メニュー

野球部

2021.09.01

夏季オープン戦 9月1日 安部球場

投手陣が好投も打線は沈黙 散発4安打で引き分けに終わる/日大戦

TEAM
日 大
早 大

 東京六大学秋季リーグ戦(リーグ戦)開幕まで2週間を切った。まばらに雨が降る中、早大は東都大学野球リーグ1部に所属する日大との一戦に臨んだ。

 この日の先発・清水大成(スポ2=大阪・履正社)は緩急を交えた投球で相手打線を翻弄(ほんろう)。4回無失点と自らの役目を果たした。援護したい打線は1回に西田燎太(社4=東京・早実)、岩本久重副将(スポ4=大阪桐蔭)の安打、4回にも岩本の四球を皮切りに好機を演出するも、あと一本が出ず。スコアボードに0が並んだまま、試合は後半に進んだ。その後投手陣は5回以降、5投手が登板。無失点リレーでつなぎ、最後まで相手の得点を許さない好投を見せる。一方の打線は4回以降、得点圏に走者を進めることができず無得点。両者ともに決め手を欠き、勝負は引き分けに終わった。

 


この日先発の清水大成

 


チーム唯一の複数安打を放った熊田任洋(スポ2=愛知・東邦)

 


好救援を見せた齋藤正貴(商2=千葉・佐倉)

 


救援し無失点で抑えた山下拓馬(法4=埼玉・早大本庄)

(記事 足立優大、写真 山崎航平)

コメント

齋藤正貴(商2=千葉・佐倉)

――今日の投球を振り返っていかがですか

 0-0だったので、僕もいい流れを引き継げるようにマウンドに上がりました。結果的に3人で抑えることができたので、その点はよかったです。ただ、多少球が荒れた部分があったので、そこは次で修正できるようにしていきたいです。

――前回の亜大戦に続いて2戦連続で無失点に抑えました。この結果についてはどう感じていますか

 両方とも強いチームなので、そういった相手打線を0点に抑えられたことはうれしく思っていますし、これからの自分自身の投球にもつながっていくと感じています。

――ご自身の持ち味はどこにあると考えていますか

 直球で押すというよりは、変化球を有効に使って相手のタイミングを外しながら抑えるところだと考えています。

――リーグ戦(東京六大学秋季リーグ戦)での自身の立ち位置についてはどうお考えですか

 ワンポイントや1イニングを投げる役割だと考えています。

――次戦以降の意気込みをお願いします

 もうすぐリーグ戦も始まるので、この流れを継続して0で抑えられるように頑張りたいと思います。

清水大成(スポ2=大阪・履正社)

――本日の試合を振り返って

 結果的に見るとゼロで抑えられてはいるんですが、内容を突き詰めていくと課題が多くあった試合なので、そういったところを克服できるように、と感じました。

――課題というのは

 決めきるところを1球で決めきれないところであったり、無駄な四死球であったりというところです。

――最近の登板では、春に比べ制球が良くなったように見えます

 フォームを固めようという意識で練習を行ってきて、少しは安定してきたとは思うんですが、まだまだ結果を残し続けるほどの投球はできていないので、課題はまだまだありますね。

――リーグ戦まで残り10日間ですが、チームの雰囲気は

 一体感が出て、全員で勝とうというところを共有してやれていると思います。

――リーグ戦に向けての意気込みをお願いします

 大学に入ってまだ結果を残せていないので、結果を残せるように強気で臨めたらいいなというふうに思っています。