メニュー

野球部

2021.10.16

東京六大学秋季リーグ戦 10月16日 神宮球場

負けられない首位攻防戦 打線がつながり逆転勝利を挙げる/立大1回戦

TEAM
立 大
慶 大 ×
(慶)森田、○渡部淳、笠井、生井―福井
◇(二塁打)若林(三塁打)萩尾

 現在勝ち点5で東京六大学秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)首位を走る立大との大事な1戦。慶大が見事逆転勝利を手にした。序盤に橋本典之(4年)の適時打と正木智也(4年)の犠飛で先制するが、4回は立大の打線につかまり一挙4点を失う。流れは立大へ傾いたかと思われたが、下位打線がつなぎ、6、7回の2イニングで6点を奪う。3番手の笠井建吾(4年)が1点を返されるも、生井惇己(3年)とともにしっかりとリードを守り抜いた。

 初回は両先発ともに3者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せる。2回、先制点を奪ったのは慶大。先日のドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから2位指名を受けた正木が出塁すると、若林将平(4年)が四球を選び1死一、二塁とチャンスをつくる。続く橋本典が右前適時打を放ち1点を先制した。3回にはオリックスバファローズから4位指名を受けた渡部遼人(4年)が出塁すると、古川智也(3年)の犠打で進塁、正木の犠飛で追加点のホームを踏んだ。

 


先制の適時打を放つ橋本典

 しかし立大打線も黙ってはいない。森田は2死から山田健太(3年)と太田英毅(4年)に四球を与えると、黒岩陽介(3年)に右中間に落ちる適時二塁打を許し同点とされる。さらに井上剛(3年)に左越え適時二塁打、池田陽佑(2年)に右前適時打を許し勝ち越される。なんとか反撃したい慶大だが、テンポをつかんだ池田陽と立大の好守備に阻まれ突破口を開くことができない。5回には代打で登場した廣瀬隆太(2年)の安打と下山悠介(3年)の四球で得点圏に走者を置き正木の打席となるが、遊飛に倒れ森田を援護することは叶わなかった。

 


適時打を放ち喜ぶ廣瀬

 だが後半に入り、慶大の打線がつながった。6回、若林が左翼線二塁打で出塁すると、続く橋本典と朝日晴人(3年)が痛烈な打球で内野安打をもぎ取り1死満塁とビッグチャンスをつくる。ここで代打の北村謙介(3年)が中前適時打を放ち、なおも満塁の状態が続く。打順はトップに返り、1番渡部遼。犠飛でさらに1点を追加すると、続く廣瀬が左前適時打を放ち、この回で逆転に成功した。止まらない慶大打線は7回にさらに3点を追加した。

 7回に立大の上位打線をわずか6球で抑えた笠井は8回も続投。しかし太田に左翼線二塁打を許し、吉岡広貴(3年)の適時打で1点を返されたところで4番手・生井にマウンドを託す。生井はしっかりと後続を打ち取り、9回も無失点で切り抜ける見事な投球を披露した。

 


無失点の好救援を見せた渡部淳

 終わってみれば10安打8得点。途中出場の廣瀬、北村に適時打が生まれるなど、まさに「全員野球」でつかみ取った勝利だ。首位立大から2勝を挙げればリーグ戦春秋連覇に大きく近づけるうえ、プロ入りを控えた2人の剛腕投手率いる法大戦にもいい流れで臨むことができる。正木や廣瀬のアーチにも期待しながら、つなぎの野球で着実に1点を取りにいきたい。

(記事 槌田花、写真 湊紗希)