メニュー

ソフトボール部

2022.05.31

全日本大学選手権東京都二次予選会 5月29日 東京・福生野球場

稲垣が完全試合を達成! インカレ出場権を獲得

インカレ二次予選
東大
早大 X
投手…〇佐藤慶-白石 ◇(二塁打)なし ◇(三塁打)斎藤 ◇(本塁打)なし
インカレ二次予選
早大 11       19
慶大      
投手…〇稲垣-白石 ◇(二塁打)斎藤、山崎、安孫子 ◇(三塁打)白石 ◇(本塁打)駒谷(5回)

※氏名に旧字体を含む場合は、原則として新字体に直して掲載しております。

 東京都大学連盟春季リーグ戦(春季リーグ戦)でまさかの4位に終わり、4年ぶりに春季リーグ戦での全日本大学選手権(インカレ)の出場権獲得を逃した早大。この日はインカレの出場権を懸け、東大、慶大とのインカレ二次予選に臨んだ。1試合目の東大戦は初回に稲垣拓朗(スポ2=群馬・新島学園)の犠飛で先制するとその後も着実に加点。投げては佐藤慶弥(スポ3=静岡・飛龍)が東大打線を完封し、6-0で快勝した。2試合目の慶大戦では稲穂打線が大爆発。初回に斎藤向陽(社2=群馬・新島学園)、鈴木涼介(スポ4=福島・安積黎明)の適時打で2点の先制に成功。その後も攻撃の手を緩めず、終わってみれば19得点。先発した稲垣は完全試合を達成し、インカレ出場に花を添えた。

 1試合目の相手は東京都大学連盟の2部に所属する東大。早大打線は初回、無死一、二塁の好機で稲垣が右中間に大きな飛球を放つ。すると、タッチアップした二塁走者の安孫子徹(スポ4=東京・昭和)が一気に生還。幸先良く先制に成功する。2回には白石健祐(スポ4=東京・小平)、4回には佐藤慶に適時打が飛び出しリードを広げていく。そして5回、二死満塁の好機で好調の5番・斎藤が走者一掃の適時三塁打を放ち、試合を決定づけた。投げては佐藤慶が要所を締め、無四球完封。早大は危なげなくインカレ出場権獲得に王手をかけた。

 2試合目の相手は春季リーグ戦でも下した慶大。早大は初回、四球を足掛かりに2死一、二塁の好機を作ると、斎藤に自身公式戦3試合連続の打点となる適時打が飛び出す。さらに、続く駒谷が四球を選び、7番の鈴木のセーフティースクイズが内野安打となり、早大はこの回、2点を先制する。続く2回は押し出し四球や斎藤の適時二塁打などで5点、3回には暴投で1点を追加。4回には駒谷理央(国教4=米国・バッファローグローブ)の3点本塁打など打者15人の猛攻で11得点を挙げた。大量の援護を得た稲垣は得意のライズボールがさえ、次々空振りを奪う。味方の堅い守備にも助けられ、稲垣は一人もランナーを出さずに完投。4回参考ながら、完全試合を達成した。投打で慶大を寄せ付けなかった早大は56大会連続56回目のインカレ出場を決めた。

 4年ぶりに二次予選に回るも、第一回大会から続くインカレの連続出場記録を56に伸ばした早大。慶大戦を「理想的な形で試合を進められた」と尾松が振り返ったように今年のチームの戦い方の見通しが立った一戦といえる。次の公式戦は7月に開催される東日本大学選手権となる。「抜本的にチームを作り直し」、インカレの前哨戦となるこの大会でさらなる成長を見せるべく、早大の鍛錬は続く。

(記事 星野有哉)

コメント

尾松大輝主将(政経4=大阪・清風南海)

――インカレ出場が決まりましたが、率直な気持ちをお聞かせください

 一安心、というのが正直な感想です。春季リーグ戦で4位というところから苦しみながらですけれども、望みをつなげたという点で安心したというのが率直な気持ちです。

――今日の2試合を振り返って

 東大戦に関しては(佐藤)慶弥がよく0に抑えてくれたので、安心して試合を進めることができました。しかし、攻撃面でコールドにできなかったというところは課題だと思います。インカレであのような状況でコールドで勝つという形ができないと優勝は厳しいのかなと思います。慶大戦は理想的な形で試合を進められたと思います。相手打線に対しても一巡と3人で抑えられたので、慶大戦の進め方は理想の試合展開ができたかなと思います。

――1試合目は今までの打順から佐藤慶選手と稲垣選手を入れ替えましたが

 稲垣、佐藤慶弥の打順を固定するという考えは首脳陣にもないので、固定しているわけではないよというメッセージに加え、稲垣の方が打率が高かったこともあり、入れ替えました。

――2試合目では相手選手から四球をたくさん奪えましたが、チームとして意識したことはありますか

 特に言葉に出して決めることはしなかったです。ただ、今までやってきたこととして、ボール球先行の投手に対しては狙い球を絞って打っていくというものがありました。それがチーム全体で染み込んでいて、知らず知らずのうちに皆できていたかなと思います。

――次の公式戦まで1ヶ月以上空きますが、その間に取り組みたいことを教えてください

 まずは体づくりに取り組んでいきたいです。先週の全日本総合選手権東京都予選会の際2日間で4試合をしましたが、みんな疲労を感じていました。インカレが3日間で5試合やることを考えると、もっと怪我をしにくい、疲れにくい体を作らなければいけないと思います。それとは別に練習試合で試合勘を磨いていければいいと思います。

――今後への意気込みをお願いします

 これから公式戦は東日本、インカレと続いていきます。それに向けて一からチームを作り直せる機会だと思うので、抜本的にと言いますか、しっかり追い込んでチームを作り直し、東日本では日体大を倒して優勝できるチームにしたいと思います。

稲垣拓朗(スポ2=群馬・新島学園)

――インカレの出場が決まりました

 ひとまず安心です。ただ、自分たちが目指しているのはインカレ優勝で、あくまでも今日は通過点だと思っています。今日もまだまだ課題は出てきたのでこれからそこを詰めていけたらと思います。

――4回参考ですが、完全試合を達成しました

 打者一人一人、一球一球に大事に投げていった結果だと思います。最後の方は粘られることもあったので、緩急をつけるという点でも変化球の質を上げていかないといけないと思いました。

――今日の調子はいかがでしたか

 先週末の試合に出られなくて正直不安なところはあったのですが、投球の方は問題なくできたかなと思います。打撃がやはり力が入ってしまったところがあったので、まだまだだなと思います。

――今後への意気込みをお願いします

 次の大きい大会が東日本になるのですが、そこまでにも今までと変わらず自分の課題を埋めていければなと思います。また、東日本はインカレ前最後の大きな大会になるので、インカレに向けてチームとしても勢いをつけられるものになればいいなと思います。