メニュー

野球部

2021.08.25

夏季オープン戦 8月25日 安部球場

今井が同点適時打放つも 終盤で勝ち越され、接戦を落とす/中大戦

TEAM
早 大
中 大

 早大はこの日、東都大学野球連盟に所属する中大をホームに迎えて、オープン戦を行った。

 先発を任されたエース徳山壮磨(スポ4=大阪桐蔭)は、3回に1点を失ったものの、それ以降は追加点を与えない投球を見せ、先発の役割を果たした。一方の反撃したい打線は、相手投手のテンポのいい投球の前に6回までわずか2安打に抑え込まれる。試合が動いたのは相手投手が代わった7回、前の打席でもヒットを放っている今井脩斗(スポ4=埼玉・早大本庄)の左翼線二塁打で同点に追いつく。徳山の後を継いだ雪山幹太(教3=東京・早実)、原功征(スポ3=滋賀・彦根東)が無失点に抑え、ロースコアで試合は最終盤へ。しかし、8回に四死球と連打で2点勝ち越された。最終回の反撃も叶わず、1-3で敗北を喫した。この日、打線はわずか4安打。明日は社会人の明治安田生命と対戦するが、打線の奮起に期待したい。

 


先発し好投した徳山

 


一時同点となる適時打を放つ今井

 


好リリーフを見せた原

 


1軍戦初登板を果たした鹿田

(記事 堀部恭平、写真 足立優大)

コメント

今井脩斗(スポ4=埼玉・早大本庄)

――東都の強豪、中大との試合でしたが、チームとしてどのような意識で臨みましたか

ここまでのオープン戦は大学生相手に負けていなかったので、絶対に勝とうという気持ちで臨みました。

――ケガで離脱していたというお話を伺いましたが、現在の状態はいかがですか

だいぶ投げられるようになりましたし、チームに迷惑をかけていたので、ここから取り返せていけたらなと思っています。

――2打席目の安打は10球粘った末でした

ヒットがチームとして全然出ていなかったので、なんとか自分が1本出せて、流れが作れればと思っていたので、ホッとしました。

――3打席目はチャンスの場面での適時二塁打でしたが、感触はいかがでしたか

なんとか喰らいついた上での結果だったので、追いついて、勝ち越すことはできなかったのですが、最低限自分の持ち味を出せました。

――本日は、DHを使わなかったりと、リーグ戦を想定した試合でした。リーグ戦まであと2週間ですが、そこまでに改善したい課題はありますか

ロースコアの試合で勝ちきれなかったので、今後のオープン戦の相手も強いことを考えれば接戦をものにするというのが絶対条件だと思いますし、必ず勝ちきるということを意識して試合に臨みたいと思います。

――明日以降もまた試合が続いていくと思いますが、意気込みをお願いします

チームの勝ちに繋がる一打を打てるように、また明日から一戦一戦頑張っていきます。

原功征(スポ3=岐阜・彦根東)

――本日の投球を振り返って

先頭打者への入りというのが自分にとって課題で、今日もストライクが取れずにという中でしたが、結果的にアウトをしっかり取れました。リリーフで投げている以上どの試合もゼロでというのを心がけているので、そういうところは良かったかなと思います。

――夏のオープン戦は無失点投球を続けています

納得のいくボールが毎試合言っているわけではないですけど、悪かったら悪いなりに抑えるというのを継続していきたいと思います。

――以前よりも堂々と投げているように見えますが、春のリーグ戦の早慶戦での投球がいい影響を与えているのでしょうか

そうですね。あの神宮の中で投げたというのは自分の中で大きな経験になっていますし、少し余裕を持って打者を見れるようになったと思います。

――ここからまだオープン戦が続きますが、意気込みをお願いします

春5位というすごい悔しい結果の中で、最後早慶戦勝ったというのが、またそこで自分が投げたというのが自分の中で春の大きな収穫かなと思っていますし、今日は負けてしまいましたが、チームはオープン戦いいかたちで勝てていて、投手陣もいいかたちで来れているので、このまま残りのオープン戦全部勝って、自分もゼロに抑えてリーグ戦では優勝できるように頑張りたいと思います。