メニュー

卓球部

2022.05.13

春季関東学生リーグ戦 5月12日 埼玉・所沢市民体育館 

男子は初日から4連勝! 女子は逆転負けで2敗目

 5月11日に開幕した春季関東学生リーグ戦は、2日目を迎えた。この日は男女で明暗の分かれる結果となった。男子は、駒大、法大を相手に連勝。通算成績を4勝4敗とし、順調に白星を積み重ねている。一方、東京富士大、日大との対戦となった女子は、日大に惜敗し通算2敗目を喫した。

  男子の駒大戦は、互いに3勝し7番までもつれる大接戦となる。早大の7番は荒井和也(スポ2=福岡・希望が丘)だったが、ゲームカウント2-2となり最終第5ゲームへ。このゲームも激しいラリーが続き、点を取り合う展開となる。9-9となってから相手のミスでマッチポイントを握ると、最後は3球目を強打。これを相手が返球することができず、その瞬間、早大の勝利が決定した。ベンチからは喜びの声が上がり、皆で荒井をたたえた。

 続く第4試合は法大との一戦。シングルスを1本ずつ取り合い、3番・杉本が相手エースと対戦した。2ゲームを先取された杉本だったが、そこから2ゲームを連取。ゲームカウント2-2で最終ゲームへと突入した。最終ゲームは中盤までリードを許す苦しい展開となる。それでも4-6とされた後、高速ラリーを連続で制し巻き返す。勢いそのままに8連続ポイントで、早大にとって大きな一勝をもたらした。

フォアハンドを放つ杉本

 2勝1敗で迎えた岩永宜久主将(スポ4=福島・帝京安積)・浜田一輝(スポ1=愛知・愛工大名電)のダブルスも、ゲームカウント1-2と先行される。それでも第4ゲームは終盤までリードを保ち、ゲームポイントを握る。しかしそこから法大ペアが粘りを見せ、ゲームポイントをつかんでは相手に取られる展開が続く。1度はマッチポイントを奪われたが、浜田のサービスエースでしのぎ、続くラリーで4度目となるゲームポイントを握ると、ついに16-14で振り切った。第5ゲームも勢いそのままに得点を重ねて勝利。最後は5番を任された柏竹琉(スポ3=JOCエリートアカデミー)がストレート勝ちを収め、4勝1敗で法大を下した。

この日2勝した岩永・浜田組

 女子は3戦目となった東京富士大戦には4-2で勝利したものの、4戦目の日大戦では苦戦を強いられる。黒野葵衣主将(スポ4=東京・武蔵野)と里川奈優(スポ3=高知・明徳義塾)を投入しシングルスで先に2勝した早大。3番の顧琳婧(スポ2=愛知・桜丘)は敗れたものの、ダブルスではゲームカウント3-2と粘り勝ちを収め、勝利まであと1勝とした。

黒野(奥)と中島彩希(スポ4=福井・敦賀)の4年生ペアが貫禄を見せた

 しかし、この後のシングルスに登場した深谷和花(スポ1=愛知みずほ大瑞穂)はストレート負け。6番・杉田は1ゲームを取り、第4ゲームも速いラリーで粘りを見せたが、序盤の連続失点が響き手痛い敗戦となった。3勝3敗と追い付かれ、後がなくなった中で7番を任されたのは、福岡乃愛(スポ2=兵庫・三田学園)。2ゲームを続けて失い、第3ゲームも4-7とリードされる。追い込まれた福岡だったが、そこから6連続ポイントで一気に点差をひっくり返し、このゲームを奪い返した。続く第4ゲームも積極的な攻撃が奏功し、序盤はリードを保って進める。しかし中盤、ミスなどで7-7と追い付かれると、そのまま5連続ポイントを許して敗戦。早大にとっては悔しい一戦となった。

 3勝1敗としてからの逆転負けで2敗目を喫した女子。悔しい内容となったが、リーグ戦はまだ3日間残っている。この日の悔しさを次戦以降につなげ、1勝でも多く積み上げてほしい。一方、接戦を制し初日から4連勝を飾った男子は好調を維持している。次戦以降、さらなる強敵との対戦が待ち受けるが、「優勝します」(柏)と強気で立ち向かっていく。

(記事 是津直子、写真 是津直子)

結果

男子

▽第3試合 対駒大 〇4-3

●柏0-3白山

〇浜田3-2清野

●松本2-3相楽

〇岩永・浜田組3-1中橋・清野組

〇杉本3-0木村

●岩永0-3中橋

〇荒井3-2加藤

▽第4試合 対法大 〇4-1

〇浜田3-0蘇

●松本0-3加藤翔

〇杉本3-0手塚

〇岩永・浜田組3-2加藤健・手塚組

〇柏3-0加藤健

岩永 高橋

荒井 原田

女子

▽第3試合 対東京富士大 〇4-2

●杉田2-3千葉

〇宮脇3-0原田

〇黒野3-1森田

〇里川・杉田組3-0千葉・泉田組

●福岡0-3泉田

〇里川3-1上野

深谷 熊谷

▽第4試合 対日大 ●3-4

〇黒野3-0渡辺

〇里川3-0伊藤希

●顧0-3前田

〇黒野・中島組3-2伊藤・寺坂組

●深谷0-3高山

●杉田1-3萩井

●福岡1-3何

コメント

柏竹琉(スポ3=JOCエリートアカデミー)

――今日の2試合を振り返って

 1試合目の相手がカットマンで、僕自身あまりカット打ちが得意ではなくて、前のリーグ戦でも同じ選手に3-0で負けて、この前の関東学生選手権でもカットマンに3-0で負けていて。正直自信はなかったのですが、団体戦なので、1点でも多く1セットでも多く取りたいと思っていました。結果として3-0でボコボコに負けて、チームにあまりいい流れをつくれなかったので、悔しかったです。2試合目は杉本が3番で相手のエースに3-2で勝ってくれて、結構良い流れで僕まで回ってきたので、気持ちよくプレッシャーもなく、気楽にプレーすることができました。

――調子はどうでしたか

 とてもいいです。

――法大戦ではストレート勝ちでしたが、良かった点は

 相手はすごくバックハンドが得意で、そのバックをあまり使わせないように作戦を組み立てていました。相手の強みを生かさせなかったというのが良かったかなと思います。

――逆に今日見つかった課題はありますか

 1試合目でいうとやはりカット打ちがすごく下手くそだということを再確認しました。2試合目では、相手のバックハンドの技術がすごくうまかったのですが、バック対バックになったときに僕の技術が相手に劣っていると感じたので、そこの練習をしないとなと思いました。

――明日以降に向けて意気込みをお願いします

 優勝します!

福岡乃愛(スポ2=兵庫・三田学園)

――日大戦を振り返って

 初めて7番で3勝3敗で回ってきて、自分のプレーが全然できずに、調子をつかめないまま終わってしまったという感じです。

――どんな意識で臨んでいましたか

 意識としてはいつも通りのプレーをしようと思っていました。ですが、いつもなら攻めるボールに対して守ってしまって、相手に先に攻められるなど、入れにいくボールばかりで、全部相手に主導権を握られていたなと思います。

――何が足りなかったと考えていますか

 「勝ちたい」という気持ちが強すぎて、前半から力が入ってしまったので、「勝ちたい」という気持ちがあってもいつも通りに試合ができるように、もう少し作戦を詳しく立てていけば良かったなと思います。

――明日に向けて意気込みをお願いします

 明日出られるか分かりませんが、出られたら、今日負けたことは気にせずに、明日は明日で切り替えて戦っていきたいと思います。