メニュー

野球部

2021.08.29

夏季オープン戦 8月29日 安部球場

2試合連続で9回に決勝点を奪われ・・・ 投打に課題を残す結果に/武蔵大戦

TEAM
武蔵大
早 大

 前日の青学大との対戦に続いて、この日は首都大学野球連盟に所属する武蔵大とのオープン戦に臨んだ。

 早大の先発は今季オープン戦初登板の森田直哉(スポ4=早稲田佐賀)だったが、初回にいきなり失点すると、3回にも追加点を許した。打線は3回に今井脩斗(スポ4=埼玉・早大本庄)の左中間への特大ソロ本塁打で1点を返すと、4回に生沼弥真人(教2=東京・早実)の適時三塁打などで3点奪い逆転に成功。ところが、直後の5回に2点を失い同点に追いつかれる。その後は、8回まで毎回得点圏に走者を許しながらも粘りの投球で無失点に抑えるが、9回に1点を勝ち越される。打線も5回以降はわずか1安打と沈黙し、前日に続き連敗となった。

 


先発した森田直

 


2試合連続の適時打を放った丸山

 


走者を出しながらも無失点に抑えた加藤

 


ここまでオープン戦全試合無失点の原

(記事 芦沢拓海、写真 杉﨑智哉)

コメント

尾﨑拓海(社4=宮城・仙台育英)

――久々の出場でしたが、打席に関しては

 実戦から遠ざかった影響もあり、打席に立つ機会が多く取れてなかったので、準備はしていたのですが、結果を出すことができなかったことがとても悔しかったので、しっかり練習していきたいと思います。

――リリーフ陣が粘りましたが、どういう意識でリードしましたか

 ピッチャーそれぞれ個性があって、それを自分の中では理解しているつもりなので、それぞれのいいところと相手バッターを照らし合わせて、常に最高の配球ができるように、意識してやっています。

――チームとしては連敗となりましたが、その後のミーティングではどのようなお話をされましたか

 時期としても負けてはいけないですし、チームとしてもこれから波に乗っていきたいというところで負けが続いてしまったので、4年生を中心にしっかり全員でまとまって、残りの3試合を乗り切って、秋の法大戦に臨んでいこうという話をされました。

――残り2週間でリーグ戦開幕となります。意気込みをお願いします。

 春は5位という屈辱的な結果だったので、それを晴らすことができるように、秋では1試合目から一戦必勝で頑張っていきたいと思います。

森田直哉(スポ4=早稲田佐賀)

――本日の試合を振り返って

 久々に投げさせてもらいましたが、自分の入りが良くなくて簡単に点を取られてしまったので、チームにいい流れを持ってこれなかった点で反省したいと思います。

――失点はしたものの、三振は多く奪いました

 三振を取れたということは良かったんですが、打たれた球はまっすぐで、強さの部分がまだ足りなかったと思うので、そこを修正したいなと思います。

――リーグ戦開幕まで2週間となりましたが、克服したい課題は

 先ほどの真っすぐの強さの部分と、4年ということでもっとチームがいい雰囲気でいけるように練習からやっていきたいなと思います。

――試合後のミーティングでは

 昨日負けたというところで、今日は何としても勝たなくてはいけない試合で、そこで勝ち切れなかったので、もっと一人一人が「早稲田のユニホームを着させてもらっているんだ」という気持ちを持って死ぬ気でやっていこうという話をしました。

――リーグ戦に向けての意気込みを

 自分が投げるかどうかというところはまだわかりませんが、まずは4年生として最後チームが優勝できるように、全力でチームのためにという気持ちを持ってやっていきたいと思います。