メニュー

野球部

2022.06.02

東京六大学春季フレッシュトーナメント 6月2日 神宮球場

打線が沈黙し、敗戦。4位で大会を終える/慶大戦

TEAM
早 大
慶 大 x
(早)●伊藤樹、中森-吉田

※氏名に旧字体を含む場合は、原則として新字体に直して掲載しております。

 立大に逆転負けを喫してから一夜、早大は東京六大学春季フレッシュトーナメント(フレッシュトーナメント)の3-4位決定戦に臨んだ。相手は先日の東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)で2敗を喫した慶大。宿敵へのリベンジをかけ、この一戦に挑んだ。先発した伊藤樹(スポ1=宮城・仙台育英)は、6回2失点と試合をつくる。7回から後を継いだ中森光希(文構2=大阪・明星)は、7回こそ3人で抑えたものの、8回に2点を追加された。打線は計5安打に封じ込まれ、最後まで慶大投手陣を攻略することができなかった。これにより、早大はフレッシュトーナメントを4位で終えることとなった。

先発で粘りの投球を見せた伊藤樹

 早大の先発は、春季リーグ戦でリリーフとして好投した伊藤樹。初回、先頭打者に左前安打で出塁を許すも、後続を左飛、併殺打に抑え込み、上々の立ち上がりを見せる。2回裏、坪田大郎(1年)に中前安打を許すと、暴投と捕逸が絡み1点を先制された。その後は、6回に2本の二塁打で1点を失いはしたものの、3回から6回まで毎回奪三振を記録する好投を見せ、試合をつくった。伊藤樹を援護したい打線は5回、1死から中野翔斗(人2=長野・佐久長聖)が四球で出塁すると、続く吉田瑞樹(スポ1=埼玉・浦和学院)の打球を二塁手が失策し、1死一、二塁となる。しかし、石岡泰樹(スポ2=早稲田佐賀)、梅村大和(教2=東京・早実)が凡退し、得点にはならなかった。

フレッシュトーナメントでは3戦全て安打を放った尾瀬

 何とか反撃をしたい打線は、7回と8回にも好機をつくる。7回は、中野の中前安打と盗塁、代打反町恵真(スポ2=埼玉・早大本庄)の四球、梅村の遊撃への内野安打などで2死満塁とする。ここで文珠玄基(スポ2=神奈川・桐蔭学園)が打席に入るが、空振り三振に倒れた。8回は、この回先頭の尾瀬雄大(スポ1=東京・帝京)が遊撃手の失策で二塁まで進む。中村敢晴(スポ2=福岡・筑陽学園)が四球を選び、続く栗田(スポ2=山梨学院)が三塁線へバントを試み、それを投手が失策。無死満塁と絶好の好機が訪れる。ここで早大は代打薗部将大(教2=東京・早大学院)を送ったが、薗部の打球は浅い左飛となり、犠飛にはならず。続く中野が併殺打に倒れ、やはり得点には遠かった。7回から登板した中森は、7回は3人で切り抜けたものの、8回に連続安打で2点を失い、結局4-0で慶大に完敗した。

試合後のに悔しそうな表情を見せる早大ナイン

 逆転負けを喫し、優勝の可能性が消滅した立大戦から一夜。気持ちを切り替えて何とか3位に食い込みたい早大だったが、宿敵慶大を前に手も足も出なかった。先発の伊藤樹は粘投したものの、打線が好機であと一本を放つことができなかった。これをもってフレッシュトーナメントは幕を閉じるが、未来の早大を担う1、2年生には、今回得た収穫や見つかった課題を糧にしてプレーしていってほしい。

(記事 斎藤汰朗、写真 藤田珠江)

コメント

梅村大和(教2=東京・早実)

――今回の春のフレッシュトーナメント振り返っていかがですか

 ベンチの雰囲気自体はいい感じでやれていて、1年生も軸となって、1、2年生全体で雰囲気よくやれたかなと思うのですが、打撃の方に課題がでたフレッシュからと思います。

――梅村選手自身はフレッシュの間チームをまとめる立場にあったと思いますが、その感想はどういったものでしょうか

 一応キャプテンという立場ではやらせてもらったのですが、他の2年生も一緒になってまとめてくれた人も数人いたので、その面ではやはり自分だけではなく本当に2年生みんなが引っ張ってやって行っていけたかなという感じですね。

――打順は変わったりしましたが、一貫して上位を打つことが多かったですが、そのあたりはいかがですか

 なんとか自分が塁に出て得点に繋げられればと思っていて、学生コーチの方もそういう風には捉えていてくれたとは思うのですが、納得いくような結果ではなかったかなと思います。

――今日の試合はホームが遠い展開となりましたが、その辺りはどのように見ていますか

 チャンスは何度も作れていたのですが、最後の一本というところが出しきれないということで。フレッシュもそうですが、早大全体の課題ということでそこをなんとかするというところは秋に向けて課題としてやっていきたいと思います。

――今後への意気込みをお願いします

 リーグ戦もフレッシュも不本意な結果に終わってしまったので、とにかく夏は1、2年生という立場もそうですけど、リーグ戦にむけてもなんとかいい結果を残せるようにやっていきたいと思います。