メニュー

野球部

2021.10.21

東京六大学秋季リーグ戦 10月20日 神宮球場

投手陣が無失点リレーも打線が沈黙 優勝に向け手痛い引き分け/法大2回戦

TEAM
法 大
慶 大
(慶)増居、森田、橋本達―福井
◇(二塁打)下山

 前日に行われた東京六大学秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)法大1回戦は、相手エース・三浦銀二主将(4年)を攻略し大勝した慶大。しかしこの日は一転し、手に汗握る投手戦となった。中1日での登板となった先発・増居翔太(3年)が6回無失点の力投を見せ、その後を受けたリリーフ陣も得点を許さない。しかし、この秋絶好調の法大先発・山下輝(4年)の前に打線が零封され、今季4度目の引き分けとなった。

 初めて好機をつくったのは法大。3回1死から内野安打で出塁した8番・海崎雄太(3年)を9番・山下輝が送り、両チーム通じて初めて得点圏に走者が進む。しかし、増居は1番・西村友哉(1年)を2打席連続となる三振に仕留め、このピンチをしのぐ。その後5回、6回に四球をきっかけに2死からピンチを招くが、いずれも後続を三振に取り、無失点で切り抜けた。5回以降3四球を与えるなど、2日前の立大2回戦でも先発した疲れが隠せなかったこの日の増居だったが、それでも終わってみれば6回を散発3安打で抑え、奪った三振は毎回の8個。持ち前のゲームメイク能力を遺憾なく発揮し、先発の役割を全うした。

 中盤以降も我慢比べは続く。7回は3連投となるエース・森田晃介(4年)が2三振を奪う圧巻の投球。続く8回も橋本達弥(3年)が3人で抑え、先制点を許さない。一方、投手陣の粘投に応えたい打線は7回、1死から3番・下山悠介が三塁線を破る二塁打を放ち、この日初めて得点圏に走者を進める。しかし、主砲・正木智也(4年)が三ゴロに倒れると、5番・橋本典之(4年)の捉えた当たりは三直となりこの回は無得点に終わる。

 8回には6番・廣瀬隆太(2年)の強烈な打球が失策を誘い、初めて先頭打者が出塁する。その後、犠打と進塁打で2死三塁となるが、途中出場の新美貫太(4年)が三ゴロに打ち取られ、この回も点は取れず。9回の守りは回またぎとなる橋本達がピンチを招いたが、無失点で乗り切った。その裏の慶大の攻撃は1番・渡部遼人(4年)から始まる好打順だったが、球威の衰えない山下輝を前に三者凡退。スコアレスドローとなった。

 試合前の時点で上位3チームが勝ち点0.5差以内にひしめき、優勝争いは混戦模様を見せている。それだけに勝ち点1を獲得し、一歩抜け出したかった慶大にとっては手痛い引き分けとなった。次週の立大の結果次第で求められる勝ち点は変わるが、昨秋と同じく早慶戦で優勝を争うという状況になる。悲願の連覇に向け、そして昨秋のリベンジに向け、陸の王者が宿敵撃破を誓う。

(記事 星野有哉)

関連記事

14安打11得点で完勝 リーグ戦連覇へ視界良好/法大1回戦(10/19)