メニュー

準硬式野球部

2021.10.11

東京六大学秋季リーグ戦 10月10日 早大東伏見グラウンド

好勝負を演じるも力尽き、早慶戦で痛すぎる連敗/慶大2回戦

TEAM
早大
慶大
(早)田中爽、安在―網野
◇(本塁打)須能(1号ソロ)(3回表)

 早慶戦の初戦を落とし、東京六大学秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)の優勝に向けて後がない早大。この2回戦で勝利し、優勝への望みを繋ぎたいところだったが、好機を生かしきれず、悔しい敗戦を喫した。早大は3回、須能浩太郎副将(商4=東京・早実)がソロを放ち先制に成功する。しかし、直後に内野安打などで逆転を許す。それでも4回には満塁の好機を作ると、篠原大成(教4=大阪・早稲田摂陵)が押し出し四球を選び、すぐさま同点に追いついた。この後は両チームの投手が奮闘し、同点のまま試合は終盤へ。何とか勝ち越したい早大だったが、8回に犠飛で勝ち越しを許すと、9回の攻撃は三者凡退に倒れ試合終了。早慶戦であまりにも痛い連敗を喫し、秋季リーグ戦の優勝が大きく遠のく結果となった。

先制のソロを放った須能副将

 早大の先発は前回登板で好投した田中爽稀(法4=神奈川・柏陽)。田中爽は初回、2本の内野安打などで無死一、三塁のピンチを招くも、後続打者を打ち取り、先制点を許さない。すると3回表、2死から2番・須能副将が右翼方向へ完璧な一発を放ち先制に成功した。だが、直後の3回裏、先頭打者にバントヒットを許すと、後続打者の内野安打に守備の乱れが重なるなどし、2死一、三塁のピンチを招く。この場面で打ち取ったかに思われた相手4番の打球は三遊間へ。遊撃手・渡部椋雅主将(商4=神奈川・桐光学園)が好守を見せるも及ばず、内野安打となり同点とされた。すると、続く5番打者には右中間への適時打を放たれ、勝ち越しを許した。不運な形での失点となった田中爽は、3回2失点でマウンドを降りた。

 それでも、早大はすぐに反撃した。4回、一死から関大輝副将(基理4=茨城・江戸川学園取手)が敵失を誘い出塁すると、渡邉真之介(社2=早稲田佐賀)のバントヒットなどで2死満塁とする。ここで、早大ベンチは田中爽に代えて篠原を打席に送り込む。非常に緊迫した場面だったが、篠原は冷静に四球を選び、同点に追いついた。なおも好機が続き、勝ち越したい早大だったが、後続が倒れこの回の攻撃は終了。一気に勝ち越しとはならなかった。すると、ここで雨脚が強まり試合が一時中断となった。

連日の好投を披露した安在

 約30分間の中断を挟んだ4回裏からは、前日に好投した安在悠真(人3=早稲田佐賀)がマウンドへ。安在はピンチを招きながらも気迫のこもった投球で要所を締め、慶大打線の攻撃を凌ぐ。すると打線は6回表、関副将の安打や新井健太(商3=東京・早大学院)の内野安打などで無死一、三塁の絶好機を作る。この場面で打席に入った7番・渡邉の打球は右翼への飛球となる。この打球で三塁走者・関副将がタッチアップから本塁を狙うも、右翼手からの好返球に阻まれタッチアウト。なかなか勝ち越し点を奪うことができない。

2安打した関副将(写真左)

 すると8回裏、ここまで好投を続けていた安在が先頭打者に二塁打を浴びると、1死三塁とされたところで犠飛を放たれ、勝ち越しを許す。最終回の攻撃で何としても逆転したい早大は、代打として関口柊(スポ4=東京・穎明館)を送り込むなど総力戦に持ち込んだが、強力・慶大投手陣の前に三者凡退。秋の早慶戦は連敗となり、秋季リーグ戦の優勝が大きく遠のいた。

 今回の早慶戦での連敗により、早大は優勝がかなり厳しくなってしまった。加えて、宿敵・慶大が優勝を大きく手繰り寄せる姿を目前で見せつけられる形となり、早大ナインは悔しさを感じているだろう。しかし、戦いはまだ終わっていない。仮に優勝が叶わなかったとしても、4年生は自らの集大成として、下級生は4年生に対する恩返しと来年以降の躍進のため、一つでも多くの勝利、一つでも上の順位を目指していきたい。次週以降も明大、立大と実力のあるチームとの対戦が続くが、この悔しさを糧にして勝利を掴み取りたい。

(記事、写真 渡邊悠太)

コメント

須能浩太郎副将(商4=東京・早実)

――今日の試合を振り返っていかがでしたか

悔しかったですね。負けて、決まったわけではありませんが、目の前で慶大の優勝が近づく姿を負けたチームの側から見ていると『悔しい』しかないです。

――前日の敗戦から改善したことはありますか

昨日負けて、今日は本当にもう負けられないということで、ベンチ含め声も出ていましたし、勝ちたいと思う気持ちも強かったと思うので、そこは前日から改善した点かなと思います。しかし、結果負けてしまっているので、本当に悔しい試合でした。

――好機を作りながらも得点できない展開が続きましたが、チームとして焦りはありましたか

ずっと均衡して、2対2で試合が進行しているなかで、そんな簡単には勝てないと思いましたし、雰囲気は悪くなかったと思います。点は取れていませんでしたが、こちらも失点していないという展開だったので、誰一人として諦めていなかったと思いますし、チームの雰囲気としては今までで一番良い状態でできたのではないかと思います。

――連日の力投を見せた安在悠真(人3=早稲田佐賀)についてはいかがですか

正直、清水(佑樹、スポ4=早稲田佐賀)が本調子ではないなかで、安在の存在はチームとして大きいですし、長いイニングを投させる形になってしまっていますがその役割も全うして投げてくれているので、本当に良く投げてくれているなという印象です。

――3回には先制となるソロを放ちましたが感想はいかがですか

打った瞬間、久しぶりの当たりだったので嬉しかったというのがあります。

――次週以降への意気込みをお願いします

4年生にとっては残り試合が4試合と限られていますし、結果どうこうではなく最後に悔いがないように、優勝の可能性は低いかもしれませんが諦めてやるのが一番嫌なので、これから2週間、必死に練習して、最後4試合ありますが、そこをすべて勝てるようにチームとしてやっていきたいと思っています。

安在悠真(人3=早稲田佐賀)

――今日の試合を振り返っていかがですか

やはり勝ちたかったですね。『負けたら終わり』という感じだったので勝ちたかったのですが、力が及びませんでした。

――連投となりましたが身体のコンディションはいかがですか

ハリはかなりありましたが、トレーナーの山地くん(山地広大トレーナー、スポ2=神奈川・大和)がほぐしてくれたのと、あとは気持ちで投げることができました。

――マウンドに上がる際にはどのようなことを意識していましたか

これはいつも思っていることですが、低め中心に投げて、一つずつアウトを積み重ねていこうと思って投げていました。

――雨天による中断を挟んでの登板となりましたが、難しさはありましたか

中断明けに投げるのは人生で初めてかなという感じでしたが、逆にしっかりと肩を作って、先発のような気持ちで投げることができたので、あまり影響はなかったかなと思います。

――ピンチの場面ではどのようなことを考えて投げていますか

1球1球、相手がどの球を狙っているのかなどを、反応ですとか表情を見ながら考えて投げています。

――今日の試合を通して反省点はありますか

結局、8回に取られた点が決勝点になったので、それを与えてしまった自分の責任かなと思います。最後に打たれた犠牲フライを反省するのではなく、その前に打たれた二塁打を反省しないといけないと思います。

――次週以降に向けて意気込みをお願いします

残り4連勝して、頑張っていけたらと思います。