メニュー

ホッケー部

2022.04.26

関東学生春季リーグ 4月24日 早大東伏見グラウンド

立教大に快勝! 開幕完封2連勝で調子上向き

 小雨が東伏見の芝を濡らす中、関東学生春季リーグ第2節、立教大戦が行われた。前半早々に先制点を奪った早大だったが、立教大の好守備に苦しみ試合は膠着(こうちゃく)状態に。チームの中心、MF山下天海(スポ2=京都・須知)とDF吉野真啓(スポ3=富山・石動)が徹底マークに合い、鋭いカウンターを食らうシーンもあったが、最後には野中の一撃で2点目を決め決着。最後まで相手の堅守に手を焼いた早大だったが、2-0で開幕2連勝を達成した。

 試合は前節同様、開始直後から早大がボールを握り相手を押し込む展開だった。1分には、FW鈴木千心(社3=東京・東学大付国際中教校)の仕掛けから、早くもこの日初のPC(ペナルティコーナー)を獲得。惜しくもゴールとはならなかったが、相手の出鼻をくじくには十分の攻撃であった。勢いを緩めない早大は、7分に再びPCを得ると、今度はこれを山下がきっちりと沈め1―0。待望の先制点が生まれる。得点を重ねたい早大だったが、そのまま第1Qは終了。続く第2Qは相手の堅い守備に焦りを感じたか、パス回しのミスからカウンターを受けるシーンも。結局第2Qは無得点に終わり、前半を1点リードのままで折り返した。

 

ボールを運ぶ吉野

  後半に入っても、立教大の堅い守備はなかなか崩れなかった。加えて、エースの山下とチームの大黒柱である吉野が中盤からサークル手前にかけて徹底的なマークにあい、攻撃の糸口を見つけられない。7分に立て続けに奪ったPCも、相手GKの好セーブもあり得点とはならず。さらには11分、相手にPCを与えこの日最大のピンチに陥ってしまう。FW小川紗知(スポ3=東京・日比谷)と山下が素早くプレスをかけ難を逃れたが、この時間帯になって2連勝に向けては暗雲が垂れ込めていた。しかし、我慢比べに勝利したのは早大であった。第4Qのおよそ9分、サークル内でこぼれたボールをMF野中ほなみ(教1=宮崎・高鍋)が冷静に叩き込み2-0。苦しみながらも攻撃を仕掛け続けた中で生まれた、貴重な追加点だった。試合はこのまま終了し、早大が辛くも勝利をつかみ取った。

 

右サイドで快足を飛ばす小川

 「練習通りにプレーすることができなかった」とGK山口永恋主将(国教4=神奈川・洗足)が語るように、相手の守備の徹底ぶりに幾分か冷静さを欠いてしまったようにも見えたこの日の早大。それでも2戦続けて無失点と、結果を見れば盤石だ。次戦の相手は駿河台大。山下翼コーチ(令3スポ卒=滋賀・伊吹)もこの試合を「リーグの山場となる一戦」と位置付ける。何としても直接対決でこの難敵を退け、上位進出を確実のものにしたい。

(記事 大幡拓登、写真 大幡拓登)

結果
TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
早大
立教大
コメント

GK山口永恋主将(国教4=神奈川・洗足)

――今日の試合を振り返ってください

点を取り、勝利できたのは良いことだと思います。ただ、来月に対戦する駿河大に得失点差で勝っておく、という目標を達成できなかったことに関しては残念でした。

――今日得られた課題はありましたか

立教大がかなり(早大の)対策をしてきたと思うのですが、4Q通して攻撃も守備もなかなか改善出来なかったことが課題だと思います。

――先制点を取った後、なかなか追加点が奪えない展開が続きました

指摘してくれた選手もいたんですが、練習中にやっていた攻撃パターンの練習がなかなかうまくいっていなかったり、ボールに寄りすぎていたりするシーンが多かったように思います。練習通りにプレーできれば、と言われていましたが、実際は練習通りにプレーすることができなかったという印象です。

――次戦へどういった準備をしていきたいですか

次はプール戦のキーとなる試合だと思っています。得失点差では負けてしまっているので、勝つしかないです。練習どおりにできなかったという今日の反省を活かして、試合までの約3週間でしっかりと詰めていきたいと思います。

山下翼コーチ(令3スポ卒=滋賀・伊吹)

――今日の試合について振り返ってください

立教大がしっかりと(早大を)対策してきたというのもあって、自分たちの思うようにプレー出来なかったかなと思います。

――どういったプランがありましたか

いつも通り、外から簡単に繋いでいくということを考えていました。

――今季のチームの強みはどんなところにありますか

山下と吉野を中心にボールを運んで、最後のところでは他の選手も関わっていくようなコンセプトでチームを作っています。

――立教大には具体的にどういった対策で苦しめられましたか

自分たちのキーマンである山下と吉野が完全にマークをつかれていたので、あまりその部分を上手に使うことができませんでした。実際に、厳しいマークでボールをカットされてそこからカウンターを受けるというシーンもありました。

――今日得た課題や収穫はありますか

前からそうなんですが、キーマン(山下、吉野)が封じ込められた時にいかに他の周りのメンバーで攻めていくか、というのが課題になっています。今後の練習としても、その2人以外のメンバーでの攻撃に重点をおく必要があると感じました。

――次戦への意気込みを聞かせてください

次戦はリーグの予選の山場となる駿河大戦なので、絶対に勝つということを目標にし、練習で今日上がってきた課題を一つずつ潰していければ、次戦に臨めればなと思います。