メニュー

野球部

2021.05.16

東京六大学春季リーグ戦 5月16日 神宮球場

主砲正木が決勝3ラン 3季ぶりの優勝へ大きく近づく/立大2回戦

TEAM
慶 大
立 大
(慶)○増居、橋本達―福井
◇(二塁打)廣瀬(本塁打)廣瀬1号ソロ(6回)、正木3号3ラン(8回)

 東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)も佳境を迎え、慶大は立大との首位攻防戦を迎えた。1回戦では打線が爆発して立大に完勝、単独首位に躍り出た。この試合に勝てば優勝に前進する中で、2回戦に臨んだ。小雨が降る中で始まった試合は前日とは一変し、慶大先発・増居翔太(3年)と立大投手陣による投手戰となった。しかし、1-1の同点で迎えた8回に主砲・正木智也(4年)の勝ち越し3ランが飛び出し、勝負が決まった。これで立大に2連勝となり、3季ぶりの優勝に大きく前進した。

 前日15安打の慶大打線は2日連続の先発となった池田陽佑(2年)の立ち上がりを攻め、1死三塁のチャンスを作る。しかし、3番・福井章吾主将(4年)は一ゴロ、4番・正木は右飛に倒れ、先制はできなかった。一方、増居もいきなり一、二塁のピンチを招くものの、5番・東怜央(4年)の打球を中堅手・渡部遼人(4年)が好捕しピンチを脱する。その後、雨が弱まってきた3回裏に試合が動く。増居は代打・寺嶋優磨(4年)に安打を許すと、犠打と暴投で三塁に進められ、2番・井上剛(3年)の遊ゴロの間に走者が生還。先制を許した。反撃したい慶大は、直後の4回表に立大2番手・栗尾勇摩(4年)から2死二、三塁の好機をつくる。ここで堀井哲也監督は早くも動き、萩尾匡也(3年)に代えて北村謙介(3年)を代打に送る。初球を捉えた打球は左前へ飛んだが、左翼手・宮崎仁斗(3年)のダイビングキャッチに阻まれ得点とはならなかった。それでも6回、先頭の廣瀬隆太(2年)が右越えのソロを放ち同点に追いつき、試合は後半戦へ向かった。

 

7回1失点の好投を見せリーグ単独トップの4勝目を挙げた増居

 

 先発の増居は終始自分のリズムを崩さず、7回を投げ切り1失点の好投。味方の援護を待った。すると8回、今季ここまで10イニングを投げ未だ無失点の立大3番手・宮海土(3年)から四球を二つ選び、勝ち越しのチャンスを得る。3番・福井は見逃し三振に倒れたものの、4番・正木は宮の直球を捉えた。乾いた音とともに打球は大きな放物線を描き、左翼席に消えていった。これで3点を勝ち越し、試合を決定づけた。8回から登板した橋本達弥(3年)は、立大の粘りに苦しんだものの何とかしのぎ切り、リードを守り切った。

 

8回、決勝の3ランを放った正木

 投打の主軸の活躍により、立大との接戦を制した。また、立大戦の2連勝により、慶大は優勝に大きく近づいた。第7週、全チームが8試合を消化した中で優勝の可能性が残るのは慶大に加え立大、明大。翌週の明立戦の結果次第では優勝が決まる可能性はあるが、早慶戦で1勝すれば自ら優勝を決めることになる。宿命のライバルを倒すため、また昨秋の雪辱を晴らすため、そして自ら優勝を決めるため、翌々週の早慶戦に臨む。

(記事 芦沢拓海、写真 及川知世)