メニュー

バレーボール部

2021.10.20

秋季関東大学リーグ戦 10月17日

リーグ4連勝目!多彩な攻撃で順天堂大にストレート勝利

 秋季リーグ戦で3連勝し勢いに乗る早大。4戦目は春季関東大学オープン戦で敗れた順天堂大を相手に迎えた。1セット目からサイドやミドルを使った多彩な攻撃でリードを保つ。2セット目も勢いそのままに盤石な試合運びを見せ、連取した。3セット目はサイドからのパワフルな攻撃に圧倒され序盤で連続得点されるが、着実に点を重ねて取り戻し、セットカウント3-0(25-21、25-21、25-19)でストレート勝利を収めた。

 リベロにスパイクレシーブを得意とする布台駿(社2=東京・早実)を起用し臨んだ1セット目、序盤はサイドアウト(※1)を取り合うも、大塚達宣(スポ3=京都・洛南)、重藤トビアス赳(スポ3=神奈川・荏田)、水町泰杜(スポ2=熊本・鎮西)のサイドからの攻撃を中心に少しずつ連続得点を重ね13-8とリードを広げた。相手のアウトサイドヒッターから繰り広げられるパワフルな攻撃やサービスエースで3連続得点されるが、安定したサーブレシーブから着実にサイドアウトを取る。布台の好守備や岩本大吾(スポ3=兵庫・尼崎)、伊藤吏玖(スポ2=東京・駿台学園)のミドルブロッカーで中心にそろえたブロックがプレッシャーとなり、相手のスパイクミスを誘う場面も散見された。最後まで主導権を握り、25―21でこのセットを取った。

 

公式戦で初めてスタメンに選出されたリベロの布台

 2セット目は重藤の軟打や水町のサービスエースなどで4-1とし、その後は早大リードのまま試合が進んだ。だが12-8で相手がタイムアウトを取った後、1点差にまで詰められ、一進一退の攻防となった。ここで均衡を破ったのは水町。19-18の場面でこのセット2本目のサービスエースを決めたのを皮切りに、徐々に点差を広げる。大塚のスパイクやワンポイントブロッカーとして起用された上條レイモンド副将(スポ4=千葉・習志野)のブロックで得点を重ね25-21とした。

 

サーブを放つ水町

 続く3セット目では2-1でスパイクをシャットアウトされたのを機に、サーブやスパイクで守備を乱され3-7に。相手有利の展開に持ちこまれた。しかし焦ることなく2枚以上のブロックをそろえ、ワンタッチを取って攻撃につなぎ順調に点を重ねる。水町の3本目のサービスエースで11-9とし、タイムアウトを取らせる。攻撃側が相手に切り替わるトランジションの場面でもスパイクを落とすことなく、連続得点しリードを広げた。最後は伊藤吏玖(スポ2=東京・駿台学園)と、終盤でコートに入った山田大貴(スポ2=静岡・清水桜が丘)のブロックで、25―19としストレート勝利を飾った。

 相手の力強いスパイクに圧倒された場面もあったが、鋭い攻撃もブロックとフロアディフェンスが連携して丁寧に拾い、クイックやバックアタックなど持ち前の多彩な攻撃につなぎ勝利をつかみ取った。秋季リーグ戦4連勝目となった今回の試合の勢いを絶やさず、このまま快進撃を続けてほしい。

(記事 鈴木萌 写真 西山綾乃)

 
(※1)サイドアウト…サーブレシーブ側のチームがラリーを制し得点すること

セットカウント
早大 25-21
25-21
25-19
順天堂大
スタメン
アウトサイドヒッター 大塚達宣(スポ3=京都・洛南)
アウトサイドヒッター 水町泰杜(スポ2=熊本・鎮西)
ミドルブロッカー 岩本大吾(スポ3=兵庫・市立尼崎)
ミドルブロッカー 伊藤吏玖(スポ2=東京・駿台学園)
オポジット 重藤トビアス赳(スポ3=神奈川・荏田)
セッター 佐藤玲(社3=東京・早実)
リベロ 布台駿(社2=東京・早実)
コメント

伊藤吏玖(スポ2=東京・駿台学園)

――今日の試合を振り返っていかがでしたか

ネット際の攻防やブロックではミスが目立ってしまい、自分としてはまだまだの出来だと感じました。

――今回の相手のチームの特徴を教えてください

とにかくサイドの攻撃が速くて、ラリー中でもレフトからもライトからも攻撃を仕掛けてくるので、総じて攻撃力が高い印象があります。またリベロの選手が上手で、ディフェンスも強いと感じます。

――春季オープン戦では順天堂大に敗北しましたが、今回の試合に向けて対策などされていましたか

対策というよりは、自分たちの戦い方を明確にして、それをしっかり全うすることを意識して練習していました。具体的には、ブロックがレシーブの邪魔をしないように連携を強めるなど、トータルディフェンスを意識していました。

――チームとしてのブロックの調子はどうでしたか

ブロックがバタバタすると隙をつくってしまうことになり、相手にそこを突かれてしまうので、こちらのチームに余裕をつくるためにも2枚、3枚しっかりつくようにしていました。

――サーブの調子はどうでしたか

天皇杯のときに終盤でサーブのミスがあったのもあって、今回は試合のリズムを崩さないことを意識してフローターサーブのコースをしっかり打ち切るようにしていました。

――今日のチームの評価と、個人の評価をそれぞれ教えてください

3セット目の序盤で相手に攻められたりもしましたが、その後しっかり追いついてリードする展開を作れたので、チームとしては80点、90点の出来だと思います。個人としては、ブロックのミスなどもあったので60点、70点くらいかなと思います。

――次の試合への意気込みをお願いします

相手が変わると戦い方もまた変わってはきますが、やはりどんな相手でも自分たちの強みを生かして戦うことが大事だと思うので、そこを意識していきたいです。

布台駿(社2=東京・早実)

――今日の試合を振り返っていかがですか

スタートから自分が出るとなって、自分の持てる力を全力で出し切ろうと意識して試合に臨んでいました。

――公式戦でのスタメンは初めてですか

そうですね。春も怜音(荒尾、スポ2=熊本・鎮西)がだめだったときに自分が出たくらいでしたね。その後は自分のけがもあったので、翼(浅野、スポ1=宮城・東北)が出ていました。

――緊張されましたか

めちゃくちゃ緊張しました(笑)。

――メンバーからはどのような声掛けをされましたか

みんな「思い切って大丈夫」と言ってくれました。松井さん(泰二監督、平3人卒=千葉・八千代)からもそう言われて、とりあえず声を出して雰囲気だけは作ろうと意識していました。

――布台選手は今までコートに立つ機会があまりありませんでしたが、同期や後輩が試合に出る姿を見て悔しさを感じたことはありましたか

そうですね。自分の良さが出せていない時期が続いたので、それは悔しかったですね。

――スパイクレシーブでの活躍が光っていましたが、何か対策はされていましたか

僕、ディグの方が得意なんですよ。そこは自分の持ち味を出せたかなと思います。

――今日のご自身のプレーをどう評価していますか

67点くらいですね(笑)。リベロってチームを引っ張っていかないといけないポジションだと思うのですが、今日はリードしてもらった部分が大きいので、自分主導で動かしていければ良かったなと思いました。

――次の試合に向けて意気込みをお願いします

ベンチに入っていてもムードメーカーなので、いつ出ても良いように準備して、出たときには雰囲気を変えられるように頑張ります。