メニュー

ソフトボール部

2021.11.10

全日本大学選手権 対大阪大谷大 11月10日 愛知・安城市総合運動公園野球場

増田が気迫の投球で完封勝利 4年ぶりインカレ初戦突破/1回戦

TEAM
早大
大阪大谷大
(早)◯増田―渡邉
◇(二塁打)松本

 雨天順延の前日から一転、カラッとした秋晴れの中、全日本大学選手権(インカレ)が始まった。優勝を目指す早大だが、昨年まで3年連続で初戦敗退を喫し、涙を飲んでいる。しかし、今年は「気負いすぎずに、普段通り早稲田らしく」という増田侑希主将(スポ4=香川・高松南)の言葉通り、チームに勢いを持って初戦に向かった。序盤に松本日和(スポ2=東京・日大二)の左二塁打などで奪った2点を、エース増田が圧巻の投球で守りきり、大阪大谷大に勝利した。

 打線は2回、先頭の渡邉佳子(スポ3=東京・学習院女)が中前打で出塁すると、続く田中彩絵(スポ3=福岡・三瀦)が犠打で送り、好機をつくる。すると、松本が左中間へ二塁打を放ち、1点を先制。さらに敵失も絡み、2点目を追加した。一方、先発の増田は持ち味の速球に変化球を効果的に織り交ぜ、相手を翻弄(ほんろう)する。3回裏、右中間二塁打、右前打の連打で1死二、三塁と初めてピンチを迎えたが、強気の投球で後続を切って取った。

 


先制の適時二塁打を放つ松本

 その後は両チームにゼロが並ぶ展開に。6回に四球や敵失で2死二、三塁のチャンスとなり、この日先制適時打を打った松本に打席が回る。早大ベンチからの大きな声援が飛ぶ中、ファウルで粘ったが、「どうしても力が抜けきれず、最後のボール球に手が出てしまった」と空振り三振。追加点を奪えない。7回には今大会で引退となるチュウ・ユッティン(スポ4=香港・セントポールズコンベントスクール)、石原伶奈(創理4=東京・富士見)が打席に立った。結果には結びつかなかったが、「いろいろな思いを抱えてすごく努力してきた」(増田)二人の打席に、温かな声援が送られた。

 


完封勝利を挙げた増田

 このまま試合が終わるかと思われたが、最終回に相手が粘りを見せる。先頭に右前打を浴びると、1死後、フルカウントから四球を選ばれる。続く打者の一ゴロの間に走者がそれぞれ進塁し、2死二、三塁と一打同点のピンチに。しかし、「後ろからもベンチからもすごく声をかけてもらった」とチーム全体から力を受け取った増田が最後の打者を一ゴロに打ち取り、試合終了。早大は初戦を守り勝ち、4年ぶりにインカレで勝ち星を挙げた。次戦の相手は2019年度準優勝の強豪・園田学園女子大。厳しい戦いが予想されるが、この日の勢いをそのままに勝ち進みたい。

(記事 新井万里奈、写真 朝岡里奈、永田悠人)

関連記事

【連載】2021年度インカレ直前特集『大成』

コメント

増田侑希(スポ4=香川・高松南)

――試合を振り返っていかがでしたか

全体的にベンチというかチームの雰囲気がすごく良くて、初回から勢いのあるかたちでスタートできました。インカレに入って初戦で、すごくいいチームになったなと感じました。

――インカレの初戦がここ数年間負けていたこともありましたが、どんな声かけをして今日の試合に臨まれましたか

インカレだと気負いすぎずに、普段通り早稲田らしく、自分らしくやっていこう、楽しんでいこうという声かけを常に意識していました。

――ご自身の投球を振り返っていかがですか

今日は自分の中では、思ったような投球を完璧にできたかと言われたらそうではないんですが、キャッチャーの渡邉(佳子、スポ3=東京・学習院女)のいいリードのおかげで抑えることができたので、よかったと思います。

――3回裏のピンチでは見逃し三振で切り抜けました。振り返っていかがでしたか

あの時はすごく野手からも、「落ち着いて、大丈夫、打たせていいよ」という声かけをしてもらったので、私が取った三振というよりはチームで取ったアウトだなと思います。

――最終回も相手の粘りでピンチを背負いましたが、振り返っていかがですか

その部分は代打が出てきて、違うバッターで緊張した部分もあったんですが、先ほどのピンチの時と同様に後ろからも、ベンチからもすごく声をかけてもらって。何よりキャッチャーの渡邉が大きく構えてくれていたので、やっぱりみんなのおかげで取れたアウトだし、勝てた試合だと思います。

――打撃の方ではどのような貢献をしたいですか

打撃の方では、ワンヒットを重ねて塁に出て、一つでも多く後ろに回せるようにと思っていました。今回は塁に出ることができなかったんですが、普段はそういうふうに意識してやっています。

――最後に4年生の2人も打席に立たれていましたが、どのような思いでしたか

4年生は3人という少ない人数で、苦労したことが多かったです。特にあの2人の方がいろんな思いを抱えてすごく努力してきていたので、最後のこのインカレの舞台で代打で立っている姿を見て、一緒にやってきてよかったなと強く感じました。

――最後に、次戦に向けての意気込みをお聞かせください

今日のように初回からいい雰囲気で、チーム一丸となって早稲田らしさ全開で頑張っていきたいと思います。

松本日和(スポ2=東京・日大二)

――今日の試合を振り返っていかがですか

4年生が最後のインカレで、何としても初戦を突破したいと思っていました。個人的にはこのチームで全然結果が出せていなくて、チームに貢献できていなかったので、何としてもチームに貢献できたらいいなと思っていました。何とか(貢献)できてよかったです。

――その言葉通り第1打席で適時打を放ちましたが、感触としてはいかがでしたか

自分が好きなピッチャーだったので、打てるなという気はしていました。3年生がつないでくれた打線だったので、絶対自分で返そうと思って入りました。

――打った球を振り返っていかがでしたか

結構自分の中では強くフルスイングできたかなと思います。きれいにミートもしていたので。いい感じに間を抜けてランナーが戻ってこれる打球だったので、よかったと思います。

――最後の打席でも、勝負所で惜しいファウルとなりました

自分の中では結構力が入っていた部分もあって、ランナーを返して追加点を取りたかったんですが、どうしても力が抜けきれず、最後のボール球に手が出てしまったという感じですね。

――最近の打撃の調子はよかったのでしょうか

そうですね。夏終わりくらいから総監督の吉村先生(正、昭44教卒=京都・平安)の指導もあって少しずつバッティングの調子も上がってきて、試合でも何本かヒットが出るようになったので、悪くはないという感じでした。

――では調子が悪くないというところと、ピッチャーとの相性で今日は打てたのでしょうか

そうですね。

――完封勝利となった増田選手のピッチングはどう見ていましたか

侑希さんはピンチでも抑えてくれるので、安心しきっていたというわけではないんですが、ランナーが出てもそんなに心配はないというか、大丈夫かなと思っていました。

――明日以降への意気込みをお願いします

とりあえず初戦突破できていいかたちで次の日につなげられました。何年ぶりかの初戦突破で2回戦に進めるので、この勢いを絶対に切らさずに、早稲田らしく、この一瞬一瞬を楽しんでやっていきたいと思います。