メニュー

野球部

2021.10.16

東京六大学秋季リーグ戦 10月16日 神宮球場

9回2死から4者連続適時打で逆転 齋藤正が初勝利挙げる/明大1回戦速報

TEAM
早 大
明 大
(早)徳山、清水成、ユエン、原、加藤、○齋藤正、西垣―岩本
◇(二塁打)今井、岩本(三塁打)丸山(本塁打)今井2号ソロ(4回)、3号ソロ(6回)

 負ければ上位争いから後退する早大は、ここまで2勝2分で勝ち点3の明大との一戦に臨んだ。

 中3日で先発のマウンドに立った徳山壮磨(スポ4=大阪桐蔭)だが、この日は明大打線に10安打を許す苦しい展開に。5回の打席で代打を告げられ、4回5失点という結果に終わった。その後は6投手の継投で追加点を与えず、無失点でしのいだ。

 

4回に本塁打を放った今井

 一方の打線はこの日、4番に座った今井脩斗(スポ4=埼玉・早大本庄)が2打席連続のソロ本塁打で反撃。8回にも今井の適時打で2点差に詰め寄ると、9回に中川卓也(スポ3=大阪桐蔭)、今井、丸山壮史主将(スポ4=広島・広陵)、岩本久重副将(スポ4=大阪桐蔭)の4者連続適時打で逆転に成功。最後は西垣雅矢(スポ4=兵庫・報徳学園)が締め、劇的な逆転勝利を挙げた。

(記事 足立優大、写真 髙橋優輔)