メニュー

卓球部

2021.11.03

全日本学生総合選手権個人の部 10月28日~31日 埼玉・所沢市民体育館

岩越・笹尾組、集大成の全日学で悲願のダブルルス初優勝(女子)

 大会3日目、ダブルスの最終日を迎えた全日本学生総合選手権個人の部(全日学)。前日の5回戦まででベスト4が決定し、この日は岩越帆香主将(スポ4=福岡・希望が丘)・笹尾明日香(社4=神奈川・横浜隼人)組vs黒野葵衣(スポ3=東京・武蔵野)・中島彩希(スポ3=福井・敦賀)組の準決勝で幕を開けた。注目の同校対決は、結成4年目の岩越・笹尾組に軍配。決勝に進んだ同組は、木村香純・出澤杏佳組(専大)と対戦した。カットマンペアとの試合からの切り替えに少し苦戦したものの、ゲームカウント0-1の劣勢から3ゲームを奪い勝利。「悔いのないように」(岩越)と臨んだ最後の全日学を、最高の笑顔で締めくくった。

 1年時に出場した全日学では、当時4年生の徳永美子・阿部愛莉(ともに平31スポ卒)組に敗れ決勝を逃した岩越・笹尾組。その悔しい経験を経て、黒野・中島組との準決勝を迎えた。試合は序盤から岩越・笹尾組がリードし、後輩ペアを圧倒。ゲームカウント3-0(11-7、11-8、11-5)と、3回戦から4試合連続のストレート勝ちで決勝に弾みをつけた。一方、同士討ちに敗れた黒野・中島組だが、1年時のベスト16から今回3位に躍進。すでに団体戦を引退した岩越・笹尾組の後任として期待が高まる好成績を残した。

カット打ちする中島。同校対決では、黒野・中島組が黒のユニフォームを着用した

 運命の決勝は、今年7月に行われた団体の部準決勝の再現となった。その前回対戦時は、木村香純・出澤杏佳組(専大)に3-0で勝利した岩越・笹尾組。しかし、準決勝でカットマンペアと対戦していたこともあり、序盤は早いピッチへの対応に苦戦した。いきなり5連続失点を許すなど、1ゲーム目をあっさり落としてしまう。それでも2人は焦りを見せなかった。「ゆっくりなボールを出したり、予測することを意識したり」(笹尾)と綿密に練ってきた作戦がはまり、得点のパターンが増加。早いラリーにも打ち勝つなど、岩越・笹尾組が徐々に主導権を握った。第2ゲームをわずか4失点で切り抜けると、第3、4ゲームを11-8で連取。ゲームカウント3-1で木村・出澤組を下して優勝を決め、2人は抱き合って喜んだ。今大会は初戦でいきなりフルゲームの戦いを強いられたが「1試合目があったからこそ優勝できた」(岩越)。接戦の中で「絶対負けない、決勝まで行くんだという気持ち」(笹尾)を改めて持ち、2戦目からは盤石の試合運びを見せた。

  
 

優勝を決め、笑顔でベンチに向かう笹尾(左)と岩越

 女子ダブルス優勝は、今回の決勝でもベンチに入った小道野結コーチ(平28スポ卒)が2014年に成し遂げて以来、7年ぶりの快挙。大先輩の前で新たな歴史を作った。また、早大女子部としては、1位の岩越・笹尾組の他に3位に黒野・中島組、7位に里川・杉田組と、3ペアがランキング入り(ダブルスではベスト8)を達成。入部当初からチームの中心でプレーした岩越と笹尾の次代を担う選手たちが実力を証明し、実り多い大会となった。強豪・早大女子部の飛躍に、これからも期待したい。

 

(記事、写真 鬼頭遥南)

※掲載が遅くなり申し訳ございません。

優勝した岩越・笹尾組(左)と、3位の黒野・中島組

結果

女子ダブルス

▽4回戦
○ 岩越帆香・笹尾明日香組3-0加藤亜実・船場清華組(専大)
○ 黒野葵衣・中島彩希組3-2秋山星・杉本恵(青学大)
〇 里川奈優・杉田陽南組3-1梅村優香・工藤夢組(中大)

▽5回戦
○ 岩越帆香・笹尾明日香組3-0千葉菜月・泉田朱音組(東京富士大)
○ 黒野葵衣・中島彩希組3-1小畑美菜・高橋沙希組(国学院大)
● 里川奈優・杉田陽南組0-3木村香純・出澤杏佳組(専大)

▽準決勝
〇 岩越帆香・笹尾明日香組3-0黒野葵衣・中島彩希組 ●

▽決勝
〇 岩越帆香・笹尾明日香組3-1木村香純・出澤杏佳組(専大)

コメント

岩越帆香主将(スポ4=福岡・希望が丘)、笹尾明日香(社4=神奈川・横浜隼人)


――ダブルス優勝おめでとうございます。大会を終えての率直なお気持ちからお聞かせください

岩越 組み合わせ出たときに第1シードで、プレッシャーはあまり感じずに、最後の大会で悔いのないように準備して臨んだ結果だったので、有終の美で終われて嬉しいです。

笹尾 4年間岩越選手と組ませていただいて、1年生のときベスト4で、大先輩の徳永美子さん(平31スポ卒)、阿部愛莉さん(平31スポ卒)との同士討ちで負けてしまって悔しい結果で。今回またベスト4に入ったところでまた同士討ちで、決勝も木村選手、出澤選手のペアでライバル選手だったので、それを勝ち切って優勝できたのでとても嬉しいですし、ほっとしています。


――初戦からフルゲームと苦戦を強いられましたが、決勝までの試合を振り返っていかがですか

笹尾 1試合目が一番山場でしたね。組み合わせ的には良い山で、勝っていけるようなところではあったんですけど、1回戦目は準備が不足していて、もっと先のところを一生懸命対策していたので、足元をすくわれそうになって。それでも、絶対負けない、決勝まで行くんだという気持ちでやったらなんとか逆転できたっていう。うちばっかり喋っちゃった(笑)。

岩越 1試合目があったからこそ優勝できたと思います。


――決勝では1ゲーム先取されたところから3ゲーム連取で逆転勝利を収めました。2ゲーム目以降はどのように切り替えて臨みましたか

笹尾 1セット目は、その前の試合がカット・カットだったので、なるべく切り替えて早くしようと思っていたのですが、ゆっくりのところから早いピッチに変わって。早いと思っていたら意外と飛んでこなかったりして、というのがあって合わせるのが難しかったんですけど、2セット目からは、ゆっくりなボールを出したり、予測を意識したりしたら良い展開にすることができました。