メニュー

レスリング部

2021.10.17

全日本学生選手権 10月14日 東京・駒沢体育館

深田がインカレ優勝! 早大勢は初出場の4選手がメダルを獲得

 大会2日目を迎えた全日本学生選手権(インカレ)。この日は男子フリースタイルのベスト16以降の試合が行われた。早大からは前日の戦いを勝ち抜いた4人が出場。そのうち藤田颯(スポ2=埼玉・花咲徳栄)、山倉孝介(スポ2=千葉・日体大柏)、計良涼介(スポ1=埼玉・花咲徳栄)の3人は準決勝で敗れ3位に。一方で唯一決勝に進んだ深田雄智(スポ2=千葉・日体大柏)は、接戦を制し優勝。初挑戦となった74キロ級で学生王者に輝いた。

決勝で相手を攻める深田

 持ち味の「攻撃的なレスリング」を全試合で発揮した。1回戦から5試合(うち1試合は不戦勝)を危なげなく勝ち進んだ深田は、決勝で小柴伊織(日体大)と対戦。第1ピリオドは膠着(こうちゃく)した展開が続く中、パッシブをとられ1点を失う。その1点を追う第2ピリオド、深田の片足タックルが試合を動かした。この攻撃の流れで2点を奪うと、さらに1分半後、相手の攻撃に合わせてカウンターを仕掛け2点を追加。3点差をつけてラスト1分を逃げ切った。

 深田は今年春の怪我がきっかけで体作りに取り組み、昨年の65キロ級から2階級アップ。怪我からの復帰戦で優勝という結果を残したことを収穫とした一方、階級慣れを今後の課題に挙げた。五輪階級でもある74キロ級でさらなる高みを目指す。

 70キロ級でシード外から勝ち上がった計良は、決勝進出にあと一歩及ばなかった。永松麗(徳山大)との準決勝、小刻みにポイントを重ねて、第2ピリオド終盤には8―4と大きくリード。しかし、この点差が裏目に出た。「ここで1回くらいポイントを取られても大丈夫だろう」(計良)という気の緩みから、ラスト1分で5失点。勝利目前でまさかの逆転負けを喫した。

準決勝で相手のタックルを受ける山倉

 61キロ級の藤田と79キロ級の山倉は、準決勝でそれぞれ全日本チャンピオンと対戦。強敵に対して「テクニック的にも体力的にも負けていた」(山倉)。技を繰り出せず、両者とも無得点で完敗。藤田が対戦した榊流斗(山梨学院大)、山倉が対戦した高橋夢大(日体大)はいずれも今大会を制しており、その実力を見せつけられた。

 2日間にわたるインカレ男子フリースタイルの戦いが幕を閉じた。優勝争いに絡むと期待された上級生が早い段階で敗退し、優勝者は深田ただ一人と、チームとしては少し物足りない結果に。しかし、久しぶりの大会でそれぞれが成長を実感する部分もあった。準決勝で敗れた計良は、3回戦では高校時代に負け越した高田煕(日体大)に10-3で勝利。序盤から自分のペースを握る展開に「(今大会で)1番手応えを感じた」(計良)。11月には、大学対抗で成績を競う内閣総大臣杯全日本大学選手権が控えている。前回の総合4位を上回ることはできるか。インカレで見つかった課題を修正し、チーム力の底上げにつなげたい。

メダルを獲得した選手たち(藤田は表彰式不参加)

(記事 鬼頭遥南 写真 渡邉里奈、秋田豪、鬼頭遥南)

関連記事

インカレ初日は下級生が躍動するも、上級生がまさかの初戦敗退 (10/14)

コメント

深田雄智(スポ2=千葉・日体大柏)

――優勝おめでとうございます。1年ぶりの大会出場となりましたが、どんな目標で臨まれましたか

絶対に優勝するという目標でした。

――階級を上げた意図についてお聞かせください

怪我をしてしまってマットに上がれずウエートの練習が多くて、そこで体を作ろうと思い階級を2つ上げました。

――初出場のインカレ、振り返っていかがですか

練習してきた動きが出せたと思います。1回戦は動きがあまり良くなかったのですが、尻上がり感覚がつかめてきて、自分らしい攻撃的なレスリングができたと思います。

――今大会での収穫と課題はありましたか

怪我もあったので自分的には本調子の5割くらいでしたが、それでも結果が出たことが収穫だと思います。課題はいろいろありますが、階級慣れが1番必要かなと思います。階級に慣れてくればとれるところも増えてくると思うので、体作りを入念に行っていきたいです。

――今後への意気込みをお願いいたします

今回優勝できたのは組み合わせも良くて運も味方したところが大きかったので、この先の大会で実力を証明したいというのと、1人学生で強い選手が今回は世界選手権に出場していたので、その選手を倒せるようにしたいです。

山倉孝介(スポ2=千葉・日体大柏)

――大会を終えて率直な感想をお願いします

悔しいというのが率直な感想です。自分の技が通用しなくてまだまだだと思いました。

――準決勝で対戦した相手が優勝しましたが、相手の印象をお聞かせください

相手は全日本選手権でもチャンピオンだったので、準決勝が山場だとは思ってました。しかし、テクニック的にも体力的にも負けていて、試合を決め切れなかったです。この負けを噛みしめて、もっと練習していきたいです。

――先日の全日本大学グレコローマン選手権に出場した理由をお聞かせください

調整のためです。とは言え良い成績が出せなかったのは残念でした。

――11月の大会への意気込みをお聞かせください

適正階級ではない86キロ級で出るんですけど、去年は3位だったということで良い成績を出したいです。

計良涼介(スポ1=埼玉・花咲徳栄)

――1年生でインカレ初出場となりました。大会を振り返っていかがですか

ここまで順調にきていたのですが、最後負けた試合で自分の気持ちの弱さが出てしまいました。どうせ勝てるだろうという気持ちがあり、結果情けない試合をしてしまい、悔しいし反省しています。

――同じ階級には鈴木歩夢(スポ3=埼玉栄)選手も出場していましたが、どのような目標で臨みましたか

鈴木選手と対戦するだろうと思い、試合を進めていました。同じ階級に先輩がいることで練習のモチベーションも上がり、2人で頑張ろうという雰囲気ができたので良かったです。

――シードの選手を倒して勝ち上がりました。手応えは感じましたか

シードの選手を倒したことよりも、その次の試合で高校のときにずっと負けていた高田選手(高田熙、日体大)に勝てたことが1番手応えを感じました。

――高田選手との試合で印象に残ったことは

初めにポイントを取って、そこから自分のペースに持っていくことができました。そこが1番大きなポイントだったと思います。

――準決勝では逆転負けとなりましたが、敗因を挙げるとしたらどのような点ですか

決勝に向けて体力を残そうという気持ちや、点差も開いていたのでここで一回くらいポイントを取られても大丈夫だろうという気持ちがあって、負けてしまいました。

――今大会の収穫はありますか

今まで緊張して試合に臨んでいました。今回はもちろん良い緊張感はありましたが、体に影響が出るほどの緊張をしないようにメンタルをコントロールできたことです。また、1年生でメダル獲得まで繋げられたことが今後のモチベーションになると思います。

――最後に今後への意気込みをお願いします

まだ今年最後の大会である天皇杯が残っているので、それに向けて今回の課題を克服していきたいと思います。そして、天皇杯で3位以上、目指すは優勝できるように頑張ります。