メニュー

野球部

2021.09.12

夏季オープン戦 9月12日 安部球場

投打の粘りで接戦を制す オープン戦連勝で秋季リーグ戦へ/国士館大戦

TEAM
国士舘大
早 大 X

 東京六大学秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)の開幕が延期され、試合数が拡大された夏季オープン戦も最終戦を迎えた。この日は国士館大を迎え、秋季リーグ戦前最後の実戦に臨んだ。

 早大打線は初回から積極的な攻撃を見せる。鈴木萌斗(スポ4=栃木・作新学院)が右前打で出塁すると、続く中川卓也(スポ3=大阪桐蔭)が左越えに適時二塁打を放ち、打者2人で先制点を奪う。さらに、丸山壮史主将(スポ4=広島・広陵)も適時打を放ち、初回に2点を先制した。一方、先発を託された西垣雅矢(スポ4=兵庫・報徳学園)は、走者を出しながらもテンポの良い投球で4回まで国士館大打線を無失点に抑える。しかし、5回に1点を返されると、6回には2つの失策が絡んで同点に追いつかれた。勝ち越し点を奪いたい早大打線はその裏、岩本久重副将(スポ4=大阪桐蔭)の安打などで好機を演出すると、今井脩斗(スポ4=埼玉・早大本庄)が適時内野安打を放ち、すぐさま勝ち越しに成功した。齋藤正貴(商2=千葉・佐倉)ら救援陣はいずれも無失点に抑え、連勝で夏季オープン戦を締めくくった早大は、2季ぶりの王座奪還を目指し、いよいよ秋季リーグ戦に臨む。

 


この日先発の西垣

 


先制の適時二塁打を放つ中川卓

 


左前適時打を放つ丸山

 


好救援を見せた齋藤正

(記事 横山勝興、写真 白谷友妃菜)

コメント

丸山壮史主将(スポ4=広島・広陵)

――本日の試合を振り返って

 ミスはありましたが、勝ち切れたというのが開幕に向けて良かったと思います。

――昨日に引き続き接戦を制しました

 この夏のオープン戦が始まる前に、「接戦が勝ちパターン」というふうにずっと選手には言ってきたので、それをみんなが体現してくれたかなと思います。

――初回は二死から適時打を放ちました

 「チャンスで一本」と、常に自分自身にプレッシャーをかけてやってきたので、そこでリーグ戦前に打てたというのはとても自信になるかなと思います。

――東京六大学秋季リーグ戦(リーグ戦)が延期なった影響は

 開幕がずれて日程も変わりましたが、この1週間でできることは必ずあると思うので、それをしっかりつめて開幕に向けていいかたちが作れるようにやっていきたいと思います。

――リーグ戦開幕に向けた意気込みをお願いします

 入りが一番大事だと思いますが、春は東大に苦労してというので入りが良くなかったと思います。そこを勢い良く入れるように、まずは最初の立教戦を戦っていきたいなと思います。

山下拓馬(法4=埼玉・早大本庄)

――リーグ戦の1週間延期の影響は

 チームとしては、リーグ戦の延期によって士気が下がってしまわないように意識を持ってみんながやってきたと思います。そんなに影響はないと思います。

――昨日のHonda戦に続いて9回の登板を無失点に抑えましたが、状態は万全でしょうか

 そうですね、徐々に徐々に良くなってきて、リーグ戦への準備はできてきているのかなと思います。

――リーグ戦前最後のオープン戦2戦は接戦を制するかたちとなりました

 今日の試合で言うと完璧な試合運びではなくて、ミスなども出てしまいましたが、その中でも負けずに勝ちきれたという点では、すごくいいチームになってきたかなと思います。

――来週のリーグ戦の開幕カード、立大戦への意気込みをお願いします

 立教は手強い相手ですが、実際に試合に勝って、しっかりスタートダッシュを決められるように頑張りたいと思います。