メニュー

野球部

2022.05.10

東京六大学春季リーグ戦 5月10日 神宮球場

投打かみ合い 待望の勝ち点を獲得!/東大4回戦

TEAM
東 大
早 大 x
(早)中森、○清水成、伊藤樹-印出
◇(二塁打)蛭間、印出、中村将

※氏名に旧字体を含む場合は、原則として新字体に直して掲載しております。

 ここまで未だ勝ち点のない早大は、勝ち点奪取を目指し東大4回戦に臨んだ。初回に幸先良く先制すると、中盤にも着実に得点を重ねリードを広げる。投げては3投手の継投で東大打線を1失点に抑え、待望の勝ち点1を獲得した。

中村将の適時打で流れをつかんだ

 リーグ戦初先発となった中森光希(文構2=大阪・明星)は、毎回走者を背負いながらも粘りの投球を見せる。初回は四球と盗塁で1死二塁とされるも、3番、4番と中軸を打ち取る。3回には三塁に走者を置かれ、4番・梅林浩大(3年)との対決。ファウルグラウンドへの痛烈な打球を三塁手中村将希(教3=佐賀・鳥栖)が横飛びでつかみ、ピンチを脱した。その後も四球を出しながらの投球となるが要所で後続を抑え、4回無失点で役割を果たした。

 一方の打線は、初回からつながりを見せる。1回、中川卓也主将(スポ4=大阪桐蔭)の内野安打から好機をつくると、3番・中村将が初球を中前に運び、先制に成功する。4回には、左中間への二塁打で出塁した蛭間拓哉副将(スポ4=埼玉・浦和学院)が、内野ゴロで三塁へと進み、暴投の間に生還。その後印出太一(スポ2=愛知・中京大中京)にも二塁打が飛び出し、3点目を奪う。続く5回も中村将の長打から好機が生まれ、5番・生沼弥真人(教3=東京・早実)の中前打で4点目。6回にも中村将の犠飛で追加点を挙げるなど、中軸の活躍で5-0とリードを広げた。

東大を突き放す適時打を放った印出

 5回、早大のマウンドに上がったのは、清水大成(スポ3=大阪・履正社)。東大の上位打線を三者凡退に打ち取り完璧な立ち上がりを見せると、続く6、7回も無失点に抑える。8回には、無死から連打を浴びて1点を失ったが、最少失点で切り抜けた。昨秋以来、久しぶりの登板となった清水成。この日は球速こそ130㌔台だったものの、打たせて取る投球が光った。4点リードで迎えた9回、早大は伊藤樹(スポ1=宮城・仙台育英)をマウンドに送り込む。伊藤はわずか4球で2死を取る危なげない投球。最後は見逃し三振を奪い、勝利を決めた。

今季初登板でリーグ戦初勝利をつかんだ清水成

 4回戦までもつれ込んだ東大戦。勝ち切れない試合が続き苦しんだ早大だったが、この日は快勝。投手陣の好投に加え、野手の好守備もチームを盛り立てた。さらに、これまで苦しんでいた中村将が2打点を挙げるなど、今後に向けた好材料も得られた。ついに待望の勝ち点を獲得し、第4週を終えた早大。残すは立大戦と慶大戦となった。早稲田の誇りにかけて、これからも負けられない戦いが続く。

(記事 是津直子、写真 玉置理沙子)

                黄字は打点付き

早大打者成績
打順 守備 名前
(遊) 熊田任洋 .242 左飛   遊ゴ 四球   四球   死球  
(二) 中川卓也 .257 遊安   一ゴ 二ゴ   右安   遊ゴ  
(三) 中村将希 .235 中安   三ゴ   左2 中飛      
(右) 蛭間拓哉 .231 二ゴ     中2 二飛 見三      
(一) 生沼弥真人 .211 見三     二ゴ 中安   遊飛    
(中) 松木大芽 .130   一ゴ   四球 中安   二ゴ    
(左) 野村健太 .083   右飛   空三 三ゴ   遊ゴ    
(捕) 印出太一 .300   空三   中2   左安   左飛  
(投) 中森光希 1.000     右安            
  三宅隆二郎 .000       死球          
  茅野真太郎 .000                  
  清水大成 .-           一犠      
  斎藤恵太 .000               中飛  
  伊藤樹 .-                  
早大投手成績
名前
中森光希 0.00
清水大成 2.25
伊藤樹 1.50
東京六大学春季リーグ戦星取表
順位   明 大 慶 大 立 大 法 大 早 大 東 大 勝ち点 勝率
明 大     ●1-3
△2-2
〇2-0
○6-5
〇5-2
●1-2
○3-2
〇12-1
〇16-1
.750
慶 大   〇4-2
△3-3
○7-4
●4-5
○3-2

●5-6
  ○11-4
○16-2
.714
立 大   ●2-4
△3-3
●4-7
〇4-1
〇7-4
  〇7-4
〇3-2
.667
法 大 〇3-1
△2-2
●0-2
●5-6
○5-4
●2-3

○6-5
●1-4
●4-7
○4-1
○4-3
  .500
早 大 ●2-5
○2-1
●2-3
    ●1-4
●3-4
△2-2
△6-6

○4-0
○5-1
.429
東 大 ●1-12
●1-16
●4-11
●2-16
●4-7
●2-3
  △2-2
△6-6
●0-4
●1-5
.000
関連記事

投手陣粘投も報われず 拙攻響き優勝遠のく結果に/明大3回戦(04/25)

主将の復調が鍵に 勝ち点獲得で流れを作れ/東大戦展望(04/29)

代打森田朝が値千金の勝ち越し打も土壇場で追いつかれ、東大と引き分ける/東大1回戦

また勝ち切れず… 敗戦まであと1球、印出の適時打で引き分けに持ち込む/東大2回戦(05/01)

先発加藤が「ワセダのエース」へ圧巻の完封劇 打線も終盤に東大を突き放し先勝!/東大3回戦

コメント

中村将希(教3=佐賀・鳥栖)

――今日は打撃が好調でしたが、その要因は何でしょうか

いい感じで練習できていたので、自信を持って打席に入って、どんどん積極的に振っていこうと思っていて、それが結果的にいい形になったと思います。

――先制打の場面ですが、どのような意識で打席に入りましたか

そんなに深くは考えてはいなかったのですが、いつも通り自分のチェックポイントというかバッティングの癖、悪い時はこうなる、いい時はこうなる、というのを自分で把握しているので、そこを意識しながら打席に入りました。

――狙い球は絞っていましたか

あんまり考えていなかったですね。甘くきたら打つという感じでした。

――第2打席では三塁線を破る鋭い当たりでしたが、感触はどうでしたか

崩されちゃっていたので、あのバッティングはあまり良くなかったですね。

――今日は守備でもいいプレーがありましたが、攻守ともに好調な要因は何だと思いますか

いろいろ考えずに目の前のことに集中してやっていたのが、結果としていい方向に向いているだけだと思うので、目の前のことに集中できたのが一番の要因だと思います。

――次戦への意気込みをお願いします

残り2カードとなって、もう早稲田としては負けられない戦いが続くので、先を見ずに一戦一戦、チームが勝てればそれでいいので、チームの勝ちに貢献できるように全力で頑張りたいと思います。