メニュー

準硬式野球部

2021.05.16

東京六大学春季リーグ戦 5月16日 東京・早大東伏見キャンパス

2本の本塁打が飛び出し、鮮やかな逆転勝利!/明大2回戦

TEAM
早大
明大
(早)清水、〇安在、太田―網野、浅野
◇(本塁打)新井(3号3ラン)(6回表)渡邉(2号3ラン)(7回表)

 昨日の悔しい敗戦により、全日出場予選会(全日予選)進出に向けて後がなくなった早大ナイン。勝ち点奪取に向け、絶対に負けられない明大2回戦に臨んだ。早大は初回、先頭の下久保尚哉(商4=大阪・早稲田摂陵)が安打を放ち出塁すると、3番・新井健太(商3=東京・早大学院)のスクイズで幸先よく先制する。その後は一時リードを許すも、6回には満塁の好機から須能浩太郎副将(商4=東京・早実)の犠飛、3番・新井の3ランで逆転する。さらに7回には7番・渡邉真之介(社2=早稲田佐賀)が右越3ランを放ち、リードを大きく広げた。最後は投手陣がこのリードをしっかりと守り切り、明大との対戦成績を五分に戻した。

4安打を放った下久保

 早大は昨日から打順を入れ替え、1番に下久保を据えて今回の試合に臨んだ。その下久保がリードオフマンとしての役割を見事に果たす。初回、先頭打者として打席に入った下久保は左翼方向へ安打を放つ。さらに相手の打球処理の隙を突き二塁を陥れた。そして2番・須能の犠打で三塁に進むと、3番・新井のスクイズで先制のホームを踏んだ。下久保はこの日、4安打の固め打ち。本人は「出来すぎ」と語ったが、2得点を挙げ1番打者としてチームに勢いをもたらした。

 この日の先発は連投となる清水佑樹(スポ4=早稲田佐賀)。清水は初回、リズムよく2つのアウトを取る。続く3番打者も打ち取ったが、この打球を処理した遊撃手・渡部椋雅主将(商4=神奈川・桐光学園)が一塁へまさかの悪送球。するとその後明大打線に連打を浴び、あっという間に逆転されてしまった。その後も本塁打や押し出し四球などで加点を許し、5回まで2点差をつけられる苦しい展開で後半戦を迎えることになった。

ダメ押しの3ランを放った渡邉

 しかし、6回に試合の空気が一変した。早大は1死から3連打で満塁の好機を作ると、2番・須能が左翼へ犠飛を放ち2点差に詰め寄る。なおも一、二塁の好機で打席には3番・新井が入った。2球目を捉えた新井の打球は左翼フェンスを越える起死回生の逆転3ランとなり、再び試合の主導権を握る。さらに7回には無死二、三塁の好機を作ると7番・渡邉が右越3ランを放ち、点差を4点に広げた。このリードを守るべく、7回からは3番手として太田遼(スポ2=神奈川・横浜翠陵)がマウンドに上がる。太田は3イニングを被安打1、無失点と明大打線に反撃を許さなかった。鮮やかな逆転勝利を収めた早大ナインは明日、勝ち点獲得を賭けて明大との3回戦に臨む。

好救援を見せた太田

 試合後半に見事な逆転劇を見せてくれた早大ナイン。しかし、試合前半には守備が乱れる場面が見られた。初回の守備では内野ゴロが3本あったが、いずれも一塁への送球が高く浮き、そのうちの1つは失点につながってしまった。また、バッテリーエラーや盗塁で進塁を許す場面も散見された。だが、好プレイも随所に見られた。3回には右翼を守る関大輝副将(基理4=茨城・江戸川学園取手)がネット際の邪飛を好捕。また、7回には遊撃手・渡部が二遊間へのゴロを華麗にさばいた。強力投手陣を鉄壁の守備で盛り立てれば、相手の攻撃陣が付け入る隙はないだろう。

(記事 渡邊悠太 写真 小山亜美、宮島真白)

★「Today’s Feature」第2回 新井健太

この日逆転3ランを放った新井

 鮮やかな逆転を見せた明大2回戦。この試合で早大の勝利を演出したのは誰かと聞かれれば、多くはこの男の名前を挙げるだろう。初回の攻撃、2死三塁の好機で、打席に立った新井健太(商3=東京・早大学院)。この時の気持ちを「とにかく先制点が欲しい状況」であったと振り返る新井は、その言葉通りのスクイズを成功させ、早大に貴重な先制点をもたらした。

 新井劇場はこれだけでは終わらなかった。3点ビハインドで迎えた6回表、第4打席。「春名(真平、教2=東京・早大学院)が、ピンチになるとストレートが特に増えると打席に入る前に言ってくれた」(新井)。後輩からのアドバイス通りにきた2球目の直球を振り抜くと、これが柵越えの3ランとなり逆転に成功した。この本塁打で流れをつかんだ早大。その後も得点を重ね、明大を突き放して勝利となった。

 今大会ここまで、新井は打率4割3分6厘でリーグ全体2位に名を連ねるほど、攻撃面で貢献してきた。この日も二度におよぶ得点劇を見せチームを牽引した新井。彼の武器は攻撃だけでなく、守備にもある。前半には失点が重なるも、後半は新井の好フィールディングがチームを救った。「まずは守備から」と語る彼の思いが好守につながったのだろう。攻撃だけでなく、守備においてもチームに大きく貢献をする。そんな新井の守備へのこだわりは「グラウンド整備とグローブの手入れ」だ。プレー中でもプレー外でも野球に対しての真面目で熱心な人柄が垣間見える新井。明日のリーグ戦最終日、攻守における活躍に期待がかかる。

(記事、写真 落合俊)

コメント

渡部椋雅主将(商4=神奈川・桐光学園)

――本日の試合を振り返っていかがですか

 一進一退の、なかなか差のつかない勝負が続いたと思うのですが、最後あのようにしっかり勝ち切ることができたのはすごく大きな勝負だったなと思っています。

――昨日の敗戦から今日に向けてどこか変えたところはありましたか

 変えたところというのは特にないのですが、「全員で勝とうという熱い気持ちを持って試合に取り組もう」という風にはみんなには伝えました。

――今日は、1番に下久保さん(尚哉、商4=大阪・早稲田摂陵)が入って打線をけん引しましたが、下久保さんについていかがですか

 あのように下久保が活躍してくれたというのは4年生としてもすごく嬉しいことですし、打線をけん引して1番の役割を果たしてくれたのはすごく良かったと思っています。

――その下久保さんの二塁打をきっかけにして、1回に先制することができましたが、1回の攻撃を振り返っていかがですか

 良い意味で、突然の1点と言うように、あまり考えるまでもなく1点入ったというのは自分達にとってはすごく良い勝ち方だったと思うし、安定の取り方だったと思います。明日以降も、ああいった点の取り方を続けられたらいいなと思います。

――6回に見事に逆転することができましたが、6回の攻撃を振り返っていかがでしたか

 その前の5回でチャンスを作った場面で点が入らず、大丈夫かなという雰囲気でしたが、そこをしっかり6回であのように先頭もしっかり出て逆転できました。それは、気持ちの部分で、打った新井(健太、商3=東京・早大学院)を含めて、全員が良い思いを持ってやっていたと思っているのでそこは良かったです。

――投手陣も粘りの投球で、リードを守り切りましたが、投手陣についてはいかがでしたか

 今日は3人ともよく投げてくれたと思います。体はきついかもしれないけれど、全員で勝たなきゃいけないということで、そんなことも言っていられません。明日以降は誰が投げるかまだ決まっていないですが、そのような気持ちを持って取り組んでほしいなと思います。

――ご自身、今日はたくさん打球が飛びましたがいかがでしたか

 キャプテンがあのようにプレーで引っ張れないというのは不甲斐ないというか、申し訳ないと思っています。それでも全員がああいったプレーをして、逆転をしてくれました。明日はしっかり気持ちを切り替えて、そのような想いをもってやっていきたいなと思っています。

――明日が泣いても笑っても春季リーグ最後の試合になりますが、意気込みをお願いします

 メンバーには伝えたのですが、いろいろな思いがあると思いますが、本当になにがなんでも勝つという思いで明日しっかり勝って有終の美を飾りたいなと思っています。

下久保尚哉(商4=大阪・早稲田摂陵)

――今日の試合を振り返っていかがですか

 負ければ勝ち点を落として、全日予選出場の可能性が完全になくなるという緊迫した試合でしたが、チーム一丸となって勝利できて良かったです。

――1番打者としての出場でしたが、どのようなことを意識しましたか

 1番はチャンスメイクをする重要な役割だと思うので、出塁するということを意識しました。長打というよりは単打を意識していたので、その延長として初回の二塁打などにつながったと思います。

――今日は5打席4安打と好調でしたが、打撃を振り返っていかがですか

 できすぎですね。ほんとにできすぎです(笑)。

――けがをしている期間はチームをどのように見ていましたか

 けがをしてプレーでチームに貢献できないとわかっていたので、声だったり、補助の部分でサポートしようと思いました。まずはそこを全力で全うしました。けがが治っても出場は無いかなと思っていたので、できる役割を全うしようと思っていました。

――昨日の敗戦から今日になって変わった点は何があったと思いますか

 昨日も勝ちたいという思いはあったと思います。ですが、敗戦を受けて昨日以上に全員が絶対に勝ちたいという思いがあったことが勝利につながったと思います。

――次戦に向けて意気込みをお願いします

 全日予選出場は0%ではないという中で、勝って勝ち点を獲得することができれば可能性があると思うので、全員が勝ちたいという思いをぶつけて勝利につながったらいいと思います。そこに向けて全力でやっていきたいと思います。

新井健太(商3=東京・早大学院 )

――今日の試合を振り返ってみていかがでしたか

 負ければ春のリーグ戦が終わってしまうので、なんとしても明日に繋げようという気持ちで戦っていました。前半は苦しい戦いになり、なんとか追いつこうと思っていました。チャンスで1点ずつしっかり返すことができて、良いところで自分も打てて、渡邉(真之介、社2=早稲田佐賀)のホームランもあり、後半は全てがうまくいったかなという感じです。

――今日の試合の勝因は特にどこにあったと思いますか

 やはり先発ピッチャーがしっかりと抑えてくれたことですかね。昨日は11点を取られたのですが、今日はそれを半分に減らしてくれました。早稲田は点が取れるチームだと思うので、失点を抑えてくれてなんとか勝てたかなと思います。

――ご自身の武器はどこにあると考えていますか

 やはり守備ですかね。元々ショートをやっていて、今サードをやっているのですが、守備でうまく流れを作ることができれば今日のようにバッティングの調子も良くなってくると思うので、まずは守備からという感じです。

――昨日も三安打をされていましたが、自主練ではどのようなことを意識して打つことに繋げようとしていますか

 逆方向に強い打球を打つことを意識していて、あとは内に来たら引っ張ろうというくらいです。とにかく逆方向に強い打球を打てるようにということを意識しています。

――上位打線を打つことが多いと思いますが、打線の中でどのような役割を果たしていきたいと思っていますか

 最近は1から3番あたりを打つことが多いのですが、後ろに関さん(大輝副将、基理4=茨城・江戸川学園取手)や渡部さん(椋雅主将、商4=神奈川・桐光学園)のような良いバッターがいるので、とにかくそこにチャンスで繋げられればと思っています。

――最近はサードで出場することが多いですが、サードでの自分の仕事についてはどうでしょうか

 自分的にはあまり慣れないポジションなので、来た球をミスなく取れればいいかなという感じですかね(笑)。

――守備でのこだわりは何かありますか

 グラウンド整備とグローブの手入れです。これやらないと自分の気持ちとして安心感というか、メンタル面が全然違います。プレー自体はあまり何も考えていないですね(笑)。

――初回スクイズをしたと思うのですが、その時はなにか準備をしていましたか

 とにかく先制点が欲しい状況で、1死三塁だったので、「スクイズあるな」という心の準備はできていました。

――5回の本塁打を打った時はどのような気持ちで打席に入りましたか

 ベンチで配球などを分析していた春名(真平、教2=東京・早大学院)が、ピンチになるとストレートが特に増えるということを打席入る前に言ってくれたので、それを信じて、他の球種が来たらしょうがないとストレート狙いで打席に入りました。狙った通りに来てくれたおかげで打てました。

――本塁打を打った時の感想を教えてください

最高でした!

――明日に向けて意気込みをお願いします

明日が今季最後の試合になるので、なんとしてでも勝って、この春を終われるように頑張りたいと思います。

渡邉真之介(社2=早稲田佐賀 )

――今日の試合を振り返っていかがですか

 勝たないと明日に繋がらないという、勝たなければいけない試合だったので、とりあえず今日勝てて、明日に繋がったので良かったと思います。

――昨日は1番打者、そして今日は7番打者を務めていらっしゃいましたが、上位打線と下位打線に入った時で意識の違いはありましたか

 やはり昨日あまり打てなくて、自分なりにいろいろ考えることがありました。今日下位打線で試合に出させてもらって、とにかくチームに何か一つでも貢献できるようにと意識してプレーをしました。

――バントを2本決めたと思いますが、バントについてはどのように考えていますか

 自分は元々バントが苦手だったのですが、渡部さん(椋雅主将、商4=神奈川・桐光学園)に丁寧に教えてもらって、その成果がこのリーグ戦で出ているというのは結構嬉しいです。

――7回の本塁打を振り返っていかがですか

 とにかく入ってくれと思っていました(笑)。

――打つ前と打った後はどのような気持ちでしたか

 一三塁だったので、とりあえず外野に飛ばそうという意識でバッターボックスに立っていて、外野に飛んだので良かったかなと思いました。その延長線上でホームランになったので、嬉しかったです。

――昨日の敗戦を踏まえて、今日はどのような気持ちで試合に臨みましたか

 先輩方と全日に行きたいという思いがあって、その思いでリーグ戦に臨んできています。こういう状況の中ということでまだ分からないので、諦めずにやっていこうという気持ちです。

――次戦への意気込みを聞かせてください

 とりあえずチームが勝てば良いので、そのために自分が何ができるかをしっかり考えて、明日はもっとチームに貢献できるように頑張りたいと思います。