メニュー

野球部

2021.10.12

東京六大学秋季リーグ戦 10月12日 神宮球場

両校決め手を欠き得点を奪えず DeNAドラ2ドラ4対決は引き分けに/法大1回戦詳報

TEAM
早 大
法 大
(早)徳山、原、加藤―岩本

 東京六大学秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)優勝に向け、もう負けられない早大は3人のプロ指名選手を擁する法大との一戦に臨んだ。試合は前日のプロ野球ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから2位で指名された徳山壮磨(スポ4=大阪桐蔭)と4位指名・三浦銀二主将(4年)が力投し、白熱した投手戦に。両校とも少ない好機をものにすることはできず、0-0の引き分けとなった。

 先発した徳山は初回、先頭の西村友哉(1年)に右翼線への二塁打を打たれるも後続を2つの三振と遊飛に切って取り、まずまずの立ち上がりを見せる。その後は140キロ台中盤の直球とスライダーが冴えわたり5回までに8三振を奪うなど好投。ドラフト2位の貫禄を示した。しかし、徳山を援護したい打線は相手先発・三浦を打ち崩すことができない。ストライク先行のテンポのいい投球に翻弄(ほんろう)され、6回2死まで三浦に完全投球を許した。

 

7回無失点と好投した徳山

 

 ようやく6回に徳山、7回に中川卓也(スポ3=大阪桐蔭)に安打が生まれたものの、得点に結びつかない苦しい展開が続く。すると、その裏死球と暴投で1死三塁のピンチを招く。しかし熊田任洋(スポ2=愛知・東邦)が三遊間への遊ゴロを落ち着いて処理し、三塁走者を封殺。得点を許さなかった。均衡を破りたい打線は8回、先頭の福本翔(社4=東京・早実)今井脩斗(スポ4=埼玉・早大本庄)の左前打で好機を演出する。ここで打席に立つのは徳山の代打・小野元気(人4=千葉・芝浦工大柏)。しかし縦の変化球にバットが空を切り、三振を喫する。次打者の鈴木萌斗(スポ4=栃木・作新学院)が四球でつなぐも、中川卓は初球を打ち上げ三邪飛に。9回も7球で三者凡退に終わり、この日は三浦から1点も奪うことができなかった。一方、徳山の後を継いだ原功征(スポ3=滋賀・彦根東)加藤孝太郎(人2=茨城・下妻一)は終盤の2イニングを、走者を出しながらも無失点で切り抜け、責任を果たした。

 

好機で倒れうなだれる中川卓

 

 東大戦2試合で計42得点を挙げた早大。課題の得点力不足が解消されたかに思われたが、この試合ではまたしても好機での『あと一本』に泣くことになった。明日の先発が予想される山下輝(4年)を始め、明大の竹田祐(4年)など好投手との戦いが今後も続く。作った好機をどう得点につなげるか。優勝戦線に食らい付くためにはここの修正が鍵となる。しかし、この試合で見せた徳山の投球は圧巻だった。春季リーグ戦とは別人の投球で、実力を存分に発揮した。投手陣の調子は好調なだけに打線の奮起に期待がかかる。

(記事 永田悠人、写真 足立優大)

             黄字は打点付き

早大打者成績
打順 守備 名前
1 (中) 鈴木萌斗 3 0 0 .208 左飛     投ゴ   遊飛   四球  
2 (三) 中川卓也 4 1 0 .294 中飛     左飛     右安 三邪  
3 (右) 蛭間拓哉 4 0 0 .318 一邪     空三     二ゴ   右飛
4 (捕) 岩本久重 4 0 0 .273   一邪     見三   空三   空三
5 (二) 丸山壮史 4 0 0 .182   一ゴ     二ゴ   一ゴ   捕邪
6 (左) 福本翔 3 1 0 .471   一ゴ     中飛     左安  
7 (遊) 熊田任洋 2 0 0 .188     空三     三飛   一犠  
8 (一) 今井脩斗 3 1 0 .643     中飛     右飛   左安  
  神林壮真 0 0 0                  
  生沼弥真人 0 0 0 .250                  
9 (投) 徳山壮磨 2 1 0 .375     空三     中安      
  小野元気 1 0 0 .000               空三  
  原功征 0 0 0                  
  加藤孝太郎 0 0 0                  
早大投手成績
名前
徳山壮磨 3 1 1 7 2 3 8 0 0 2.21
原功征 2 0 0 1 2/3 1 1 0 0 0 0.00
加藤孝太郎 2 0 0 1/3 0 0 0 0 0 6.75
東京六大学秋季リーグ戦星取表
順位   立 大 慶 大 明 大 早 大 東 大 法 大 勝ち点 勝率
立 大     ○4-0
○5-2
○15-6
●4-7
○8-3
○4-1
.833
慶 大   △4-4
△2-2
  ○15-1
○4-1
  1.00
明 大   △4-4
△2-2
  ○9-0
○22-0
  1.00
早 大 ●0-4
●2-5
    ○23-1
○19-0
△0-0 2.5 .500
東 大 ●6-15
○7-4
●1-15
●1-4
●0-9
●0-22
●1-23
●0-19
  .125
法 大 ●3-8
●1-4
    △0-0   0.5 .000
関連記事

両大学先発陣がそろってドラフト指名! DeNAドラ2徳山、ドラ4三浦の投げ合いにも注目/法大戦展望(10/11)

コメント

徳山壮磨(スポ4=大阪桐蔭)

――本日の試合の振り返りをお願いします

今日は相手先発も銀二(三浦銀二主将、4年)ということで、同じチームに入ることになった投手には絶対に負けないでおこうという気持ちで投げました。結果は0−0で終わってしまったのですけど、勝てた試合だなと自分は思いました。

――岩本久重副将(スポ4=大阪桐蔭)とはバッテリーとしてどのような話をして試合に臨まれましたか

法大打線は初球からどんどん振ってくるので、変化球を交えて打者を見ながら投げていこうという話をして投げました。

――試合ではスライダーが良かったと思いますが、どのような球種を投げていこうという話はありましたか

今日変化球はフォークもスライダーも雨の中だったのですけど、うまくコントロールできていました。ストレートも悪くなかったですし、全体的にまとまっていたので、どの球種もカウントを取れたり、決め球に使えたというのが大きかったなと思います。

――7回にピンチを背負った場面での投球がありました

先頭を死球で出して嫌な雰囲気でしたが、点を与えることは自分の立場として絶対にダメだと思いました。なんでもいいから無失点にという気持ちで投げた結果抑えられたので、良かったと思います。

――背番号11を背負うエースとしての投球でしたが、いかがでしたか

残り試合もわずかということになってきていたので、自分としてはエースらしく堂々と投げた試合は全て投げてチームを勝利に導くというのが役目だと思っているので、それを最後まで全うしたいなと思います。

――チーム初安打は徳山選手からでした

ノーヒットで5回まできていたので、なんとしてもヒット一本を打って少しでも流れをという気持ちで打席に入ったので、折れながらでしたけど一本打てたのは良かったのかなと思います。

――あとの8回、9回を投げたリリーフ陣の好投についてはいかがですか

いい準備をしてくれたので原(功征、スポ3=滋賀・彦根東)もよく投げたと思います。

――加藤孝太郎選手(人2=茨城・下妻一)についてはいかがですか

ピンチで一本打たれたらサヨナラという場面で、本当によく投げたと思います。良かったです。

――優勝に向けて必ず勝ち点1が欲しい試合でしたが、それについてチームとしていかがですか

お互いとも厳しい状況なので、明日勝って今日の引き分けが良かったと思えるようにやっていかなければならないので、一戦必勝で明日勝ちたいと思います。

――明日に向けて投げられる準備はしますか

そうですね。します。

――昨日のプロ野球ドラフト会議で同じく横浜DeNAベイスターズから指名された三浦選手との投げ合いでしたが、何か意識はされましたか

一相手チームと思って投げました。行くところが一緒になったというだけなので、同じチームになったからというのはないです。

――チームとして明日の試合にはどのように臨みますか

引き分けたので、勝つということをミーティングでも話しました。どんなかたちでも勝てるように頑張りたいです。

――ミーティングでは小宮山悟監督(平2教卒=千葉・芝浦工大柏)からどのような話をされましたか

もっと打席で誰が見ても伝わるような集中力、執着心といったものが足りないと言われたので、そこでもっと喰らいつく姿勢、攻めの姿勢を明日出せればいい方向にいくと思います。

――次の試合への意気込みをお願いします

もう負けられないので、目の前の試合に勝つことだけを考えて頑張りたいと思います。