メニュー

ホッケー部

2021.05.17

関東学生春季リーグ 5月16日 早大東伏見グラウンド

7点もの大差をつけ、上智大に勝利!

 関東学生ホッケー春季リーグの下位決定戦が、早稲田大学東伏見キャンパスで行われた。相手はBプール4位の上智大学。先日の慶大戦で敗北を喫し、後がない早大。下位リーグでは確実に点を取って勝ちたいと意気込んで望んだ今日の試合では、第1Qで2得点を挙げ、その後も勢いに乗り得点を重ねていく。華麗なパスワークでボールを運んで多くのシュートを放ち、最終的には7点を奪って上智大に圧勝した。

 

 序盤から上智大陣地に果敢に攻め込む早大。慶大戦での悔しさからか、フィールドからはとても覇気が伝わってくる。そんな中、試合が動いたのは第1Qの約10分。早大のDF吉野真啓(スポ2=富山・石動)が1人で攻め込み右サイドからシュートを放ち、先制ゴールを挙げた。この得点を機に早大の勢いは更に増していく。約12分にはMF山下天海(スポ1=京都・須知)の得点で2点目を奪い、第1Qは終了。続く第2Qも早大が優勢。上智大陣地のゴール前での攻防が続き、PC(ペナルティコーナー)のチャンスも何度か掴んだが、どれも得点には繋がらず。転機が訪れたのは約10分。サークル内でPS(ペナルティストローク)を獲得した山下がここを慎重に決めきり、スコアは3-0になった。その直後、PCでFW加藤清香(法4=東京・早実)のシュートがゴールネットを揺らしこれで4得点目。早大が大差をつけて前半が終了した。

 

吉野がゴールを決め喜ぶ早大

 

 このまま勝ち切りたい早大は、第3Qでも勢いを落とさず、約7分には加藤がPSを獲得しゴールを決めた。その後も上智大には攻め込む隙を与えず、約14分には吉野との見事な連携で再び加藤がシュートを奪った。6-0で向かえた最終クォーター。最後まで猛攻が止まらない早大は約4分、MF堀山夏帆主将(教4=東京・早実)が1人でゴールまでボールを運び、1得点を挙げた。その後も上智に1度も得点を許さないまま、7-0の完封勝利を収めた。

 

相手陣地に果敢に攻め込む山下

 

 慶大戦での悔しさをバネに、見事大差をつけて勝利した早大。「下級生の上達がよく感じられた」と堀山が言うように、1、2年の選手の活躍も目立つ試合であった。このまま波に乗ったまま次回の武蔵戦で確実に勝利を収め、王座決定戦への道を切り開いてほしい。 </p>  

(記事 坂田真彩、写真 坂田真彩)

 

結果
TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
早大
上智大
コメント

安岡裕美子監督(平16人卒=山形・米沢商)

――今日の試合を振り返っていかがですか

大量に得点を取って勝てたことが本当に良かったと思います。

――前回の試合と比べて、今回の試合内容はいかがでしたか

全体的に右に攻める形を作ってきたので、そこが出来るようになってきたことが大きかったと思います。

――今回の試合での収穫は何かありましたか

先程言ったように右で攻めれたことと、中でのFWの立ち位置を取れたことで得点を重ねられたのが良かったと思います。

――次戦への目標や意気込みを教えてください

次勝てば5位になれるので、しっかり勝って王座決定戦に出れるように頑張りたいと思います。

 

DF堀山夏帆主将(教4=東京・早実)

――今日の試合を振り返っていかがですか

点数を取れる試合かなとは思っていました。慶応戦の反省点がかなりあったので、1、2列目まででボールを取って攻めていこうという気持ちで練習をしていたし、それが試合にも繋がって大量得点で勝つことが出来たので良かったです。

――本日の試合が勝ちに繋がった要因として何があげられますか

負けてから練習を見直したり、それぞれの意識を統一し、右側で攻めていこうというのを皆で意識していたので、そこが上手くいったかなと思います。

――この試合での収穫は何かありましたか

練習でやったことが試合で生かせるということがわかったのが良かった点だし、なにより下級生の上達が以前の試合よりも見られるようになったので良かったです。

――次戦への目標や意気込みを教えてください

次回の試合に勝ったら王座に繋がるし、関東5位も決まるので、今回の良いイメージを持って絶対に勝ちたいと思います。

 

MF山下天海(スポ1=京都・須知)

――今日の試合を振り返っていかがでしたか

チームが全体的に、前に前にという気持ちが強かったので、それがいい結果に繋がったのではないかなと思います。

――得点を決めてのお気持ちはいかがですか

皆さんから繋いでもらったボールを自分が決めることが出来たので、私のシュートというより皆でのシュートといったような感じで点を決めれたことが良かったと思います。

――次戦への意気込みを教えてください

次戦が王座に繋がる大切な試合なので、しっかりフィールドゴールで勝ちきれるように、私自身も点を取れるよう頑張っていきたいと思います。