メニュー

卓球部

2022.05.14

春季関東学生リーグ戦 5月14日 東京・代々木第二体育館

専大相手に粘りを見せるも 一歩及ばず敗戦 

 ※氏名に旧字体を含む場合は、原則として新字体に直して掲載しております。

  5月14日、春季関東学生リーグ戦4日目の試合が行われた。前日の中大戦で、7番までもつれる接戦を落とした早大。通算成績2勝3敗で迎えたこの日は、昨秋のリーグ戦王者・専大と対戦した。早大はシングルスで2勝を挙げるも、その後実力を見せつけられ、2勝4敗で悔しい敗戦となった。

 前日に続いて1番を任された宮脇心和子(社1=鳥取敬愛)だったが、フルゲームの接戦の末に敗れ、後続に託す。2番で登場した黒野葵衣主将(スポ4=東京・武蔵野)は、序盤から主導権を握り大差をつけて第1ゲームを先取した。第2ゲームは、強打を仕掛けるも、ミスが目立ちリードを許す展開に。先にゲームポイントを握られたが、黒野が粘りを見せる。相手がミスをするまで安定したカットをしつこく続け、連続得点で追いつく。逆にゲームポイントを取り返すと、相手のミスでこのゲームをものにした。第3ゲームも同様の展開となり、またしても先に相手がゲームポイントをつかむ。しかし、この場面でも冷静に対応する黒野に対して、相手はミスを重ねた。逆転で3ゲーム目も奪い、ストレート勝利で役割を果たした。

  得点を挙げ、ガッツポーズをする黒野

 3番の中島彩希(スポ4=福井・敦賀)は第1ゲームを失うが、その後は本領を発揮。前後左右に揺さぶられても全て返球し、相手の緩急にも焦らずに対応する。長いラリーも多くなったが、中島の粘りに対して相手がミスを連発し、第2、第3ゲームを中島が連取した。第4ゲームは中盤にかけて大きくリードするが、9-7と追い上げに遭う。ここでベンチがタイムアウトを要求しようとしたが、それを制した中島。最後は連続得点で突き放し、早大に2勝目をもたらした。

  相手の攻撃を何度もしのぎ、粘り勝った中島

 続くダブルスはストレート負けを喫し、2勝2敗とされる。5番に起用された里川奈優(スポ3=高知・明徳義塾)は、相手のエース出沢との対戦となった。1ゲームずつを取り合って迎えた第3ゲームは、序盤の5連続得点で流れをつかんだ里川が奪う。しかし第4ゲームを奪い返され、勝負は最終ゲームに持ち越された。その最終ゲーム、中盤までは食らい付いた里川だったが、相手の強打に押されミスが続く。徐々に点差を広げられ、最後はサーブレシーブがアウトになり試合終了。併行していた6番・深谷和花(スポ1=愛知みずほ大瑞穂)の試合は深谷がストレートで敗れていたため、結果2勝4敗で早大の敗戦が決まった。

  惜しくも敗れたが、専大を追い詰めた里川

 今大会無傷の専大に対し、各試合で粘りのプレーを見せ、必死に食らい付いた早大。しかし一歩及ばず、リーグ戦4敗目を喫した。リーグ戦も残り1日となり、残す試合は青学大戦のみ。ここまで苦しい試合を戦いぬいてきたからこそ、最後に笑顔を咲かせたい。

(記事 是津直子、写真 是津直子)

結果

女子

▽第6試合 対専大 ●2-4

●宮脇2-3船場

〇黒野3-0立川

〇中島3-1永道

●里川・杉田組0-3出沢・船場組

●里川2-3出沢

●深谷0-3甲斐

杉田 大島