=久留米工業大附)

――試合を終えて率直な感想をお願いします

春リーグ(関東学生春季リーグ)を5位で終えていろいろな課題があったのですが、今回は最初から最後まで、自分たちがやりたかった堅守速攻というかたちがしっかりできていたと思います。

――関東学生春季リーグで出た課題は具体的にはどのようなところですか

接戦や立ち上がりに弱いところや、守って速攻がベースなのですが、走るのか走らないのかがあやふやになってしまうことが多々ありました。それを一つ一つクリアしていこうと取り組んできて、少しずつかたちになっているなと思いました。

――久しぶりの有観客試合となりましたが、その点に関してはいかがですか

久しぶりに有観客でやらせていただいて、大学関係者の皆様やOB・OG、ご父兄の皆様が来てくださいました。学生のみんなも一つ一つ手作りで準備していて、本当に感謝しかないです。

――守備の良さが光りましたが、監督から見ていかがですか

ディフェンスは100点とは言いにくいですが、100点に近いかたちだったと思います。ディフェンスもそうですし、キーパーも智宇(塚本、スポ3=富山・高岡向陵)を中心にしっかりと守ってくれました。あとはペナルティースローでも、2年生の航平(渡辺、人2=神奈川・桐光学園)や1年生の大武(蓮、社1=神奈川・川和)がしっかり自分の持ち味を出してくれたと思います。

――3枚目の永橋選手(優太朗、スポ4=千葉・市川)や中惣選手(健友、スポ4=石川・小松)の守備や、山田選手(和直、スポ4=群馬・富岡)の攻撃など4年生が活躍している印象を受けましたが、その点はいかがですか

4年生は一段成長してくれたなと感じています。健友、永橋、和直もそうですし、その他の4年生も持ち味をしっかり出してくれていると思います。特に、プレーではない自分からの声かけを切らさず、4年生が中心になってやってくれたと思います。

――来週の早慶明定期戦に向けて意気込みをお願いします

早慶明戦もたしか3年ぶりのはずです。明治さんには春リーグで負けているのでしっかり勝たせていただきたいです。慶応さんには前回の早慶戦では僕らが良いかたちで勝ち切ったのですが、そうはいかないと思うので、今年は今年のチームらしさ、早稲田らしさを出して勝っていきたいと思います。