メニュー

水泳部

2021.10.08

第97回日本学生選手権 10月8日 東京辰巳国際水泳場

4種目でメダル獲得!後半戦でさらなる飛躍を /日本学生選手権2日目

 2日目は4つの種目でメダルを獲得。どの種目も混戦の中、決勝では明暗が分かれる展開となった。2日目の終了時点で男子部は125.0点で4位、女子部は108.0点で3位につけている。

☆佐藤は惜しくも表彰台届かず

 決勝に出場した佐藤

 女子400メートル自由形には佐藤千夏(スポ4=埼玉・埼玉栄)が出場した。佐藤は4月の日本選手権では、同種目でメダルを獲得した実力者。予選は2位タイで通過し、決勝に臨んだ。

 レースは150メートルまで互いをけん制し合う、横一線の展開に。前半を折り返すと、ここまで同種目2連覇を遂げている小堀倭加(近大)らが徐々にペースを上げ、先頭に立つ。一方の佐藤は300メートル通過時点で3位につけた。しかし、後半で猛烈な追い上げを見せていた望月絹子(神大)にゴール目前で追いつかれる。最後はわずか0.05秒差で4位となった佐藤。次に出場する800メートル自由形では笑顔で泳ぎ切る姿を期待したい。

☆牧野は200メートルバタフライで銅メダル!

決勝で力泳を見せた牧野

 女子200メートルバタフライには牧野紘子女子主将(教4=東京・東大付中教校)が登場。予選4位通過で迎えた決勝は、序盤は先頭争いに食い込む。50メートル通過後は、予選1位通過の林希菜(同大)が頭一つ抜ける展開に。牧野は3位で前半を折り返したが、その後は前方との差を埋められず。3位でゴールし、銅メダルを獲得した。

☆米山は健闘の5位!

予選の米山

 男子200メートル背泳ぎ予選に出場したのは米山毅(スポ2=東京・早実)と村上賢之慎(スポ1=熊本西)。米山は2分を切るタイムで全体の2位につけた。村上は目標にしていた決勝進出こそならなかったが、自己新を更新してみせた。

 迎えた決勝では前半を折り返した時点で、先頭から遅れをとる展開となる。そこから3位争いに食い込むも、終盤にペースを上げられず結果は5位。優勝を目標としていただけに、悔しいレースとなった。

☆100メートル平泳ぎでは男女ともにメダル獲得

レース終了後の浅羽(右)と斎藤

 女子100メートル平泳ぎに出場した浅羽栞(スポ3=東京・八王子学園八王子)、斎藤千紘(商3=東京・早実)は、午前中の予選をともに通過。決勝のレースでは、得意の前半で斎藤が優勝候補の宮坂幸乃(明大)に次ぐ2位で折り返す。その後は後半からペースを上げた浅羽が2位争いを繰り広げ、最後は3位でフィニッシュ。ベストを大きく更新し、笑顔を見せた。

決勝の平河

 男子は大﨑威久馬(スポ4=神奈川・桐光学園)と平河楓(スポ3=福岡・筑陽学園)が出場した。大﨑は予選で自己ベストを大幅に上回る泳ぎを披露し、ラストイヤーで初の決勝進出。力強いガッツポーズと笑顔を見せた。だが、決勝では序盤から遅れをとる展開に。予選の疲労から思うように後半が伸びず、結果は8位。次戦は「人生最後のレース」。全力で「楽しみ」、有終の美を飾りたい。

 一方の平河は序盤から先頭集団に食い込む積極的な滑り出しを見せる。前半を3位で折り返すと、その後もペースを落とすことなくゴール。しっかりとチームに貢献してみせた。

☆4継では男子が銅メダル獲得!

伊東へ声援を送る今野(左)と田中

 4×100メートルフリーリレーは男女ともに決勝へ進出。女子決勝は第1泳者の牧野が2位で引き継ぐと、第2泳者の松本信歩(スポ1=東京・東学大付)が順位を1位へ押し上げる。第3泳者の今牧まりあ(スポ2=長野・飯田)が順位を二つ落とし、その後第4泳者の佐藤は前方から少し遅れをとる。最終的には5位でのゴールとなった。

 一方の男子は「優勝」を掲げて臨んだ。第1泳者は前日の50メートル自由形で銅メダルを獲得した今野太介(スポ3=山形・羽黒)。前半を積極的に入り2位で前半を折り返す。しかし、ラスト25メートルで足に違和感を抱え、一気に順位を落とした。後半戦では田中大寛(スポ2=大分・別府翔青)が順位を3位まで一気に押し上げると、最終泳者の伊東隼汰(社4=東京・早大学院)は粘り強い泳ぎを見せ、そのまま3位でゴール。目標には届かなかったが、銅メダルを獲得した。

(記事、写真 小山亜美)

関連記事

インカレ開幕!初日から自己新更新者続々/日本学生選手権1日目(10/07)

結果

◇決勝

女子400メートル自由形

佐藤千夏 4分12秒07【4位】

女子200メートルバタフライ

牧野紘子 2分09秒04【3位】

男子200メートル背泳ぎ

米山 毅 2分00秒07【5位】

女子100メートル平泳ぎ

浅羽 栞 1分08秒06【3位】自己新

斎藤千紘 1分09秒42【5位】自己新

男子100メートル平泳ぎ

平河  楓 1分00秒39【3位】

大﨑威久馬 1分01秒14【8位】

女子4×100メートルフリーリレー

早大(牧野、松本、今牧、佐藤) 3分45秒13【5位】

男子4×100メートルフリーリレー

早大(今野、須田、田中、伊東) 3分18秒24【3位】

◇予選

女子400メートル自由形

佐藤千夏 4分13秒95【2位タイ】

小原天寧 4分21秒68【19位】

男子400メートル自由形

古畑海生 3分53秒34【9位】自己新

長牛太佑 3分54秒40【13位】自己新

女子200メートル自由形

牧野紘子 2分11秒04【4位】

男子200メートル背泳ぎ

米山  毅 1分59秒68【2位】

村上賢之慎 2分01秒48【12位】自己新

女子100メートル平泳ぎ

浅羽 栞 1分08秒52【3位】

斎藤千紘 1分09秒68【5位】自己新

男子100メートル平泳ぎ

大﨑威久馬 1分00秒28【2位】自己新

平河  楓 1分00秒51【5位】

白石 崇大 1分02秒83【36位】

女子4×100メートルフリーリレー

早大(牧野、松本、今牧、佐藤) 3分46秒52【4位】

男子4×100メートルフリーリレー

早大(田中、伊東、須田、村上) 3分20秒02【4位】

コメント

大﨑威久馬(スポ4=神奈川・桐光学園)

――予選、決勝共にどのようなレースプランで臨みましたか

 予選はとにかくこれまでやってきたことを出し切ることを考えて挑みました。力みのない良い泳ぎをできるよう意識していました。

――予選の泳ぎを振り返っていかがですか

 緊張していたのですが思っていたよりタイムがでた。というのが印象です。(タイムが)ちょっと速すぎました。

――予選は自己新で決勝進出となりました。結果を見て率直にどのように感じましたか

 少し出し過ぎたかなという印象です。予選が苦手なタイプだったのですが、人生最後の100メートルのレースを楽しみたいと思っていました。

――決勝の泳ぎを振り返っていかがですか

 緊張で少し力んだこと、予選の疲労でいい泳ぎが出来なかったと思います。

――現在チームは4位となっています。ここまでのチームメイトの活躍についてはどのように感じていますか

 総合優勝を目指しているので悪くない位置にいると思います。いい流れではきて、若い選手もベストを連発しているのでいい流れで相乗効果を生んで最終日まで突き抜けたいと思います

――200メートル平泳ぎに向けて意気込みをお願いします

 100メートルでは決勝でタイムを落としてしまったのですが、あまり結果にこだわらず人生最後のレースを全力で楽しみたいと思います。

浅羽栞(スポ3=東京・八王子学園八王子)

――予選から決勝へ修正した点はありますか

 スタートのリアクションから浮き上がりとテンポです。

――予選、決勝ともにどのようなレースプランで臨みましたか

 ベストを更新することと後半を意識して泳ぎました。

――決勝の泳ぎを振り返っていかがですか

 キックがきちんと決まっていて良い泳ぎができたと思います。

――決勝は3位でメダル獲得となりました。結果を見て率直にどのように感じましたか

 大ベストを出すことができて素直にすごく嬉しいです

――200メートル平泳ぎに向けて意気込みをお願いします

 100メートルと同様に自己ベストを更新して優勝します

斎藤千紘(商3=東京・早実)

――予選は自己新で決勝進出となりました。振り返っていかがですか

  練習の調子から最低でもベストは更新できると思っていたので、0.3秒ベストに少し物足りなさを感じました。ただ昨年点数を取れていなかった分、決勝に残って早稲田に貢献できたことはとても嬉しかったです。

――予選、決勝はどのようなレースプランで臨まれましたか

 予選はとにかく持ち味の前半を活かして後半粘るというレースプランで臨みました。思っていた以上に予選の前半の入りが速かったので、決勝は前半を少し楽に入るレースプランにしました。

――決勝の泳ぎを振り返っていかがですか

 前半を少し抑えた分、予選よりも後半は粘ることができました。ただ前後半差が他の選手よりも大きく、インカレ前の合宿で持久力強化に努めたつもりでしたが克服できていないと痛感しました。

――決勝のタイムや結果を受けて、どのように感じていますか

 2本ともベスト更新できたことと点数を取って早稲田に貢献できたことは素直に嬉しいです。ですが合宿で練習ベストを何度も更新していただけに、タイムには満足していないです。

――200メートル平泳ぎに向けて意気込みをお願いします

 夏の主要大会で200メートル平泳ぎに出場するのは初めてで、ベストを1秒以上更新しないと点数を取れない順位にいるので不安や緊張はあります。ただ調子は悪くないので、チャンスがある限り早稲田ために点数を取りに行きます。

平河楓(スポ3=福岡・筑陽学園)

――予選から決勝へ修正した点はありますか

 ストローク数が多かったので、少し減らして後半上げられるように意識しました。

――予選、決勝ともにどのようなレースプランで臨みましたか

 久しぶりのレースだったので、前半から行くことを意識しました。

――決勝の泳ぎを振り返っていかがですか

  前半出遅れてしまったので、少し焦りましたが、落ち着いて後半につなげられたと思います。

――メダルの獲得となりました。結果やタイムについてはどのように感じていますか

 記録的には全然ですが、少しでもチームに貢献できたと思えば、満足です。

――200メートル平泳ぎに向けて意気込みをお願いします

  200メートルもハイレベルな戦いになると思うので、しっかり食らいつけるように頑張ります。