メニュー

野球部

2022.05.02

東京六大学春季リーグ戦 5月2日 神宮球場

先発加藤が「ワセダのエース」へ圧巻の完封劇 打線も終盤に東大を突き放し先勝!/東大3回戦

TEAM
早 大
東 大
(早)○加藤-印出
◇(二塁打)中川卓、蛭間

※氏名に旧字体を含む場合は、原則として新字体に直して掲載しております。

 前日の試合を最終回になんとか引き分けに持ち込んだ早大。この日はエースへの階段を着実に登っている加藤孝太郎(人3=茨城・下妻一)が再びの好投。9回を打者27人、球数わずか83球で抑える圧巻の投球を見せる。この投球に応えたい打線は8回2死三塁から中村将希(教3=佐賀・鳥栖)が均衡を破る先制の左前適時打を放つ。さらに、9回には1死満塁から熊田任洋(スポ3=愛知・東邦)中川卓也主将(スポ4=大阪桐蔭)の連打で3点を挙げ、東大を突き放し勝ち点獲得に向け先勝した。

今日の主役はマウンドで躍動した加藤だった

 直前の試合で首位慶大が敗れ、優勝への望みがつながった早大。勝ち点獲得に向けなんとしてもものにしたい中で、ここまでリーグ最優秀防御率を誇っている加藤が先発のマウンドに上がる。初回を8球で三者凡退に抑える完璧な立ち上がりを見せると、2回は東大先頭の梅林浩大(3年)に右前へのヒットを許すも、続く打者のバントに対して見事なフィールディングでダブルプレー。後続もテンポよく打ち取りピンチの芽を摘み取る。それ以降は6回まで走者を1人も許さない投球でチームに流れを呼び込む。

 加藤の作った流れに乗っていきたい打線だったが、東大の細かな継投に苦しむ。初回は安打と四球で2死一、二塁のチャンスを作るも5番松木大芽(スポ4=石川・金沢泉丘)がショートゴロに倒れ、先制とはならない。4回にも1死から蛭間拓哉副将(スポ4=埼玉・浦和学院)がサード後方へのテキサスヒットを放つ。東大の打球処理がもたつく間にすかさず二塁をおとしいれチャンスを作る。しかし、ここでも後続が続くことができず、前日、前々日に続きホームが遠い嫌な雰囲気が漂う。

ここ最近結果に恵まれていなかった中村将にとってこの適時打は大きいだろう

 しかし、この嫌な流れを断ち切ったのは加藤の投球だった。7回に1死から2番中井徹哉(4年)に死球での出塁を許す。盗塁の上手い俊足の走者を背負っただけに難しい展開になるかに思われたが、続く3番別府洸太朗(3年)をセカンドゴロに打ち取る。ダブルプレーこそならなかったものの塁上にいると厄介な存在である中井に仕事をさせなかった。また、8回には1回戦で本塁打を放ち、調子を上げてきている阿久津怜生(4年)に四球を与えるも、捕手の印出太一(スポ2=愛知・中京大中京)が盗塁を完璧なスローイングで刺し、好投の加藤をもり立てる。

 試合が終盤に差しかかった8回、先頭の加藤が四球で出塁すると犠打と内野ゴロで2死三塁とする打席にはこの日まだ当たりのない中村将が入る。1ボールからの2球目を鋭く振り抜きレフト前へ。早大に待望の先制点が舞い込む。この一打で流れを掴んだのか、9回には安打と二つの四球で1死満塁とし、打席には熊田。1ボール1ストライクから3球目泳ぎながらも右中間に飛ばした打球は相手ライトのグラブをはじく適時打となる。続く中川卓が2ボールからの3球目を完璧に捉えると、ライトの頭上を越える2点適時二塁打となり、この回だけで3点を加える。このリードを先発加藤が守りきり、9回83球完封で今季2勝目を挙げた。

主将の中川卓も複数安打と復調へのきっかけを作った

 ここ2試合で勝ちきれていなかった早大。チャンスを作りながらも得点できない嫌な流れを払拭したのは、加藤の投球だった。走者を背負いながらも粘りをみせる東大相手に、隙を与えない投球で味方には勇気を、そして敵にはプレッシャーを与え続けた。今季ここまで1点をきる防御率を誇り、ランキングトップに立つ男のこの日の投球は正に『ワセダのエース』と呼べるものだっただろう。次戦の東大4回戦の日程は第5週目の立教対東大戦の結果によるが、加藤の見せた圧巻の投球を無駄にしないためにも確実に勝利をあげ、今季初の勝ち点を手にしたい。

(記事 山本泰新、写真 田中駿祐)

                黄字は打点付き

早大打者成績
打順 守備 名前
(遊) 熊田任洋 .258 一ゴ   左飛   中飛     投犠 右安
(二) 中川卓也 .233 左安   見三     二ゴ   一ゴ 右2
(三) 中村将希 .194 遊ゴ     空三   右飛   左安 死球
  山縣秀 .-                  
(右) 蛭間拓哉 .227 四球     左2   三邪   四球 右飛
(中) 松木大芽 .100 遊ゴ     二ゴ     二ゴ 空三 一ゴ
(捕) 印出太一 .269   空三   左飛     二飛   左安
(左) 森田朝陽 .417   中飛     中安   左安   捕犠
(一) 島川叶夢 .167   空三     投犠   投ゴ   四球
(投) 加藤孝太郎 .200     空三   見三     四球 四球
早大投手成績
名前
加藤孝太郎 0.58
東京六大学春季リーグ戦星取表
順位   明 大 慶 大 法 大 立 大 早 大 東 大 勝ち点 勝率
明 大       〇5-2
●1-2
○3-2
〇12-1
〇16-1
.800
慶 大   ●4-5
○3-2

●5-6
〇4-2
△3-3
○7-4
  ○11-4
○16-2
.714
法 大   ○5-4
●2-3

○6-5
●1-4
●4-7
○4-1
○4-3
  .571
立 大   ●2-4
△3-3
●4-7
〇4-1
〇7-4
    .500
早 大 ●2-5
○2-1
●2-3
  ●1-4
●3-4
  △2-2
△6-6

○4-0
.333
東 大 ●1-12
●1-16
●4-11
●2-16
    △2-2
△6-6

●0-4
.000
関連記事

松木の好返球でゲームセット 待望の今季初白星で望みをつなげる/明大2回戦 (04/25)
投手陣粘投も報われず 拙攻響き優勝遠のく結果に/明大3回戦(04/25)

主将の復調が鍵に 勝ち点獲得で流れを作れ/東大戦展望(04/29)

代打森田朝が値千金の勝ち越し打も土壇場で追いつかれ、東大と引き分ける/東大1回戦

また勝ち切れず… 敗戦まであと1球、印出の適時打で引き分けに持ち込む/東大2回戦(05/01)

コメント

加藤孝太郎(人3=茨城・下妻一)

ーー今日の投球を振り返っていかがですか

 今日はとにかくテンポ良くストライク先行で投げれて、チームが勝てたので良かったです。

ーー試合前に捕手の印出選手とはどのようなアプローチで試合に臨もうと話しましたか

 1戦目に登板した際に、中盤あたりから直球を狙われていると感じたので、今日の試合は変化球の割合を少し増やしながら、ストライク先行で攻めていこうと話していました。

ーー9回83球とかなり球数が少なかったですが、事前に想定していた部分との違いはありましたか

 まさかここまで球数が少なく最後まで行くとは思わなかったので、その部分は想定外でした。

ーー中一日での登板となりましたが、疲れはありましたか

 多少の疲れはあったのですが、とにかく抑えようと必死に投げました。

ーー今季2勝目となりました。ここまでの投球を振り返っていかがですか

 今4試合登板して、どの試合も基本的にはストライク先行でテンポ良く投げこめているのと、ランナーを出してからも粘り強く投げることができているので、そこは少し成長した部分かなと思います。

ーー次回登板に向けて意気込みをお願いします

 次回の登板でもしっかりとストライク先行で、チームを勝ちに導けるような投球をしていきたいと思います。