メニュー

野球部

2021.08.04

夏季オープン戦 8月4日 安部球場

シーソーゲームを制しオープン戦5連勝 鈴木萌の逆転2ランで打ち勝つ/城西大戦

TEAM
城西大
早 大 X

 強い日差しが照りつける中、安部球場に城西大を迎えてのオープン戦が行われた。

 試合は両者一歩も譲らない点の取り合いとなった。早大は初回、内野ゴロの間に1点を先制。その後、先発の清水大成(スポ2=大阪・履正社)がソロ本塁打を許すも、直後の攻撃で野村健太(スポ2=山梨学院)が2ランを放ち、リードを奪った。7回に再度追い付かれるが、直後に再度勝ち越して迎えた8回。救援のユエン賢(国教2=セントジョセフ)が3点を失い、1点のリードを許した。しかしその裏、2死から鈴木萌斗(スポ4=栃木・作新学院)が逆転2ランを放ち、これが決勝点。リードオフマンの土壇場の1発で、オープン戦5連勝を飾った。

 


この日先発の清水大成

 


2回、左越え2ランを放つ野村

 


好救援を見せた雪山

 


8回、逆転2ランを放つ鈴木萌

(記事 倉持七海、写真 玉置理沙子)

コメント

鈴木萌斗(スポ4=栃木・作新学院)

――久しぶりの1軍戦でしたがどのような意識で試合に入りましたか

 実戦から少し遠ざかっていましたが、そこは気にせず初球から振っていこうと思った結果、初回から安打が出たと思います。打撃の面ではいい結果だったと思うのでそこは良かったかなと思います。

――その打撃に関して、8回には逆転の2ランを放ちました

 外野の頭を超えるとは思わず、まさか入るとは、という感じでした。打ったのは甘く入ったチェンジアップだったと思います。

――リーグ戦が終わってからの2か月間、どのような練習に重きを置いてきましたか

 春先からずっとやっていたんですけど、占部(晃太朗新人監督、教4=早稲田佐賀)や福本(翔、社4=東京・早実)ら数人で、室内で変化球を混ぜた打撃練習を、実戦感覚を無くさないように毎日打っていて、それを続けています。

――チームとしては7月18日以降無敗で来ています

 チームとしていい感じで練習試合連勝できているので、これを止めることなく秋のリーグ戦へ向かいたいです。いい雰囲気のまま秋のリーグ戦に臨めたらいいなと思います。

野村健太(スポ2=山梨学院)

――どういう意識で試合に臨みましたか

 今までのオープン戦で結構いいかたちでチームも勝ってきているので、今日は繋ぐバッティングを意識してやっていました。

――第一打席でレフトへ2ランを放ちましたが感触は

 2ボールになって球種もストレートが来るだろうなと待っていたので、いいかたちで捉えることができました。

――ここ最近のオープン戦では打撃で結果を残しています

 考え方を全部変えて、今まではバットの軌道がどうこうとか考えてしまって自分のスイングができていませんでした。ただ、最近はバットの振り始めから振り終わりのところまでをどれだけ早くできるかということだけを考えて打席に入っています。それが結構自分に合ってると思います。

――この夏に克服したい課題は

 もう一段階打撃の面でレベルアップすることと、盗塁とか守備とかでも自分はアベレージ以下だと思っているので、アベレージまであげることを課題として取り組みたいと思います。

――今後の意気込みをお願いします

 チームの状態もすごい良いので、これを維持したいです。自分も春は不甲斐ない結果に終わってしまったので、それを見返す気持ちでこれからやっていきたいなと思います。