メニュー

ア式蹴球部

2021.05.10

第27回関東女子リーグ戦 5月9日 東伏見グラウンド

4ゴールで開幕から無傷の関東リーグ4連勝!

第27回関東女子リーグ戦 前期第4節
早大 3-0
1-0
神奈川大
【得点】
(早大)3分 笠原綺乃、22分 木南花菜、45+2分 吉野真央、59分 白井美羽
(神奈川大)なし

 夏のような日差しが照りつける中行われた、関東女子リーグ(関東リーグ)前期第4節。今季、公式戦まだ負けなしのア式蹴球部女子(ア女)は、神奈川大に挑んだ。試合開始早々に先制して主導権を握ると、前半だけで3点のリードを奪い、試合を優位に進める。守備陣もゴールを守り抜き、後半も攻撃の手を緩めず1点を追加。最終スコアは4-0で、関東リーグ4連勝を飾った。

 

先制点を押し込む木南

 

 試合は早々に動いた。3分、ゴール右前でこぼれ球を拾ったFW吉野真央(スポ3=宮城・聖和学園)が、相手GKが飛び出しているのを見て、すかさずオーバーヘッドキックでゴールを狙う。ボールはゴール左へとそれたが、そこに詰めていたMF笠原綺乃(スポ2=横須賀シーガルズJOY)がヘディングで先制に成功した。ア女は笠原とMF木南花菜(スポ1=ちふれASエルフェン埼玉マリ)の両サイドハーフが高い位置にポジションをとり、前線から積極的なプレスを敢行。中盤も素早いチェックで相手のミスを誘発してボールを奪取し、圧倒的なボール保持率で試合を進める。その後もチャンスをつくり続けて迎えた22分、左サイドでのスローインから、FW黒柳美裕(スポ4=宮城・聖和学園)がトラップスル―で相手DFをかわし、エリア内に進入。「決めるしかない」とゴール正面でボールを受けた木南のシュートは一度は防がれたが、弾いたボールを木南が自ら押し込み、1点を追加する。さらに45+1分には右CKからファーへのボールを中央へ折り返し、ゴールライン付近で混戦に。最後は吉野が豪快に蹴り込んでネットを揺らし、前半を3-0で終えた。

 後半に入っても、ア女は攻勢を保ち続けた。59分、ゴール左前でボールを受けたMF白井美羽(スポ1=ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ)が、ペナルティエリアの外から右足を一閃。放たれたボールは、右サイドネットに突き刺さった。「思い切って大きくプレーしたのが得点につながった」(白井)と、相手GKにとってはノーチャンスな完璧なシュートで、試合を決定づける4点目を挙げた。その後も、DF堀内璃子(スポ2=宮城・常盤木学園)が吉野への的確なスルーパスを何本も通し、好機を演出。5点目こそ奪えなかったが、相手ゴールを脅かし続けた。一方の守備も、攻め手がなくなりロングボール主体の攻撃をしてくる相手に対して最終ラインが冷静な対応を見せる。最後まで決定機をつくらせることなく盤石な試合運びで神奈川大を圧倒し、4-0で勝ち点3を手に入れた。

 

3点目を追加し、今季待望の初得点を挙げた吉野

 

 結果的には4-0と快勝を収めたが、「余裕はあったのでもっともっと大差で勝ちたかった」という吉野の言葉通り、ア女は大量リードに甘んじることなく試合終了まで貪欲なプレーを続けた。連戦を戦っていく上で選手の疲労が考慮されるが、今日のような試合展開であれば選手交代をしながら試合を進めることができる。公式戦6試合連続で複数得点を挙げているア女攻撃陣に不安材料はない。次戦もゴールショーに期待だ。

(記事 長村光、写真 佐藤豪、久家舞子)

 

スターティングイレブン

 

早大メンバー
ポジション 背番号 名前 学部学年 前所属
GK 1 近澤澪菜 スポ3 JFAアカデミー福島
DF 4 堀内璃子 スポ2 宮城・常盤木学園
→81分 24 大森美南 スポ3 東京・八王子学園八王子
DF 17 井上萌 スポ3 東京・十文字
DF 20 浦部美月 スポ2 スフィーダ世田谷FCユース
DF 22 夏目歩実 スポ2 宮城・聖和学園
DF 26 木南花菜 スポ1 ちふれASエルフェン埼玉マリ
→90+1分 25 藤田智里 スポ3 神奈川・大和
MF 19 笠原綺乃 スポ2 横須賀シーガルズJOY
→63分 14 關陽南子 文構4 大阪教育大附
MF 28 白井美羽 スポ1 ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ
FW ◎12 黒柳美裕 スポ4 宮城・聖和学園
→HT 30 築地育 スポ1 静岡・常葉大橘
FW 15 吉野真央 スポ3 宮城・聖和学園
→90+1分 27 栗田彩令 スポ1 静岡・藤枝順心
◎=ゲームキャプテン
監督:福田あや(平20スポ卒=神奈川・湘南白百合学園)

FW吉野真央(スポ3=宮城・聖和学園)

――試合を振り返っていかがでしたか

昨日勝ったので(○2-1 東京国際大)今日勝てば(公式戦全体で)6連勝ということで、勝ちにこだわっていました。早い時間に決めることができて優位に進めることができたのでそこは良かったです。ただ、もっともっと点を取りたかったですし、できる部分があったので、それを修正して来週もやっていきたいです。

――相手に対してどんな対策をして臨みましたか

今日まで相手がどんなメンバーやフォーメーションで来るか分からなくて、試合前のスカウティングで相手の3バックに対して自分たち2トップとサードハーフの(プレスの)かけ方を使ってサイドで取り切る守備をしました。攻撃はとりあえず裏のスペースに自分が走り抜けて、そこからビルドアップという感じですね。DFラインから裏を目指してプレーしていました。

――前半は3得点でしたが、予想通りだったのですか

1点目が開始3分くらいで、逆に「おお」という感じでした(苦笑)。上手く言った部分もありますが、もうちょっと攻撃の面でも守備の面でもできることはあったと思います。3点取ったからという自分たちの心の余裕がプレーにも出ていて、そこは緩めずにやっていきたちと思いました。

――ご自身の得点シーンを振り返っていかがでしたか

最近試合に出ていて、全然結果を出していなかったのでどうしても今日(ゴールを)決めたくて、めちゃくちゃ打ちまくりました(笑)。あのゴールは花菜(木南)とかみんながかんばってくれて、それを押し込むだけでした。嬉しかったです。

――大きくリードして迎えた後半はどんな意識で臨んでいましたか

監督からもハーフタイムで言われたのですが、余裕はあったのでもっともっと大差で勝ちたかったですね。もっと点を決めることができた(シーンがあった)ので。

――次戦に向けて、抱負を聞かせてください

点取ります!!来週も連戦が続くので、両試合とも全員で勝ちに行きたいです。

 

DF木南花菜(スポ1=ちふれASエルフェン埼玉マリ)

――試合を振り返って一言お願いします

連戦の最初の週ということで、勝たなければならない試合だったので、みんなで前から行けて良かったと思います。

――前半に2点目を挙げましたが、得点シーンを振り返っていかがですか

黒柳(美柳)さんが上がってきて、「ここだ!」と思っていきました。すごくいいボールだったので「決めるしかないな」という感じで入っていきました。

――ハーフタイムにはどんな指示がありましたか

3点先制した中で、みんなで声をかけあって、無失点でいこうという指示がありました。

――この試合で個人としては2点目となりましたが、調子は上がっていますか

周りのサポートもありながら、点を決めることができているので、いい感じです。

――次戦に向けて抱負を聞かせてください

自分のプレーでチームを勝たせることができるように頑張ります!

 

MF白井美羽(スポ1=ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ)

――今日の試合を振り返ってください

相手が結構上手いので怯んでいたのですが、ひっくり返して自分たちのペースに持っていけたのが良かったです。

――前半先取点を制しましたが、得点シーンを振り返っていかがでしたか

前半裏やサイドを狙っていく中で、自分たちの流れをつくれて、最後思い切って大きくプレーしたのが得点につながったのかなと思います。

――ハーフタイムには監督からどんな指示があったのですか

相手の修正がある中でも、ポジショニングとか、体の向きとか、丁寧に一つ一つやっていこうという指示を受けました

――後半は大きくリードする展開となりましたが、どんな意識で試合に臨みましたか。

リーグ戦なので点を取ることも大事ですし、相手よりいい流れがつくれているけれど、どんどん点を狙って、丁寧にプレーしていくことを意識していました。

――チームは連勝で良い雰囲気だと思うのですが、どう感じていますか

土曜日は関カレで、日曜日は 関東リーグと連戦なのですが、チームの総力で、みんなで盛り上げながら、連戦に臨めているのかなと思っています。

――次の試合に向けた意気込みをお願いします

次の試合も連戦が続く中で、絶対に勝ちたいです。

※選手のコメントに一部誤りがありました。訂正し、お詫び申し上げます。