メニュー

野球部

2022.05.14

東京六大学春季リーグ戦 5月14日 神宮球場

12安打の猛攻で明大に快勝 勝ち点奪取へ弾みをつける/明大1回戦

TEAM
慶 大
明 大
(慶)○増居、橋本達ー善波
◇(三塁打)萩尾、山本

※氏名に旧字体を含む場合は、原則として新字体に直して掲載しております。

 前カードで法大に勝ち点を許し、優勝へ向け負けられない戦いが続く慶大だが、この日は序盤から打線が奮起。初回に萩尾匡也(4年)の適時三塁打などで3点を先制すると、3回、5回にも得点を重ねる。先発した増居翔太(4年)は本塁打などで失点しつつも、明大に流れを渡さない粘投を見せた。6回に一時2点差にまで迫られるも、直後の7回に山本晃大(4年)の適時三塁打などでさらに2点を追加。その後継投した橋本達弥(4年)が着実にリードを守り切り、暫定首位の明大相手に快勝を収めた。

 先発・増居を援護したい慶大打線は、試合序盤から明大先発・蒔田稔(3年)を攻め立てる。初回に2者連続四球で1死一、二塁の好機を迎えると、4番・萩尾が中堅手の頭上を越える適時三塁打を放つ。すると続く朝日晴人(4年)にも適時打が飛び出し、3点を先制した。その後も3回に1死一、二塁から善波力(3年)の適時中前打、さらに5回にも2死三塁で再び善波に適時打が飛び出し、追加点を挙げた。

ベストナインへ向け好調を維持する善波

 先発マウンドに上がった増居は、2回に明大・山田陸人(4年)に左越ソロ本塁打を浴びるも、その後は追加点を与えぬ安定した投球を披露。しかし6回に代打出場の明大・明新大地(4年)に左越ソロ本塁打を許してしまう。その後四球などで1死二塁のピンチを迎えると、明大・蓑尾海斗(4年)に適時中前打を浴び、2点を失ったところで二番手・橋本に交代。ここまで打たせて取るテンポの良い投球を続けていただけに、悔しい降板となった。

 6回に明大に追加点を許し、2点差に迫られた慶大だったが、7回にも打線が奮起。イニング先頭の5番・朝日が左前打で出塁、続く打者の犠打で進塁し1死二塁の好機をつくると、7番・山本が左中間を破る適時三塁打を放ち、1点を追加。さらに続く善波の犠飛でこの回2点を奪い、迫る明大を突き放した。

優勝へ価値ある1勝を手にした

 前カードの法大との試合では、制球力に苦しむ場面が見られた守護神・橋本。8回に2本の強襲安打などで1点を失うも、6回途中から登板したこの日は四死球なしの安定した投球を見せ、最後までリードを守り切った。暫定首位で苦戦が予想されていた明大に対し、一度もリードを許さぬ試合展開で快勝を収めた慶大。特に打線については、終わってみれば12安打7得点の猛攻を見せており、続く第2戦へ弾みをつけたといえるだろう。優勝へ望みをつなぐ勝ち点奪取へ、強敵・明大を相手に明日も躍動する。

(記事 湊紗希、写真 矢彦沢壮真)