メニュー

野球部

2022.05.01

東京六大学春季リーグ戦 5月1日 神宮球場

また勝ち切れず… 敗戦まであと1球、印出の適時打で引き分けに持ち込む/東大2回戦

TEAM
東 大
早 大
(早)斎藤正、ユエン、佐竹、中森、原、-印出

 厳しい戦いだった。前日の東大1回戦で引き分け、勝ち点獲得に向けて負けられない早大。しかし、先発斎藤正貴(商3=千葉・佐倉)が東大打線に捕まる。打線もつながりを欠き、序盤からリードを許す苦しい展開に。それでも1点ビハインドの最終回、2死から1点をもぎ取り、なんとか引き分けに持ち込んだ。

 先発の斎藤正が不調に喘いでいる

 2点を先制した早大だったが、その後東大打線の猛攻に遭う。2回、斎藤正は2つの死球と安打で2死満塁のピンチを招くと、1、2番に連打を浴び、3点を献上。3回にも死球で出した走者に生還を許し4点目、スクイズで5点目を奪われた。4回からはユエン賢(国教3=カナダ・セントジョセフ)がマウンドに上がるが、今度は失策と盗塁が絡んで6失点目。打撃陣もなかなか援護できないまま、流れを完全に東大に引き渡した。

 その中で重い空気を変えたのは、中継ぎ陣の好投だった。6回のマウンドを任されたのは、リーグ戦初登板の佐竹洋政(商4=東京・早大学院)。2つの四球を出したものの、味方の守備にも助けられ、無失点で切り抜けた。7回から登板した中森光希(文構2=大阪・明星)は、テンポのいい投球で中軸を三者凡退に抑える。8、9回は原功征副将(スポ4=滋賀・彦根東)が圧巻の投球を披露。8回をわずか7球で終えると、9回には三者連続三振を奪ってみせた。

 原の復調はチームとって明るい材料だ

 救援陣の粘りに、打線も必死に応える。6回、東大はエース井澤駿介(4年)を投入。しかし、2死から中川卓也主将(スポ4=大阪桐蔭)が内野安打で出塁し、相手の失策の間に二塁を陥れる。続く中村将希(教3=佐賀・鳥栖)の打球も相手が送球ミス。すると中川が一気に二塁からホームへ。主将のヘッドスライディングで1点をもぎ取った。さらに8回、先頭の印出太一(スポ2=愛知・中京大中京)と続く熊田任洋(スポ3=愛知・東邦)が四球で出塁する。犠打で1死二、三塁と絶好機をつくると、中村将の犠飛の間に印出が生還し、ついに1点差に迫った。

 試合は5-6で最終回を迎える。先頭の森田朝陽(社3=富山・高岡商)が初球を右前に運び、無死一塁。続く代打・梅村大和(教2=東京・早実)が1球で犠打を決め、一打同点の好機をつくる。しかし、8番・前田健伸(商1=大阪桐蔭)は左飛に終わり、2死となる。ついに追い込まれ、打席には印出。井澤の投じた初球はストライクとなり、2球目は空振り。勝利まであと1球となり、東大ベンチはこの日最大の盛り上がりを見せる。球場からは東大の勝利を望む拍手が送られた。それでも、印出はボール球を冷静に見逃し、粘りを見せる。そして6球目。低目の変化球をしぶとく当て、打球は中前へ。二塁走者の森田朝が生還し、土壇場で同点に追い付いた。

 最後は執念で1点をもぎ取った

 最終回に意地を見せ同点に追い付いたものの、東大に対して2戦連続引き分けとなり、勝負の行方は第4戦までもつれることが確定した。この日、斎藤正は制球に苦しみ3回5失点。打線は再三得点圏に走者を置くも後続が凡退し、残塁は13を記録した。長打も生まれず、課題は山積みだ。それでもこの苦しみを力に変えて、次戦こそ、勝つしかない。

(記事 是津直子、写真 杉山喬脩)

                黄字は打点付き

早大打者成績
打順 守備 名前
(遊) 熊田任洋 .259 左飛 投犠 二ゴ     遊ゴ   四球 見三
(二) 中川卓也 .200 四球 左飛   四球   遊安   三犠  
(三) 中村将希 .185 中安 左飛   遊飛   三失   右飛  
(右) 蛭間拓哉 .211 右安   四球 中飛   四球   四球  
(中) 松木大芽 .133 四球   中安 二ゴ   一ゴ   一ゴ  
(左) 森田朝陽 .333 二失   三安   二ゴ   捕邪   右安
(一) 島川叶夢 .200 空三   二ゴ            
  ユエン賢 .-                  
  三宅隆二郎 .000         中飛        
  佐竹洋政 .-                  
  中森光希 .-                  
  茅野真太郎 .000             捕邪    
  原功征 .-                  
  梅村大和 .-                 投犠
(投) 斎藤正貴 .167 左邪                
  前田健伸 .000     四球   中飛   中飛   左飛
(捕) 印出太一 .273   右安 四球     中飛   四球 中安
  山縣秀 .-                  
早大投手成績
名前
斎藤正貴 6.63
ユエン賢 0.00
佐竹洋政 0.00
中森光希 0.00
原功征 3.38
東京六大学春季リーグ戦星取表
順位   慶 大 明 大 法 大 立 大 早 大 東 大 勝ち点 勝率
慶 大   ●4-5
○3-2
〇4-2
△3-3
○7-4
  ○11-4
○16-2
.833
明 大       〇5-2
●1-2
○3-2
〇12-1
〇16-1
.800
法 大 ○5-4
●2-3
  ●1-4
●4-7
○4-1
○4-3
  3 .500
立 大 ●2-4
△3-3
●4-7
  〇4-1
〇7-4
    .500
早 大   ●2-5
○2-1
●2-3
●1-4
●3-4
  △2-2
△6-6
.200
東 大 ●4-11
●2-16
●1-12
●1-16
    △2-2
△6-6
.000
関連記事

投打がかみ合わず開幕3連敗 明大・蒔田に完投許す/明大1回戦 (04/24)

松木の好返球でゲームセット 待望の今季初白星で望みをつなげる/明大2回戦 (04/25)
投手陣粘投も報われず 拙攻響き優勝遠のく結果に/明大3回戦(04/25)

主将の復調が鍵に 勝ち点獲得で流れを作れ/東大戦展望(04/29)

代打森田朝が値千金の勝ち越し打も土壇場で追いつかれ、東大と引き分ける/東大1回戦

コメント

原功征(スポ4=滋賀・彦根東)

――昨日勝ちきれない中で今日の試合を迎えましたが、どんな準備で試合に入ったのでしょうか

 投手はやることはやれたという認識があり、特に何も変えずに同じように準備したら抑えられると思っていたので、昨日勝てなかったですけれど、負けなかったということを頭に置いて昨日と同じように投げました。

――先発した斎藤正貴(商3=千葉・佐倉)は春季リーグ戦で苦戦が続いていますが、投手をまとめる立場としてはどのように見ていますか

 すごく苦しいと思うのですが、オープン戦でゲームを作ってきたのは斎藤正なので、打たれてしまったのは仕方がないです。リリーフがカバーするというのが助け合いだと思うので、伊藤大征(社3=東京・早実)にしても気にするなと。負けたら4年生の責任で、後輩たちには思いっきりやってもらうだけなので、そこに関しては「打たれてもいいから思い切り行ってこい」というのは言っています。

――斎藤正は同じ左腕ですが、何かアドバイスは送られていますか

 同じ左投げといってもタイプが違う投手なので、そんなに深いアドバイスはなかなかできないのですが、配球のコツであったり、普段の練習の意識だったりは、意見交換しながらやっています。

――今日の試合では流れの悪い中マウンドに上がりましたが、どういった意識でマウンドに上がったのでしょうか

 自分自身流れが悪いとは思っていなくて、自分の前に中森(光希、文構2=大阪・明星)が投げてくれたのですが、3人で切ってくれて、自分としてはその流れのままいけば必ず攻撃に流れが来ると思って投げるだけだったので、自分の投球も7回の中森のパーフェクトピッチングあってのものだったと思います。

――結果としては完璧なリリーフとなりましたが、その点はいかがですか

 自分もリーグ戦の序盤に失点してしまう苦しい投球、自分の本来の実力が出し切れないという中で、東大戦は割と自分の良いピッチングができているので、安心しています。もっと今日のような流れで勝ちまで流れを呼び込めるようなピッチングができればなと思います。

――明日への意気込みをお願いします。

 この2戦は負けてもおかしくないような展開で何とか負けなかったというのが本音のところだと思います。優勝まで首の皮一枚つながっているという状況の中で、何としてでもチーム全体で絶対勝ち切れるようにという思いを初回から全力で出していって、その結果勝ちにつながればと思います。