メニュー

ソフトボール部

2022.04.25

東京都大学連盟春季リーグ戦 4月23日 東京・福生野球場

田中の熱投及ばず、無念のサヨナラ負け

春季リーグ
早大
日体大
投手…田中-渡辺 ◇(二塁打)吉沢 ◇(三塁打)関 ◇(本塁打)なし

※氏名に旧字体を含む場合は、原則として新字体に直して掲載しております。

   季節外れの夏日となったこの日、早大は東京都大学連盟春季リーグ戦(春季リーグ)5回戦の日体大戦に臨んだ。早大は1点を追う4回表、関綾乃(スポ2=千葉経大付)、吉沢一花(人3=東京・桐朋女)の連続適時打で逆転に成功する。しかし、5回に適時打で同点に追いつかれる。7回、連続四球でピンチを招くと、決勝の適時打を浴び、無念のサヨナラ負け。総当たり戦を2勝3敗で終えた。

  先発のマウンドに上がった田中彩絵(スポ4=福岡・三潴)は初回、2個の三振を奪う最高の立ち上がりを見せる。その後は味方の好守に助けられながらピンチを最少失点で切り抜け、5回までを2失点にまとめた。

ピンチを切り抜け、笑顔でベンチに戻る田中

  芯を捉えた打球を放つも相手守備の正面を突くことが多かった打線は4回、2死一塁から6番・関に適時三塁打が飛び出し、同点に追いつく。続く吉沢が放った飛球は飛びついた相手左翼手のグラブをかすめ、勝ち越しの適時二塁打に。粘投を続ける田中に嬉しい援護点となった。

適時打を放ち、ベンチに向けガッツポーズをする関

   田中は球数が100球を越えた6回からストライクとボールがはっきり分かれるようになり、連続四球で1死満塁のピンチを招く。それでも田中自らの好フィールディングでこのピンチを併殺で切り抜け、この回は無失点で抑える。しかし、最終回、連続四球で1死一、二塁とすると、田中のこの日132球目は無情にも弾き返され、右中間へ。総当たり戦最終戦は悔しいサヨナラ負けに終わった。

(記事 星野有哉、写真 藤田珠江、横山勝興)

コメント

反町結佳主将(スポ4=愛知・瑞陵)

――今日の試合を全体的に振り返っていかがでしたか

全体的に良い流れのところは良い流れでいけたので、前回の東京富士大とか東女体大と比べたら、良い流れで早稲田のペースで試合を進められたんじゃないかなと思うのですが、もう1本ってところで安打が出なかった部分はまだ課題だと感じていますし、見逃し三振など審判さんとの相性による部分もこっちもしっかり対応していかなきゃいけなかったなと思うので、そこの対応力というのは感じました。

――今日は守備が手堅く守ることができたと思いますが

前回の試合で私を含め、バント処理のようなミスが多かったので、そういった守備の当たり前のミスを防ごうというふうにこの1週間練習してきたので、そこの成果は出たのかなと思います。

――序盤は良い当たりが相手の正面をついてしまうなど不運なところもありましたが、攻撃面を振り返ってみていかがですか

攻撃面では、しっかり狙い球を絞って、その狙った球をしっかりミートしてというそれぞれが目的を持って打席に立とうということは言っていたので、それを実践してできたことは良かったかなと思います。

――反町選手ご自身の調子はいかがですか

私はもうとことんダメでした。相手がドロップ中心の投手ということで最初の方は下からバットを出しすぎてフライをあげてしまったというところがありました。そのことに途中から気づいて、ドロップ系だけど回転はライズ系といった変化にしっかりもっと早く対応しなければならなかったなと思うので、私の打席の方は本当に反省しかないなと思います。

――特別ページシステムに向けて意気込みをお願いします

ここまで、5試合公式戦をできて、公式戦ならではの反省点というのがたくさん出たので、それをしっかりページシステムではこの反省を生かして頑張ります。また、今まで出た反省は絶対に出ないように、ページシステムはインカレ出場権がかかっているので、勝ちっていうのに結果というのにもっとこだわってやっていきたいなと思います。

関綾乃(スポ2=千葉経大付)

――今日の試合を振り返っていかがですか

 結果的には負けてしまいましたが、今までの試合より内容が良かったと思います。毎イニングランナーが出て、ピンチでも抑えることができていたので、早稲田らしい戦い方ができたと思います。

――今日の試合はどのような目標で臨まれましたか

 いつも難しく考えてしまうところがったので、シンプルにいこうと思っていました。投手を見ていて自分が打ちやすい投手だな、と思っていたので、迷わずにいくことを目標にしていました。

――4回の同点適時打を放った打席にはどのような意識で臨みましたか

 結果的には右中間にいきましたが、逆方向に打つことを意識して臨みました。あとはシンプルにバットを出すことだけを考えていました。

――1打席目でも惜しい当たりがありましたが、打撃の調子はいかがですか

 (打撃の調子が)全然良くなくて、今日はたまたま投手との相性が良かったおかげだったと思います。正直あまり調子は良くないです。

――チーム全体で堅実な守備が印象的でしたが、そこについてはどのように感じていますか

 日体大という強豪のチームとの試合で、ピッチャーとバッターの相性を見て守備位置をあらかじめ相談して組み立てた上でみんなが実践できたと思います。練習の成果がしっかりと出ていたと思います。

――次の試合に向けて意気込みをお願いします

 今日は比較的内容の良い試合でしたが、浮かれずに目の前の試合をひとつひとつ勝ちにいくことを目標にしてインカレに行きたいと思います。