メニュー

野球部

2021.09.26

東京六大学秋季リーグ戦 9月26日 神宮球場

代打・北村が9回に劇的同点弾! 2試合連続の引き分けに持ち込む/明大2回戦

TEAM
慶 大
明 大
(慶)増居、森田、渡部淳、橋本達―福井
◇(二塁打)正木、下山、古川(本塁打)北村1号ソロ(9回)

 東京六大学秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)第2週の2試合目、慶大は引き分けに終わった前日の試合に続き、明大と対戦した。先発・増居翔太(3年)を中心とした守備からリズムをつくった慶大は、4回に古川智也(3年)の適時二塁打で先制。ところがその裏、2死とした後で四球と連打で逆転を許した。先発した森田晃介(4年)らが無失点で救援するも、打線はつながらず、得点をなかなか挙げられない。そんな中、9回2死の土壇場で代打北村謙介(3年)が会心の一撃を右翼席に運び同点に追いついた。試合は2日連続の引き分けに終わったが、来週以降に期待を持てる執念と士気の高さがチームにはある。

 この日の試合は打線がつながらず、歯がゆい展開が続いた。2回と3回は安打で走者を得点圏に進めるものの単調にフライアウトが続き、スタンドは空模様のようにどんよりとしていた。それでも4回に下山悠介(3年)と古川の二塁打で遂に先制。ここから打線の爆発を期待したいところだったが、ここまで順調にアウトを重ねていた先発・増居がその裏、得点圏に走者を許す。すると6、7番の連打で同点、さらには逆転を喫した。春季リーグ戦では最多の4勝を挙げ、安定感は随一だったが、増居はこの回で降板となった。

 一方の打線は5回途中から登板した村田賢一(2年)を打ちあぐね、1点差を詰められない。テンポのいい投球の前に凡打を築かれ、歯がゆい展開が続いた。増居の後にマウンドに上がったのは前日の試合でも先発しているエース・森田。前日は3失点を喫していたが、この日は貫禄の投球で3イニングを無失点の好救援を見せた。8回は渡部淳一(3年)が3人でピシャリと締め打線の反撃を待った。

 村田に抑えられていた打線だったが、チームの士気は高く、打開しようという執念が三塁側ベンチを覆っていた。走者の出ないまま二死。土壇場を託された代打の北村は冷静に2球見送り、3球目を力強く降り抜いた。快音とともに飛んだライナー性の打球は右翼席まで届き、土壇場で同点。三塁側は鬱憤を晴らすように沸き立った。劇的な同点弾の直後登板した橋本達弥(3年)も見事に3人で抑え、劣勢だった慶大が引き分けに持ち込んだ。

 救援陣と守備の安定感はもちろんだが、チーム全体の士気の高さと雰囲気の良さがこの試合の結果に結びついた。結果は引き分けに終わったが、今シーズンへの執念が投打の粘り強さとして表れる試合だった。正木智也(4年)や廣瀬隆太(2年)ら打線の中軸が機能しない日でも、好ゲームができる骨太さを持つ慶大は今季も早大をはじめとした他チームの大きな脅威に違いない。来週以降の試合も巧みで熱いプレーを期待したい。

(記事 有川隼翔)

関連記事

手に汗握るシーソーゲームは両者譲らずドロー/明大1回戦(9/26)