メニュー

ア式蹴球部

2022.07.09

7月9日 早大上井草グラウンド

おかえり!3年ぶりに開催された北風祭にア式蹴球部が参加

 ラグビー蹴球部が主催する「北風祭」が3年ぶりに開催された。照り付けるような日差しの中、上井草グラウンドには大勢のラグビーファンが集結。チアダンスチームSHOCKERS、KPOPカバーダンスサークルのTWINKLEなどのサークル団体、ア式蹴球部(ア式)、米式蹴球部、応援部の体育各部など様々な団体が招待され、会場を大いに盛り上げた。

第1種目の「綱引き対決」に挑む選手たち。ラグビー蹴球部のあまりの力の強さに思わず笑みがこぼれる

 3年ぶりの参加となったア式は15時過ぎから行われた部活対抗大運動会に登場。第1種目の「綱引き対決」では試合時間1分足らずで完敗とラグビー蹴球部のフィジカルに苦しめられた。第2種目の「借り人競争」では、選手たちが難しいお題にも果敢に挑戦。ラグビー蹴球部、ラグビーファンの子供たちの力も借りるなど普段は見ることのできない交流が生まれ、部を超え、年代をも超えた微笑ましいシーンが展開された。

 迎えた最終種目の「部活動対抗リレー」。スタートとともにラグビー蹴球部に差をつけられる。米式蹴球部とは接戦を繰り広げながらボールをつなぐと、”ア式のエース”アルフが登場。愛くるしい姿で応援を味方につけたが、次第に差をつけられ最下位に沈んでしまう。途中バトンミスもあり、追い上げることはできずそのままゴール。最下位と悔しい結果に終わった。

子どもたちに大人気のアルフ。北風祭でさらなるファンを獲得!

 各々の部活がプライドを掲げ挑んだ戦い。ア式は、アルフと共に会場を大いに盛り上げた。部活動、早大の枠を超えた交流が見られた北風祭。この交流が今後どのような効果を生むのか注目だ。

(取材・写真 宮下幸、記事 水島梨花)

北風祭に参加した部員とアルフ

コメント

北本達拓(文構4=東京・暁星)

――部活動対抗リレーは惜しくも最下位という結果になりました。同じ球技として負けられないという思いで挑まれましたか

 そうですね。もちろん負けられない戦いではあったのですが、観客の方もたくさんいて、途中で色々アクシデントもあって盛り上がってたので、悔しい気持ちもありますが、結果的に楽しかったので良かったかなと思います。

――今日のイベントを振り返っていかがですか

 なかなか他の部活との接点はないです。社会貢献活動などは行っているのですが、こういった形で他の部活と交流することはすごく新鮮で楽しかったです。

――他部活との交流は日々の練習への刺激になりますか

 監督を含め、他の部活が早慶戦をやっているなどの情報にアンテナを張ってる人が多いです。やはり、その結果というのは自分たちにも影響があるのかなと思っています。

――ラグビー蹴球部の部員の皆さんへメッセージお願いします

 自分も早明戦などへ観戦に行きました。あれほど多くの観客が入るということ自体、大学スポーツとしてすごいと思っています。同じ体育会部活としてリスペクトする部分もあります。日本一を目指して、自分達も負けないように、お互い切磋琢磨していければ良いなと思っています。

北村公平(文構2=神奈川・桐光学園)

――部活動対抗リレーは、体育各部として負けられない戦いでしたね

 そうですね。同じ早大を盛り上げている部活だと思います。もちろん負けたくないという思いはありつつも、不甲斐ない結果で終わってしまって、申し訳ないです。

――今日のイベントに参加されていかがでしたか

 他の部活の凄みというのは体格を見ても分かりました。自分たちにないものを持っているなというのは非常に感じました。しかし、自分たちの良さというのももちろんあると思います。それを今日どれだけ見せることが出来たのかはわからないのですが、しっかり雰囲気を感じられたのは良かったと思います。

――他部活との交流は、今後の活動にも生きそうですか

 監督もよく、「交歓」という言葉を仰っています。やはり早大内で、しかも体育会という狭い中で交換があることで、自分たちにないものを吸収出来ます。そういったところが刺激になると思っています。

――他に交流をしてみたい部活はありますか

 同じ球技として分かり合えるところがあると思うので、球技の部活が良いかなと思っていますね。やはり、もう一度リベンジしたいです!