メニュー

卓球部

2021.10.29

全日本学生総合選手権個人の部 10月28日~30日 埼玉・所沢市民体育館

全日学開幕! ダブルスは男女で明暗が分かれ(男子・女子)

 シングルス、ダブルスで学生王者を決める全日本学生総合選手権個人の部(全日学)が開幕した。大会初日は男女ダブルス3回戦までが行われ、早大からは男子2ペア、女子4ペアが出場。男子ダブルスは2試合目でともに逆転負けを喫し、初日で終幕と悔しい結果に。その一方で、女子は出場4ペア中3ペアが翌日の4回戦に駒を進めた。

レシーブする岩永

 福田純大(スポ4=福岡・希望が丘)・岩永宜久(スポ3=福島・帝京安積)組は1回戦、立命館大ペアと対戦。第1ゲームから互いに点を取り合った。3度デュースを迎えた13点目でゲームポイントを握ると、岩永のサーブを相手がレシーブミスし、このゲームをものにする。その後は第2ゲームこそ落としたものの、ラリーでポイントを重ね2ゲームを連取。3-1で勝利し2回戦に進んだ。しかし、続く2回戦はゲームカウント1-0から相手の巻き返しを許す展開に。「サーブレシーブや早い段階でミスしてしまったり、相手に強打を打ち込まれたりしてしまって」(岩永)と、得点源のラリーにつなげることができなかった。第2ゲーム以降は主導権を握ることができず、試合は徐々に相手のペースに。3-11、4-11、7-11で3ゲームを奪われ、2回戦敗退となった。

 柏竹琉(スポ2=JOCエリートアカデミー)と杉本和也(スポ2=福岡・希望が丘)の2年生ペアは2回戦から登場。終始リードで初戦を突破すると、続く2回戦も第1ゲームを先制。しかし「チャンスがある場面も多くそこで決めきれていれば」(柏)と振り返るように決める打球でのミスが響いた。第2ゲームを僅差で落とすと流れは相手ペアに。1-3で敗れ、惜しくもベスト16入りを逃した。



初戦、相手からポイントを奪いガッツポーズをみせる笹尾

 出場4ペアが2回戦スタートとなった女子ダブルス。中でも岩越帆香主将(スポ4=福岡・希望が丘)・笹尾明日香(社4=神奈川・横浜隼人)組は、今大会第1シードに入っており、上位進出が期待された。しかしその初戦、普段の安定感が影を潜めた。互いにミスが目立ち、いきなり2ゲームを奪われてしまう。まさかの展開となり大会関係者や選手たちの注目が集まる中、ラリーの精度を上げていき、なんとか2ゲームを取り返す。最終ゲームは11-9とし、苦しみながらも初戦を突破した岩越・笹尾組。勝利の瞬間には安堵の笑顔を見せた。

 また、6月の関東学生新人戦でともにベスト8入りを果たした里川奈優(スポ2=高知・明徳義塾)・杉田陽南(スポ1=大阪・香ケ丘リベルテ)組と、カットマンでペアを組んだ黒野葵衣(スポ3=東京・武蔵野)・中島彩希(スポ3=福井・敦賀)組の2ペアは、2回戦、3回戦とも快勝。岩越・笹尾組も3回戦はストレートで勝利し、計3ペアがベスト16入りを果たした。一方で、攻撃型とカットマンのペアで2回戦を突破した真鍋雅(スポ3=岡山・山陽女子)・福岡乃愛(スポ1=兵庫・三田学園)組は3回戦で強豪・中大のペアと対戦。ゲームカウント0-2で迎えた第3ゲームでは、初めてゲームポイントを握るも、最後は打球が台からアウトし自滅するかたちに。1ゲーム奪取にあと一歩及ばず、3回戦敗退となった。

 初日を終え、男女ダブルスは女子3ペアが3回戦を勝ち抜いた。男子は実力を出し切れない結果となったが、2日目からはシングルスの戦いが始まる。選手たちの言葉どおり、「向かっていく」気持ちで上位進出を狙いたい。

(記事 鬼頭遥南、写真 鬼頭遥南、大島悠希氏)

コメント

岩永宜久(スポ3=福島・帝京安積)

――今日の試合を振り返っていかがですか

1回戦から競って1回戦は勝ち切れたので良かったと思いますが、2回戦はリードしているところから挽回されてしまって、挽回されたところから立て直せずにお互い進んでいっちゃったのでそこが良くなかったなと。

――改善点を挙げるとしたらどういった点ですか

ラリーだったらお互い得点できていたのですが、ラリーになる前のサーブレシーブや、早い段階でミスしてしまったり相手に強打を打ち込まれたりしてしまって。もっとサーブレシーブから自分たちが有利にできれば良かったかなと思います。

――シングルスに向けて意気込みをお願いいたします

1試合1試合勝ち上がれるように、向かっていけるように頑張ります。

柏竹琉(スポ2=JOCエリートアカデミー)

――今日の試合を振り返っていかがですか

1ゲーム目取って2ゲーム目もリードしていて、2ゲーム目取れていたら勝てる可能性もかなり上がっていたので、チャンスがある場面も多くそこで決めきれていれば勝てたなと思いました。2ゲーム目取れなかったのがかなり痛いです。

――ダブルスに向けてはどのような練習をされてきましたか

 ゲーム練習、練習試合を中心に練習していました。練習からゲームに近い感覚でやりたかったので。

――シングルスに向けて意気込みをお願いいたします

優勝します!

杉本和也(スポ2=福岡・希望が丘)

――今日の試合を振り返っていかがですか

パートナーは良かったのですが、自分がめちゃくちゃミスしました。リードしていたのに1本入れられなかったのは自分のせいでした。

――シングルスに向けて意気込みをお願いいたします

自分は1回戦突破できるように。(1回戦の相手は)中学の時に1度負けたことがあるので。あとは、ダブルスで全然力を出し切れなかったので、向かっていく立場だと思って試合をしたいと思います。