メニュー

野球部

2022.04.23

東京六大学春季リーグ戦 4月23日 神宮球場

投打がかみ合わず開幕3連敗 明大・蒔田に完投許す/明大1回戦

TEAM
明 大
早 大
(早)●斎藤正、中森、原、伊藤樹-印出
◇(三塁打)蛭間

※氏名に旧字体を含む場合は、原則として新字体に直して掲載しております。

 東京六大学春季リーグ戦(リーグ戦)第3週、早大は6季ぶりの優勝を目指す明大と対戦した。試合は4回まで両者一進一退の攻防を見せるも、尻上がりに調子を上げた明大の先発蒔田稔(3年)の前に、終盤早大打線が沈黙。6回以降、走者を出すこともできず5-2で敗戦を喫した。これで開幕3連敗となり、リーグ戦優勝へ厳しい結果となった。

 今季初安打となる三塁打を放った蛭間

 早大の先発斎藤正貴(商3=千葉・佐倉)は初回、連打でいきりなり無死一、三塁のピンチを招くと、好調の3番宗山塁(2年)の犠飛で早々に先制点を奪われる。しかし後続の主軸は打ち取り、このピンチを1失点で切り抜けると、2回は走者を出しながらも3つの三振を奪い無得点に抑えた。するとその裏、先頭の4番蛭間拓哉副将(スポ4=埼玉・浦和学院)のあわや本塁打という打球が右越え三塁打になり、一気に好機を作ることに成功。続く5番生沼弥真人(教3=東京・早実)は三振に倒れるも、6番吉納翼(スポ2=愛知・東邦)の右犠飛で1点を奪い追いついた。その後、4回表に守備の乱れも絡み1点を奪われるも、その裏に再び4番蛭間からの攻撃で1点を追加。4回まで両者譲らぬ展開となった。

 伊藤樹は鮮烈なデビューを飾った

 迎えた5回、これ以上得点を与えたくない齋藤正だったが、先頭に死球を与えると、続く3番宗山に右二塁打を放たれ無死一、三塁のピンチを招く。すると続く4番山田陸人(4年)の右安打で一人が生還。さらに5番箕尾海斗(4年)の二ゴロの間にもう一人生還。2点差となり、再び明大を追いかける展開となった。すぐに追いつきたい早大打線だったが、尻上がりに調子を上げた明大先発蒔田の前に5回以降、突如打線が鳴りを潜める。5回には1番熊田任洋(スポ3=愛知・東邦)に右安打が生まれたものの、後続は続かず。6回以降は走者すら出すことができず、9回までパーフェクトに封じられるという結果に終わった。

 序盤競っていただけに、悔しい敗戦となったこの日。しかし前向きな材料もある。それは8回、9回を投げたルーキー伊藤樹(スポ1=宮城・仙台育英)の存在だ。伊藤樹は今試合がリーグ戦初登板となるが、回をまたいで4者連続空振り三振を奪うなど明大打線を封じ込み、2回を無失点に抑える好投を見せた。小宮山監督も「貧弱」と形容する早大の投手陣において、彼の活躍が必要不可欠になるはずだ。

 ヒットは出たが、打線のつながりが欠けてしまった

 今日の敗戦を受け、明日の試合は優勝へより一層勝利が求められる。鍵となるのは打線のつながりだ。5安打を放ったものの、連打がなかったために攻撃に流れを作ることができなかった。当たりの戻ってきている4番蛭間にいかにいい形で回すことができるか。明大投手陣攻略に向けてはここの部分が重要になる。各個人が自身の役割を果たし、つながりのある攻撃をすることができれば勝利も見えてくる。まずは今春初勝利を。選手たちの奮起に期待したい。

(記事 玉置理沙子、写真 是津直子)

                黄字は打点付き

早大打者成績
打順 守備 名前
(遊) 熊田任洋 .364 左飛   左安   右安     左飛  
(二) 中川卓也 .091 右飛   遊飛   一ゴ     中飛  
(三) 中村将希 .083 投ゴ   投ゴ   見三     中飛  
(中) 蛭間拓哉 .125   右3   四球   空三     左飛
(一) 生沼弥真人 .182   空三   投ゴ   三ゴ     遊ゴ
(右) 吉納翼 .222   右飛   右安   空三     空三
(左) 野村健太 .125   一ゴ   右飛     空三    
  原功征 .-                  
  伊藤樹 .-                  
(投) 斎藤正貴 .250     遊安 二ゴ          
  中森光希 .-                  
  森田朝陽 .000             空三    
9 (捕) 印出太一 .250     一犠   空三   三ゴ    
早大投手成績
名前
斎藤正貴 5.25
中森光希 0.00
原功征 0 1/3 10.80
伊藤樹 1 2/3 0.00
東京六大学春季リーグ戦星取表
順位   慶 大 明 大 立 大 法 大 東 大 早 大 勝ち点 勝率
慶 大   〇4-2   ○11-4
○16-2
  1.00
明 大       〇12-1
〇16-1
〇5-2 1.00
立 大 ●2-4   〇4-1
〇7-4
    .667
法 大     ●1-4
●4-7
  ○4-1
○4-3
.500
東 大 ●4-11
●2-16
●1-12
●1-16
      .000
早 大   ●2-5   ●1-4
●3-4
  .000
関連記事

2年ぶりの勝ち点制に 『一球入魂』の精神を胸に法大に挑む/法大戦展望 (04/08)
剛腕篠木の前に9回14三振 打線振るわず開幕黒星スタート/法大1回戦(04/09)

先発・加藤が好投するも、あと1歩及ばず・・・ 痛恨の開幕カード2連敗/法大2回戦(04/10)

打線をつなぎ、投打ともに隙のない明大を打ち破れ/明大戦展望(04/23)

コメント

蛭間拓哉副将(スポ4=埼玉・浦和学院)

――これで開幕3連敗となってしまいました。副将として現状をどの様に受け止めていますか。

 いつもできているところができていないということが多いので、気持ちであったり準備の部分がまだまだ足りないのかなと思います。

――打線としては相手先発の蒔田投手に完投を許す形となってしまいましが、その辺りはいかがでしょうか

  いつもであったら、打てる打線だとは思うのですが、リーグ戦になると中々打てないです。神宮の雰囲気や、リーグ戦の空気に慣れていない下級生の多いチームなので中々すぐにできる様になるというのは難しいと思うので、これからもっとこういう経験をして次に活かして行ければいいかなと思います。

――現状中々打線がつながらない様な状況ですが、その辺りは4番を打つ身としてどのように感じていますか

 これをしたらつながるというのはあまりわからないですけど、チームの雰囲気として考えすぎて固くなっていることが多いので、もう少し自信をもってプレーした方がいいのかなと思います。

――今季初安打となった第1打席を振り返っていかがでしょうか

 やっとヒットが1本出てよかったなという気持ちと、まだまだいけるなという気持ちがあります。

――以前おしゃっていた打席内でのいい感覚というのは戻ってきていますか

 先週まであまりよくなかったのですが、結構打ち込みをして今週やっとタイミングが取れる様になってきているので、自信には繋がってきています。

――前を打つ中村将希(教3=佐賀・鳥栖)選手が現在不調ですが、後ろ打つ蛭間選手からなにかアドバイスを送られたりしているのでしょうか

 そんなに悪くなくてただ結果が出ていないだけなので。リーグ戦の雰囲気などに慣れていない中で3番バッターを打っていて少しプレッシャーを感じてしまっているのかなと思います。もっと思いきり楽しんでやろうぜということは言っています。

――伊藤樹選手の初登板についてはセンターからどのように見ていますか

 いつも通りいいボールは投げていて、これからチームの力になっていくと思うので、思いっきりやってほしいです。

――明日への意気込みをお願いします

 明日は打って勝ちます。