メニュー

ソフトボール部

2022.04.18

東京都大学連盟春季リーグ戦 4月17日 東京・江戸川区球場

強豪校に手痛い連敗/東女体大戦、東京富士大戦

★東女体大戦

TEAM
東女体大    
早大    
(早)鈴木茉、田中―渡邉
◇(二塁打)渡邉(4回表)

★東京富士大戦

TEAM
東京富士大
早大
(早)田中-渡邉

 この日、早大は東女体大、東京富士大と強豪校との変則ダブルヘッダーに臨んだ。最初に行われた東女体大戦は序盤からリードを許す展開となる。早大は初回に2点を失うと、その後も追加点を許し、5回コールドで敗れた。続いて行われた東京富士大戦は1点を争う展開となる。3点ビハインドで迎えた6回に2点を返すも、反撃及ばず悔しい連敗となった。

東女体大戦で先発した鈴木茉

 東女体大戦の先発は鈴木茉菜(スポ4=東京・鷗友女)。鈴木茉は初回、2本の安打などで2点を失う。その後も3回には守備の乱れなどで4点を追加されるなど苦しい投球が続き、4回でマウンドを降りた。

 反撃したい打線は4回、渡邉佳子(スポ4=東京・学習院女)がチーム初安打となる二塁打を放つも、後続が倒れ得点とはならず。5回にも反町結佳主将(スポ4=愛知・瑞陵)が安打を放つも、こちらも得点にはつなげられず。東女体大に投打で圧倒され、悔しいコールド負けを喫した。

東京富士大戦で先発した田中

 続けて、この日の2試合目となる東京富士大戦が行われた。この試合の先発は田中彩絵(スポ4=福岡・三潴)。田中は初回、守備のミスで1点を失うも、その後は安定した投球を見せる。3回と4回にそれぞれ失点するも、粘りの投球が光り、先発投手としてしっかりと試合を作った。

3安打を放った反町主将

 反撃したい打線は6回、先頭の小林千晃(スポ2=千葉経大付)が安打を放つと、続く反町主将のバントヒットや四球で無死満塁の好機を作る。ここで打席に入ったのは4番・高美優(スポ3=福岡中央)。しぶとく流した高の打球は三遊間を破る適時打となり、早大は2点を返した。なおも無死二、三塁と一打逆転の好機だったが、相手の継投策に阻まれ同点、逆転とはならなかった。最終回も無得点に終わり試合終了。強豪との変則ダブルヘッダーは悔しい連敗となった。

(記事、写真 渡邊悠太)

コメント

反町結佳主将(スポ4=愛知・瑞陵)

――悔しい連敗となりましたが、今日を振り返っていかがですか

 守備のミスから点を取られてしまい、それがズルズルといって、1試合目も2試合目も攻撃では点を取れず、守備のミスから流れが悪くなってしまった、という同じ展開を2試合ともしてしまったので、そこが反省かなと思います。

――自身は3安打ですが、打撃の調子はいかがですか

 調子は良くはないです。先週などは調子が良くなかったのですが、今日は割とボールが見えている日だったので「呼び込んでバットを出すだけ」といいますか、長打を打ったり大振りするとかは気にせずに、当てに行くということを続けたら3安打することができました。結果的に、冷静でいられたことが今日一番良かったかなと思います。

――チームとして良かった点はありましたか

 良かった点としては、2点取った回が一番良かったと思います。先週の国士館大戦でも走者を溜めて、その走者を還すことで点を取れたので、やはり先頭が出て、その先頭をしっかりと送らなければいけない場面で自分が塁に出ることができて、そして四球で走者を溜めることができたのは走者を溜めるという意味で良かったのかなと思いますが、毎回それをできたらと思います。

――次戦の意気込みをお願いします

 来週は日体大との1試合だけで、日体大は試合をやっていない分、どういったかたちで来るかは分かりませんが、目の前の相手に自分たちがやってきたことをしっかりと出せば勝てる相手だと思うので、今日点を取った5人で走者を溜めて返すということを意識して来週以降いきたいと思います。