メニュー

柔道部

2021.11.17

第70回全日本学生優勝大会 11月13日・14日 千葉ポートアリーナ

3回戦で東洋大に完敗 目標の上位入賞ならず

 団体戦で学生日本一を決める全日本学生優勝大会が2年ぶりに開催された。男子部はおととしに成し遂げたベスト8を越える成績を目標に臨んだ今大会。1回戦の金沢学院大戦を3ー2で辛勝し、2回戦の皇學館大戦は4ー0で快勝。この勢いに乗りたい早大柔道部だったが、続く3回戦で東洋大に0ー4で完敗しベスト16で敗退。悔しさの残る今大会となった。

豪快な一本を決める中野智博(スポ1=神奈川・桐蔭学園)

 大会1日目に行われた1回戦の金沢学院大戦は、手に汗握る展開となった。1敗で迎えた3人目の中野智博(スポ1=神奈川・桐蔭学園)が内股で一本。「チームに勢いをつけるのが自分の役割」という頼もしいルーキーが躍動する。しかし続く中堅の高山康太(スポ3=神奈川・桐蔭学園)がまさかの一本負け。これ以上負けると厳しくなる展開で、布目王雅(社3=石川・津幡)が寝技から抑え込みで一本、長嶋勇斗(スポ3=山梨・東海大甲府)が豪快な大外巻込で一本を獲得し3ー2で大将戦へ。負けると代表戦に持ち込まれる場面で、百瀬敦也主将(社4=長野・松本第一高)がここをしっかりと引き分けに持ち込み2回戦進出を果たした。

見事な返し技を決める道下新大(スポ2=東京・国士舘)

 2回戦は皇學館大との一戦。次鋒の中野が腰技に入ると見せかけて素早く小外掛を決め、美しい一本を獲得。中堅の道下新大(スポ2=東京・国士舘)も相手が腰技に入ったところを小外刈で見事に返すなど、4人連続一本勝ちを収め、危なげなく勝利。この流れに乗りたい3回戦は東洋大との一戦。0ー0で迎えた3人目の布目が今大会の優秀選手に選ばれた相手から豪快な背負い投げを決められ、先制される。続く長嶋が積極的に攻め続けるも、技ありの差で優勢負け。あとが無くなった場面で迎えた三将戦。園田陸斗(スポ2=熊本・九州学院)は何とか望みをつなげたいところであったが、相手の一本背負いで潰れたところを豪快に上四方固に持ち込まれ、一本負け。その後の仲島聖悟副将(スポ4=東京・修徳)と百瀬は体格の大きい相手に対し奮闘するも、結果的には1勝もあげることができず4ー0で完敗。目標の上位入賞は叶わず、ベスト16という悔しい結果に終わった。

果敢に攻め続ける長嶋勇斗(スポ3=山梨・東海大甲府)

 おととしのベスト8という快挙を超えることができなかった今大会。「いいところというより、課題がたくさん見つかった」と百瀬主将は振り返る。集大成に差しかかっている4年生は残された大会で有終の美を飾れるか。これからも日々貪欲に稽古に励み、団体戦ではチーム一丸となってさらなる高みを目指す。

(記事 安斎健、写真 倉持七海)

結果

▽1回戦 対金沢学院大 3−2

▽2回戦 対皇學館大 4−0

▽3回戦 対東洋大 0−4

コメント

百瀬敦也(社4=長野・松本第一高)

――今日の2試合を振り返っていかがですか

 昨日の1試合目から、チームの調子は全体的にあまり良くありませんでした。立ち上がりどうかと思ったのですが、最初の皇學館戦はみんながいい仕事をしてくれて、流れもよくて、僕もスムーズに試合に臨めました。東洋戦はアクシデントや采配など色々あるのですが、前が予想外に失点をして、後ろが焦ってしまって、いつも通りのみんなの力が出せなかったと思います。そういったのが積み重なって、4−0という大敗になってしまったので、今回の試合はいいところというより、課題がたくさん見つかったのではと思います。

――大将として前の選手の試合を見ていてどうでしたか

 いい流れでこなかったので、前の東京都予選(東京都学生優勝大会)で結果を残して、少し浮き足立ってしまったというか、慢心しているところがあったなという全体的な反省点があります。立ち上がり、動き出しが結構鈍くなっているところがあったので、また大体、団体の前にいる人たちは来年もありますし、後ろにいる自分として結果はどうであれ、後ろの人のことも考えて(前の人たちには)流れ作りを頑張って欲しかったですね。

――今大会の目標はどういったものだったのでしょうか

 今回の大会の目標は、今年はメンバーも揃っているので、ベスト3以内を目指していましたが、結果はこう(3回戦敗退)なってしまいました。また来年のみんなに頑張ってほしいです。あとひとつ全国の団体戦(全日本学生体重別団体優勝大会)が残っていて、それが終われば4年生は引退して代替わりしますし、来年に生かしてもらえたらなと思います。

――今年のチームはどんなチームですか

 良くも悪くも個性的なチームだなと思います。個が強い人が多いので、それぞれの力を伸ばせるような環境つくりを目指してきました。

――今後の目標を教えてください

 残りの団体戦は早慶戦と、もうひとつ(全日本学生体重別団体優勝大会)があり、例年よりも(大会が延期されたことで)4年生は頑張る時間も長いですし、僕は大学で柔道を終えるので、最後に柔道をして満足できるような試合ができたらなという思いがあります。また団体戦なので、チームみんなの期待に応えられるような試合ができたらなと思っています。

中野智博(スポ1=神奈川・桐蔭学園)

――初めての全国の団体戦でしたが、いかがでしたか

 メンバーとして出場している以上学年は関係なくて、自分はポイントを取らなければならない立場でした。しかし、今日の3回戦で自分が勝てなかったことは、間違いなくチームの敗因の一つだったと思います。

――団体戦におけるご自身の役割は

 一本をとれなくても、泥臭くてもいいからとにかく試合に勝って、チームに勢いをつけるのが自分の役割かなと思います。

――今年度は、団体戦も個人戦もまだ残されていますが、今後の目標を教えてください

 昨年講道館杯で1回も勝てなかったのにベスト8に入ったり、今年の4月の選抜大会(全日本選抜体重別選手権) でも勝てずに終わったり、当時は勝てない試合が続いて自分自身ショックというか自信がなくなっていた時期がありました。それでもその時から、試合は全部優勝すると決めていたので、東京の大会(東京学生体重別選手権)で負けてしまったのもありますし、とにかくここからの試合は全部勝ちます。