メニュー

卓球部

2021.10.30

全日本学生総合選手権個人の部 10月28日~30日 埼玉・所沢市民体育館

シングルス初日は3人が勝ち上がり、上位進出へ好発進(男子)

 全日本学生総合選手権個人の部(全日学)2日目はシングルス2回戦までが行われた。早大男子部からは、前日のダブルスに出場した4人に川上尚也(スポ4=静岡学園)を加えた計5人が出場。ノーシードの選手を含む3人が2回戦を突破し、翌日の3回戦に駒を進めた。

バックハンドを打つ柏(写真は初日のダブルス時)

 この日早大男子勢で唯一のフルゲームとなったのが、柏竹琉(スポ2=JOCエリートアカデミー)の2回戦。強豪・明大の川村大貴と熱戦を演じた。試合は第1、第2ゲームを連取され、いきなり相窮地に。しかし、ここで相手に流れを渡さなかった。チキータを使ったレシーブからラリーに持ち込む展開を得点源とし、2ゲーム差を挽回。迎えた最終ゲームは相手のマッチポイントを2度しのぎ、最後はドライブを打ち抜いた。フルゲーム11-11にもつれた大接戦を逆転で制し、渾身(こんしん)のガッツポーズを決めた。柏の他に、シードの川上と初戦を突破した岩永宜久(スポ3=福島・帝京安積)の2人が2回戦を危なげなく勝利し3回戦へ。ランク入り(ベスト8)まであと3勝。一戦一戦勝ち星を重ねたい。

 一方で、福田純大(スポ4=福岡・希望が丘)と杉本和也(スポ2=福岡・希望が丘)は1回戦敗退と、前日のダブルスに続き実力を出し切れなかった。杉本は、1回戦で過去に一度敗れた西田光輝(大阪経済法科大)と対戦。高速なラリーを展開され第1ゲームを落とすと、第2ゲームではサーブレシーブや3球目攻撃など、早い段階でポイントを重ねていった。このゲームをものにした杉本だが、ラリーの精度で相手が上回った。第3ゲームを奪われ後がなくなると、第4ゲームも序盤からリードを許した。マッチポイントを握られてから3連続でポイントし9-10まで迫ったが、最後は強打をカウンターでブロックされ反撃ならず。ライバルに負け越す結果となった。

  

 シングルス初日を終え、男子は出場した5人中、川上、岩永、柏の3人が勝ち残った。この3人について永山健一男子監督(平12政経卒=福島・磐城)は「良いプレーで勝ち残っている」と評価。この日の試合を終え、男子シングルスはベスト64が出そろっており、続く3回戦以降はさらにハイレベルな戦いが予想される。上位にどれだけ食い込むことができるか。全日学後半戦も注目の試合が続く。

(記事、写真 鬼頭遥南)

関連記事

全日学開幕! ダブルスは男女で明暗が分かれ(男子・女子) (10/29)

結果

▽男子シングルス1回戦 
○ 岩永宜久3-1大澤翔吾(八戸工大)
○ 柏竹琉3-0服部太喜(中京学大)
● 福田純大1-3天野一樹(関学大)
● 杉本和也1-3西田光輝(大阪経済法科大)

▽男子シングルス2回戦
○ 川上尚哉也3-0丸谷舜也(札幌大)
○ 岩永宜久3-1小池皓(北陸大)
○ 柏竹琉3-2川村大貴(明大)

コメント

永山健一男子監督(平12政経卒=福島・磐城)

――全日学前半戦の総評をお願いいたします

ダブルスは2組、シングルスは5名出ていたのですが、ダブルスはもう少し勝ち残れるペアもあったのかなというところがあります。3回戦までには全て敗退してしまったのは、準備不足だったのか相手の研究不足だったのかは定かではないですが、残念な結果だったと思います。シングルスについては2回戦を突破したのが3名いましたが、2年生の杉本が1回戦(敗退)で。昨日のダブルスも最後あまり雰囲気的には良くない感じで負けてしまって、それを引きずる感じでの今日の入りで。結果、内容もそのまま引きずったような雰囲気で負けてしまったというのが残念だったと思います。彼はこれから全日本選手権の予選もあるので、気を取り直して頑張ってほしいと思います。勝ち残った3名は良いプレーで勝ち残っていると思いますので、明日、ぜひ勝ち残って最終日のベスト4に入ることができるように頑張って行きたいと思います。