メニュー

漕艇部

2021.10.31

全日本選手権大会兼全日本大学選手権 10月27日~31日 埼玉・戸田ボートコース

4艇がA決勝に進出するも、頂点にはあと一歩届かず(漕艇女子)

漕艇男子についてはこちらから

 全日本選手権大会(全日本)兼 全日本大学生選手権(インカレ)に出場した早大女子は、実業団チームも含まれる今大会においても、5艇中4艇がA決勝に進出。そのA決勝の結果、舵手なしクォドルプルとダブルスカルが、インカレ2位となった。一方で悲願のインカレ優勝にはいずれも届かず、悔しさが伴う大会となった。

1年生ながらシングルスカルでインカレ6位となった片上

 全日本とインカレの併催となり、大学生出場数を絞るために特定の種目で27日に大学生タイムトライアルが行われた。それでもシングルスカルの片上日菜子(スポ1=今治西・愛媛)は全体5位で、全日本出場権を得る。翌日のタイムトライアル予選も突破した片上は、予選A組4着となり、大学生順位決定戦へ。「早めにスパートすることができた」とレースを重ねるごとに、ラストスパートを改善してきた片上は、大学順位決定戦を3着で終え、インカレ6位の成績を収めた。

インカレ2位となったダブルスカル(右:茂内、左:猪野)

 同じく大学タイムトライアルを突破したダブルスカルは、全日本予選を組1着でフィニッシュ。続く準決勝A組では実業団チームを相手に2着となり、見事A決勝へ進んだ。その決勝でインカレ優勝をつかみたいところであったが、同じくA決勝に進んだ「金沢大が実力で上手でした」(茂内さくら(社3=秋田))と、後半以降は金沢大に大きく引き離されてしまった早大。A決勝は4着となり、全日本4位、インカレ2位という結果になった。
 大崎未稀(スポ4=福井・美方)と加藤沙也花(スポ2=愛知・猿投農林)が出場した舵手なしペアは、敗者復活戦B組を1着で終え、準決勝に駒を進めた。その準決勝では中盤以降も粘りをみせ、明大らを大きく差をつけた3着に入り、A決勝進出を果たす。最終日のA決勝では6着でインカレ順位も6位になるも、「自分たちが今出せるパフォーマンスは全て出し切った」(大崎)と漕ぎ切るレースをしてみせた。

舵手なしペア(右:大崎、左:加藤)

ラストスパートをする舵手付きフォア

 舵手付きフォアは敗者復活戦へ回るも、序盤で先行し中盤以降は粘りの漕ぎをするプラン通りのレース展開で2着となり、この種目もA決勝に進出。A決勝でも変わらずに、前半に攻めていく自らのスタイルを貫き、最初の500㍍はトップで通過する。その後も粘っていた早大だが、終盤で他大の猛追をかわしきれず、全体5着となり、インカレ順位も5位となった。
宇野聡恵主将(スポ4=大分・日田)が率いた舵手なしクォドルプルは、予選で実業団チームの関西電力に敗れ、敗者復活戦へ。だが敗者復活戦では余裕すら感じさせるレースで1着となり、しっかりと準決勝に駒を進める。次の準決勝では再び同組となった関西電力が頭一つ抜け、早大は明大、中大とA決勝進出をかけて争う展開に。「大学3艇が並ぶ展開を想定していなかったこともあり、少し焦りがあった」(宇野)。それでも後半立て直して中大を引き離すと、3着フィニッシュとなりA決勝進出を果たした。そしてインカレ優勝の行方は、準決勝でわずかに先着を許していた明大との一騎打ちになる。最終日最終種目のA決勝で、頂点を目指し果敢に前半からハイペースで入った早大。だが徐々に詰めてきていた明大に、後半で追いつかれ先行を許してしまう。最後のラストスパートでも追いつくことはできず、全体で4着、インカレ2位と、大学頂点まであと1つ届かなかった。

インカレ2位となった舵手なしクォドルプル(写真は準決勝)

 インカレ女子総合3連覇を果たしていた早大にとって、今大会の結果は悔しいものだ。それでもコロナ禍の中、漕艇部を引っ張ってきた4年生の宇野主将らに対して、ここまで「4年生が一生懸命に後輩を育ててくれた」、「4年生が早大漕艇部の組織力を作って、今日に至った」と内田大介監督(昭54教卒=長野・岡谷南)も頑張りを称える。これからはその教えを引き継ぎ、木目田健二新監督(平22法卒=東京・早大学院)と現3年生を中心に新体制が始動する。今年は届かなかった頂点の座へ、さぁ行こうーー。

(記事 樋本岳、写真 冷水睦実、内海日和)

結果

 

▽舵手なしクォドルプル

S:武井愛奈(スポ2=長野・諏訪清陵)
3:宇野聡恵主将(スポ4=大分・日田)
2:中尾咲月(スポ3=三重・津)
B:郡磨璃(スポ2=東京・文教学院大女子)

 ▽予選

6分58秒50(A組2着)敗者復活戦へ

 ▽敗者復活戦

7分6秒69(A組1着)準決勝進出

 ▽準決勝

6分54秒79(B組3着)A決勝進出

 ▽A決勝

6分51秒51 全日本5位、インカレ2位

 

▽舵手付きフォア

C:勝又真央(スポ3=東京・小松川)
S:高田涼花(社3=静岡・浜松西)
3:桐原初菜(文構2=早稲田佐賀)
2:大槻のりか(スポ4=宮城・佐沼)
B:長谷川理実(政経2=東京・早実)

 ▽予選

7分47秒74(A組3着)敗者復活戦へ

 ▽敗者復活戦

7分35秒66(B組2着)A決勝進出

 ▽A決勝

7分33秒02 全日本5位、インカレ5位

 

▽ダブルスカル

S:猪野日向子(スポ1=岐阜・加茂)
B:茂内さくら(社3=秋田)

 ▽大学タイムトライアル

7分34秒33(全体4位)全日本選手権へ

 ▽予選

7分34秒62(B組1着)準決勝進出

 ▽準決勝

7分28秒21(A組2着)A決勝進出

 ▽A決勝

7分29秒66 全日本4位、インカレ2位

 

▽舵手なしペア

S:加藤沙也花(スポ2=愛知・猿投農林)
B:大崎未稀(スポ4=福井・美方)

 ▽予選

8分8秒53(B組2着)敗者復活戦へ

 ▽敗者復活戦

8分19秒67(B組1着)準決勝進出

 ▽準決勝

8分2秒67(B組3着)A決勝進出

 ▽A決勝

8分3秒69 全日本6位、インカレ6位

 

▽シングルスカル

片上日菜子(スポ1=今治西・愛媛)

 ▽大学タイムトライアル

8分34秒60(全体5位)全日本選手権へ

 ▽タイムトライアル

8分36秒57予選進出

 ▽予選

8分45秒98(A組4着)大学順位決定戦(C決勝)へ

 ▽C大学順位決定戦

8分52秒54(3着)インカレ6位

 
 

試合後インタビュー

 

【舵手なしクォドルプル】

3:宇野聡恵主将(スポ4=大分・日田)

――予選では関西電力に敗れ、敗者復活戦へと進みましたが、どのような反省点がありましたか

私たちは練習での完成度は悪くなかったのですが、2000㍍にむけての練習ができていなかったので、中盤以降の粘りが課題でした。500~1000㍍で攻め続けることを修正しました。

――その敗者復活戦では余裕を持って1着となり、次の準決勝では3着となりました

準決勝では大学3艇が並ぶ展開を想定していなかったこともあり、少し焦りがありました。後半で立て直し、レース展開は悪くなかったのですが、想定外の部分で焦ったのかなと思います。

――それでもA決勝進出することができました

A決勝に進んでからがスタートかなと思っていたので、厳しいレースでしたが、進出を決めきれたことはよかったです。

――今日のA決勝では、明大と競る展開が予想されましたが、どのような狙いを持って臨まれましたか

どこも優勝狙いで序盤からハイペースで入ると思っていたので、私たちもハイペースで攻めていきました。展開的に1000㍍ではいい位置につけていたと思います。

――それでも終盤に明大に抜かれてしまい、インカレ2位という結果になりましたが、どのように受け止めていますか

悔しいですが、私たちが発揮できなかったというよりは、相手が1枚も2枚も上だったのかなと思います。

――宇野主将も本大会をもって引退となりますが、ここまで長い時間を共にした同期はどのような存在でしたか

私は1年生からクォドに乗っていて、同期で同じクルーに乗る機会は少なかったですが、陸上トレーニングなど、自分自身が伸び悩んだり苦しんだ時にも、一緒にやってくれたりしました。良き仲間であり、良きライバルであったと思います。

――同じクルーで出場されたメンバーや、これからの漕艇部を引っ張っていく後輩にメッセージをお願いします

なしクォドに乗ったメンバーも、向上心があって周囲とたくさんコミュニケーションをとっています。まだまだ体力面や技術面で伸びしろのあるメンバーが多いので、もっと来年は期待できると思います。

 

【舵手付きフォア】

2:大槻のりか(スポ4=宮城・佐沼)

――敗者復活戦でA決勝進出を決めた時の気持ちを教えてください

素直にうれしかったということと、優勝するチャンスをしっかりつかめたので次のレースに向けてもう一度切り替えて頑張ろうと思いました。

――決勝にかけて修正した点はありますか

第3Qの残り700メートルあたりで昨日の予選は落ちてしまったので、そこでしっかりと上げていくということを修正しました。また、スタートで昨日くらい出られるか分からないので、出られなかったとしても自分たちの漕ぎで2000メートルやり切ろうという話はしましたね。

――決勝のレースプランについて教えてください

前半にとばしていくことが私たちのレースプランではあるので、そのまま(前半に)いけるところまでいこうということは考えていました。

――思った通りのレースはできたのでしょうか

思っている以上に漕げたかなというふうには思います。

――レースの結果をどのように受け止めていますか

もっと上にいきたかったという気持ちはあるのですが、自分たちの4カ月間で最高の漕ぎだったと思うのでかなり満足はしています。

――一緒に乗った後輩たちにはどんなことを伝えたいですか

本当に「ありがとう」という感じで(笑)。本当に感謝ですね。また、次がみんなにはあるので次に向けてどんどん頑張ってほしいなと思いますね。

――同期に伝えたいことはありますか

「一緒に過ごしてくれてありがとう」と思います。あとはこれからも遊んでほしいなって思いますね(笑)!

 

【舵手なしペア】

B:大崎未稀(スポ4=福井・美方)

――準決勝でA決勝に残った時の気持ちを教えてください

3杯上がりだったのですが、「なんとしてでもA決勝に残る」という気持ちでした。また、レーンセレクトというタイムが良い順からレーンを選べるというシステムが今大会から導入されたので、なんとしてでも良いタイムでゴールすることは、すごく考えていました。

――決勝にかけて修正した点はありますか

自分たちで各Qのタイムを計算していたのですが、第2Qのタイムが少し落ちていて、そこを自分たちで落としすぎてしまったという反省点が昨日のレースではありました。序盤なのですが、そこをしっかり攻めていくということは改善点として出しましたね。

――決勝ではその改善点は生かせましたか

自分たちだけを見ると昨日の改善点を生かすことはできていました。

――6位という結果をどのように受け止めていますか

自分たちが今出せるパフォーマンスは全て出し切ったので、悔しい気持ちはすごくあるのですが、自分たちができることを出し切ってこの結果です。やり切ったなという感じはあります。

――レース後ペアの加藤選手に声をかけられていましたが、どのような言葉をかけられたのでしょうか

私が引退のレースということで「申し訳ない」「ごめんなさい」というふうに(加藤から)言われたので、私は「良かったよ」というふうに声をかけました。

――今日で引退ということですが、同期にどんなことを伝えたいですか

本当に「ありがとう」という一言に尽きますね。

――後輩たちにどんなメッセージを残しますか

一言で言ってしまうと「頑張って」という言葉になってしまいます。どんどん今よりもコロナは落ち着くと思うので、大会のにぎやかさも前のように戻ってくると思います。しかし、それでもまだまだやりにくい部分は多くあるだろうとも思います。その中でいろいろな人を頼って、自分たちなりに頑張ってほしいと思いますね。

【ダブルスカル】

B:茂内さくら(社3=秋田)

――今大会は大学タイムトライアルから始まりました

タイムトライアルで、初めて2000㍍を漕いだのですが、うまくいかないこととも多かったです。大学タイムトライアルでは4位でしたが、このレースからの反省を活かして、以降のレースが出来たかなと思います。

――タイムトライアル後は、どのような修正をされましたか

1500㍍からのラストスパートの時に、スピードが上がらなかったことが、大きな修正点です。予選では1200㍍から1500㍍までの粘りは修正できたものの、あまりラストに関しては改善できなかったです。

――ラストに関しては、準決勝、決勝で修正ができましたか

準決勝でも4Qで上がりきらず、昨日の課題でした。今日の決勝では改善できたのでよかったと思います。

――そのA決勝の結果、インカレでは2位となりましたが、この結果をどのように受け止めていますか

率直に悔しいです。インカレ優勝を狙っていたのですが、金沢大が実力で上手でした。それでも自分たちの全力は尽くせたので、また来年にリベンジしたいと思います。

――これから茂内選手は、これから最上級生となり部を引っ張る立場になります。今後にむけて意気込みをお願いします

今年悔しい思いをしたので、来年は必ずインカレで優勝、全日本でもメダルを取れるように、みんなをまとめていく立場として自分自身も成長していきたいと思います。

 

【シングルスカル】

片上日菜子(スポ1=今治西・愛媛)

――今大会はどのような意気込みで臨まれましたか

2000メートルを通して漕ぐということは今まであまり経験したことがなくて、最後まで漕ぎ切れるのかということが心配でした。シングルで2000メートルしっかり漕ぐことが高校の時も公式(レース)ではなく、2000メートルのシングル(を漕ぎ切ること)は初めてでした。

――1日目の大学タイムトライアルや、全日本タイムトライアルなどを突破されてきましたが、レースを重ねるごとにどのような修正をされましたか

二つ良くなったところがあります。一つ目はスタートの部分です。1本目と2本目はスタートで、もたついてしまって相手と離れてしまい、そこから盛り返すというレースでした。しかし、後半の3本目と4本目はスタートをしっかり出すことができたと思います。二つ目は最後のスパートでレートを上げる部分です。最終日にはレースの半分を過ぎたところからレートを上げて、早めにスパートすることができたと思います。

――インカレは6位と結果でしたが、この結果をどのように捉えていますか

予選の時には大学全体の5位で、結果的に6位になってしまいました。しかし、最終日のレースでは最後に競り合っていて、6位か7位かという場面で、最後必死に上げて(前の相手を)差して6位という結果になったので、出し切ることができて満足しています。

――今後の意気込みを教えてください

まだまだ筋力や体幹が弱いところがあるので、次のシーズンに向けて体の作りから変えていって、来年は表彰台に立てるように頑張りたいと思います。