メニュー

卓球部

2021.10.30

全日本学生総合選手権個人の部 10月28日~30日 埼玉・所沢市民体育館

女子シングルスはシード組5人が3回戦進出を決めた(女子)

 全日本学生総合選手権個人の部(全日学)2日目はシングルス2回戦までが行われた。早大女子部からは、前日のダブルスに出場した8人が出場。ノーシードの選手3人は1回戦を突破したものの次戦で敗退。2回戦から登場した5人が勝ち残り、翌日の3回戦に駒を進めた。

フォアハンドを構える里川(写真は初日のダブルス時)

  1回戦に勝ち、早大女子勢で最初に2回戦に登場した中島彩希(スポ3=福井・敦賀)は、Tリーガーの皆川優香(大阪成蹊大)と対戦。序盤からパワフルなドライブを打ち込まれ、2ゲームを失う。しかし続く第3ゲーム、カット打ちで粘る中島に対し、相手がミスを連発。一気に6点差をつけると、途中で追いつかれながらもこのゲームを取り切った。第4ゲームも終盤まで競り合う中、最後は相手の強気のプレーに押されるかたちで3ゲーム目を献上。結果は敗退となったが実力者を追い詰め、健闘した。

 同じく1回戦から勝ち上がった真鍋雅(スポ3=岡山・山陽女子)と福岡乃愛(スポ1=兵庫・三田学園)もゲームカウント1-3で2回戦敗退。真鍋は力強い両ハンドドライブ、カットマンの福岡はチャンスボールをバックハンドで強打するなど好プレーを見せたが、勝ち切ることができなかった。

  

 一方で、2回戦から登場したシードの5人は盤石の戦いを見せた。岩越、笹尾、黒野葵衣(スポ3=東京・武蔵野)、杉田陽南(スポ1=大阪・香ケ丘リベルテ)ら今大会団体の部でも活躍したメンバーが実力通りに勝利。さらに、フルゲームの接戦を制した里川も3回戦に進み、さらなる高みを目指す。

  

 シングルス初日を終え、女子は出場した8人中5人が勝ち残る好調ぶり。だが、この先上位シード選手との対戦機会も増え、さらに4回戦からは7ゲームスマッチになるなど、タフな試合が続くことが予想される。今シーズン、他大学に比べて多いと言える実戦経験を糧に、一戦一戦勝ち上がりたい。

 

(記事、写真 鬼頭遥南)

関連記事

全日学開幕! ダブルスは男女で明暗が分かれ(男子・女子) (10/29)

シングルス初日は3人が勝ち上がり、上位進出へ好発進(男子) (10/30)

結果

▽女子シングルス1回戦 
○ 中島彩希3-1伊藤莉愛(金城大)
○ 真鍋雅3-0熊野遥奈(高知工科大)
○ 福岡乃愛 3-0山鹿真奈(長崎大)

▽女子シングルス2回戦
○ 岩越帆香3-1野上つぼみ(同志社大)
○ 笹尾明日香3-0麻菜々子(立命館大)
○ 黒野葵衣3-0上島優理(東北福祉大)
○ 里川奈優3-2松島由佳(同志社大)
○ 杉田陽南3-1津田菜穂(同志社大)
● 中島彩希1-3皆川優香(大阪成蹊大)
● 真鍋雅1-3石田瑳歩(中京大)
● 福岡乃愛 1-3(同志社大)