メニュー

野球部

2022.04.24

東京六大学春季リーグ戦 4月24日 神宮球場

松木の好返球でゲームセット 待望の今季初白星で望みをつなげる/明大2回戦

TEAM
早 大
明 大
(早)○加藤-印出
◇(二塁打)蛭間

※氏名に旧字体を含む場合は、原則として新字体に直して掲載しております。

 東京六大学野球春季リーグ戦(春季リーグ戦)優勝に向けて負けられない早大は、前日に続いて明大との一戦に臨んだ。早大は2回に印出太一(スポ2=愛知・中京大中京)の適時中安打で先制すると、4回にも松木大芽(スポ4=石川・金沢泉丘)の犠飛で追加点を奪う。先発の加藤孝太郎(人3=茨城・下妻一)は7回に1点を返されるが粘りの投球を続ける。9回2死一、二塁で迎えたピンチもリーグ戦初スタメンとなった松木が指揮官の期待に応える好返球でゲームセット。わずかなリードを守り切り、チーム一丸となって勝利をつかみ取った。

 先制打となる中前適時打を放った印出

 最初に試合の流れをつかんだのは早大だった。2回、先頭の蛭間拓哉副将(スポ4=埼玉・浦和学院)が右中間を破る二塁打で幸先良く出塁。後続が倒れるも、2死二塁の場面で打席に立ったのは、この日打順を7番に上げてきた印出。「低い球をねらっていた」と、打った打球は二遊間を抜ける。先制に成功し、流れを引き寄せる。

 この日の先発は加藤。前回登板で法大打線を相手に6回6奪三振2失点と好投した右腕に今季初勝利が託された。先頭打者に四球を与えるも続く2番上田希由翔(3年)の打球を遊撃手熊田任洋(スポ3=愛知・東邦)の好フィールディングで併殺にとり、初回を3人で切り抜ける。2回以降は5番蓑尾海斗(4年)に中安打を許すが、直球と変化球を巧みに使い分け無失点に抑えた。

 完投で自身のリーグ戦初勝利を祝った加藤

 早大打線は4回、相手先発村田賢一(3年)を再び捉える。先頭の中村将希(教3=佐賀・鳥栖)が左安打で出塁すると、5番吉納翼(スポ2=愛知・東邦)が一、二塁間を破り1死一、三塁のチャンスを迎える。続く6番松木が右翼へ犠飛を放ち、待望の追加点。またしても選手起用が功を奏す結果となった。

 打線の援護をもらった加藤は2番上田に2安打を許すも、粘り強いピッチングで本塁を踏ませない。しかし、7回先頭の蓑尾に再び中安打を許すと、2死三塁のピンチで守備の乱れにより失点。1点差に詰め寄られる。1点リードで迎えた最終回。1死から蓑尾に本日三度目となる出塁を許すと、続く6番瀬千皓(1年)にも強い打球を放たれピンチを迎える。続く打者を空振り三振に取り、2死一、二塁で迎えるは8番明新大地(4年)。甘く入った2球目を捉えられ、打球は三遊間を抜ける。この打球を松木が本塁へ矢のような返球をし、タッチアウト。松木がスタメン起用に最高の形で応え、明大の反撃を逃げ切った。

 今季初勝利を祝う早大ナイン

 大幅に選手を入れ替えて挑んだ今日の試合。「こういう形で1勝できたことはチームにとってもプラスになった」と印出が語るように、変わって出場した選手が指揮官の期待に応える活躍を見せた。また、加藤が9回1失点で完投し、リーグ戦初勝利を挙げたことも大きな収穫だ。今日の勝利により、勝ち点1は明日の勝敗に委ねられる。賜杯奪還へむけて、何としても白星をつかみ取りたい。

(記事 小澤慶大、写真 藤田珠江)

                黄字は打点付き

早大打者成績
打順 守備 名前
(遊) 熊田任洋 .308 中飛   二飛   投犠     四球  
(二) 中川卓也 .067 遊ゴ   遊ゴ   一ゴ     捕ゴ  
(三) 中村将希 .188 右飛     左安   遊ゴ   二安  
(中) 蛭間拓哉 .167   中2   三邪   右飛   四球  
(右) 吉納翼 .182   左飛   右安   空三   四球  
(左) 松木大芽 .000   投飛   右飛     三ゴ 空三  
(捕) 印出太一 .333   中安   二ゴ     左安   右飛
(一) 島川叶夢 .500     右安   右飛   一犠   遊ゴ
(投) 加藤孝太郎 .200     投犠   右安   投ゴ   一ゴ
早大投手成績
名前
加藤孝太郎 0.60
東京六大学春季リーグ戦星取表
順位   慶 大 明 大 立 大 法 大 早 大 東 大 勝ち点 勝率
慶 大   〇4-2
△3-3
    ○11-4
○16-2
1.00
明 大       〇5-2
●2-1
〇12-1
〇16-1
.750
立 大 ●2-4
△3-3
  〇4-1
〇7-4
    .667
法 大     ●1-4
●4-7
○4-1
○4-3
  .500
早 大   ●2-5
○2-1
  ●1-4
●3-4
  .250
東 大 ●4-11
●2-16
●1-12
●1-16
      .000
関連記事

剛腕篠木の前に9回14三振 打線振るわず開幕黒星スタート/法大1回戦(04/09)

先発・加藤が好投するも、あと1歩及ばず・・・ 痛恨の開幕カード2連敗/法大2回戦(04/10)

打線をつなぎ、投打ともに隙のない明大を打ち破れ/明大戦展望(04/23)

投打がかみ合わず開幕3連敗 明大・蒔田に完投許す/明大1回戦 (04/24)

コメント

印出太一(スポ2=愛知・中京大中京)

――初勝利となりました。今の気持ちを教えて下さい。

 1勝というものがすごく遠く感じていて、こういう形で1勝できたことはチームにとってもプラスになったと思うので、明日も必ず勝って勝ち点を取れるように頑張っていきたいと思います。

――先発の加藤選手の調子はどのように見ていましたか

 尻上がりに良くなってきたというのが受けていた時の感想で、初回は抑えてはいたのですが、コントロールがばらつきがあって、それをイニング間で修正しながらよく9回まで投げてくれてナイスピッチングだったなと言う感想です。

――ゲームプランについてはどのように話していたのでしょうか

 昨日の試合も参考にしながら、明大の選手はミートがうまいので、それをうまく崩すための配球、個人個人で攻めを変えていたのが功を奏したのかなと思います。

――最終回についてはどのように見ていましたか

 加藤さんの足がつっていて、それでも気持ちで投げると監督さんに志願して、その気持ちに自分も答えたかったので、一番いいであろう選択肢を選んで最終的に勝つことができたので、嬉しい気持ちとホッとした気持ちが両方ありますね。

――自身の先制適時打についてはいかがでしょう

 打撃の方でも昨日の試合を通してうまくいかっていなくて、先々週の法大との試合でも思うように噛み合わなくて、タイムリーが少ないと思っていたので、1点無死二塁から二死二塁で回ってきたところを、なんとしても1点取って流れをもって行きたかったです。低い打球を狙っていたので、その点も良かったのかなと思います。

――2安打となりました。調子が上がってきている感じはありますか

 そうですね、ボールの見え方が良かったかなと思います。

――明日に繋げました。意気込みを教えて下さい

 今日勝って1勝1敗となって、明日負けたら今日の試合が意味がないものとなってしまうので、明日は何が何でも勝って、勝ち点1につなげていきたいなと思います。気持ちは明大に負けないようにしっかり準備して勝ちたいと思います。