メニュー

野球部

2022.04.25

東京六大学春季リーグ戦 4月25日 神宮球場

投手陣粘投も報われず 拙攻響き優勝遠のく結果に/明大3回戦

TEAM
明 大
早 大
(早)●斎藤正、伊藤樹、原、伊藤大-印出
◇(二塁打)蛭間、吉納 (本塁打)吉納

※氏名に旧字体を含む場合は、原則として新字体に直して掲載しております。

 5季ぶりに第3戦の開催となった東京六大学春季リーグ戦(リーグ戦)。早大は宿敵・明大との決着をつけるべく、炎天下の神宮に乗り込んだ。先発した斎藤正貴(商3=千葉・佐倉)は3回に本塁打を浴び4回2失点で降板したが、リリーフ陣は粘りの投球を見せ、逆転へ望みをつなぐ。しかし、打撃陣は明大先発蒔田稔(3年)とリリーフした村田賢一(3年)の継投の前に何度もチャンスを作るものの活かすことができず、終わってみれば9残塁。接戦を落とし、勝ち点を得ることができなかった。

 先発した斎藤正はまたもや本塁打に泣かされる形となった

 中1日での先発となった斎藤正は初回を三者凡退に抑える無難な立ち上がり。2回には四死球で2死一、二塁のピンチを招くが、8番日置航(4年)を二ゴロに抑えて先制点を与えない。対する稲穂打線は、前々日に完投勝利を許した蒔田から中川卓也(スポ4=大阪桐蔭)が安打を放つも後続が二者連続三振に倒れる。2回にも1死二、三塁の好機を演出するが、8番松木大芽(スポ4=石川・金沢泉丘)と9番斎藤正がいずれも二ゴロに終わり、序盤は両軍いずれも無得点で終わった。

 そんな中試合が動いたのは3回。1死一塁となったところで、前の試合までリーグトップの打率5割6分3厘と絶好調の宗山塁(2年)に4球目を捉えられる。打球はそのまま右翼席へ運ばれ、早大は2点を先制された。反撃といきたい早大は3回にも2死一、二塁でチャンスを作るが、5番島川叶夢(スポ3=熊本・済々黌)が投ゴロに倒れた。しかし、4回に先頭の吉納翼(スポ2=愛知・東邦)が 2球目を高く打ち上げると、そのまま突き刺さるように右翼席へ入った。吉納のリーグ戦初本塁打となる一撃で1点を返す。

 吉納の本塁打で流れを引き寄せたかったが

 5回からは伊藤樹(スポ1=宮城・仙台育英)が齋藤正よりマウンドを引き継ぐ。伊藤樹は5回と6回を危なげなく抑えたが、7回に2死二塁とされたところに8番日置への3球目を痛打される。打球は右中間を切り裂く三塁打となり、早大は3点目を失う。だがその裏、5回から登板していた村田から1死一、三塁と長打で同点のチャンスを作る。3番中村将希(教3=佐賀・鳥栖)は犠飛を放ち1点を返すことはできたが、4番蛭間拓哉副将(スポ4=埼玉・浦和学院)は三邪飛に倒れ、逆転には至らなかった。

 8回表は原功征副将(スポ4=滋賀・彦根東)伊藤大征(社3=東京・早実)と継投し0に抑える。9回も続投した伊藤大がピンチを招くも切り抜け逆転を待った。しかし、8回にも吉納の作ったチャンスを生かせず、9回も三者凡退に終わり試合終了。あと1点を取ることができないまま、明大に勝ち点を譲る結果となった。

 優勝への道のりは厳しいものとなった

 粘りの投球を続けた投手陣に打線が応えることができなかった。開幕前から懸念された投手陣は前日の加藤孝太郎(人3=茨城・下妻一)の完投をはじめ、昨秋からの成長を見せている。しかし、気になるのは野手陣だ。個人では調子は上がっているが中々得点に結びつかない。この試合も好機を再三作りながらも、実際の得点は吉納のソロと中村将の犠飛のみで、適時打が一本も出なかったことが敗因と言える。打線が“線”となるべく、これまでの反省を糧にチームとしてのレベルアップを期待したい。次戦は1週間後の東大戦。既に勝ち点2点を得ている慶大と明大に引き離され、優勝は厳しいものとなってしまった。しかし最後まで諦めることなくナインはリーグ戦を戦い抜く。

(記事 芦沢拓海、写真 藤田珠江)

                黄字は打点付き

早大打者成績
打順 守備 名前
(遊) 熊田任洋 .333 遊ゴ   中安 左飛     中安   二ゴ
(二) 中川卓也 .158 中安   一犠   中飛   右安   二ゴ
(三) 中村将希 .158 見三   遊ゴ   遊ゴ   中飛    
(中) 蛭間拓哉 .200 見三   四球   中2   三邪    
(一) 島川叶夢 .286   四球 投ゴ   空三     左飛  
(右) 吉納翼 .333   死球   右本   右飛   中2  
(捕) 印出太一 .267   投犠   右飛   捕邪   中飛  
(左) 松木大芽 .111   二ゴ   投安   一ゴ   遊飛  
(投) 斎藤正貴 .200   二ゴ              
  前田健伸 .000       空三          
  伊藤樹 .-                  
  森田朝陽 .000             三邪    
  原功征 .-                  
  伊藤大征 .-                  
  茅野真太郎 .000                 右飛
早大投手成績
名前
斎藤正貴 5.06
伊藤樹 1.93
原功征 0 2/3 7.71
伊藤大征 1 1/3 0.00
東京六大学春季リーグ戦星取表
順位   慶 大 明 大 立 大 法 大 早 大 東 大 勝ち点 勝率
慶 大   〇4-2
△3-3

○7-4
    ○11-4
○16-2
1.00
明 大       〇5-2
●1-2

○3-2
〇12-1
〇16-1
.800
立 大 ●2-4
△3-3

●4-7
  〇4-1
〇7-4
    .500
法 大     ●1-4
●4-7
○4-1
○4-3
  .500
早 大   ●2-5
○2-1

●2-3
  ●1-4
●3-4
  .200
東 大 ●4-11
●2-16
●1-12
●1-16
      .000
関連記事

剛腕篠木の前に9回14三振 打線振るわず開幕黒星スタート/法大1回戦(04/09)

先発・加藤が好投するも、あと1歩及ばず・・・ 痛恨の開幕カード2連敗/法大2回戦(04/10)

打線をつなぎ、投打ともに隙のない明大を打ち破れ/明大戦展望(04/23)

投打がかみ合わず開幕3連敗 明大・蒔田に完投許す/明大1回戦 (04/24)

松木の好返球でゲームセット 待望の今季初白星で望みをつなげる/明大2回戦 (04/25)

コメント

吉納翼(スポ2=愛知・東邦)

――優勝が大きく遠のく結果となってしまいましたが

 自分が今日打ったのですが、結果を見てみれば1点差で負けてしまって、その1点で優勝が大きく遠のいてしまったなと思います。

――試合後のミーティングではどう言った話があったのでしょうか

  これからの3カード、すべて取ったとしても優勝する可能性は低いかもしれないけど、3カード取らないことには始まらないしということで。終わったことは仕方ないので次の試合に向けて前をむいてやっていこうという話です。

――本塁打を打った球種はなんだったのでしょうか

 高めの直球でした。

――その打席にはどういったイメージで入りましたか

 その前の打席がインコースの変化球で死球になってしまったのですが、1戦目に投げてきた先発投手で、データとは違った配球でインコースばかりせめられたので、コースに刺されない様にという意識をもって打席に入りました。

――打った際の手応えなどはいかがでしたか

  少しつまったのですが、うまく風に乗ってくれと思いながら走りました。

――目標としていた本塁打がまず一本でましたが、その辺りについてはいかがですか

 一本出たことについてはひとまず安心しています。でも、やっぱりチームの結果が大事なので。今日のスコアを見ても負けているので、自分が打った本塁打で勝てる様にしたいです。

――今日の結果としてはあと1点が遠い形となりました。打線の軸を打つ働きを期待されている吉納選手としてはどのように捉えていますか

 3打席目にもう1本打っていたらとか、投手があそこでもう一つ低めに投げていたらとか、たらればの話にはなってしまうのですが、そういったことがない様にするには日頃の練習の意識が大事になっているので、そこをしっかり詰めてやっていけたらいいなと考えています。

――次週の東大戦への意気込みを教えて下さい

  残りの3カードを取るために、二つとって勢いをつけられる様な打撃をしたいです。